ブログ小説「妖精の休日」その55


カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4483)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年2月
     
26        

新着エントリ
ブログ小説「妖精の休日」その79 (3/28)
ブログ小説「妖精の休日」その78 (3/27)
ブログ小説「妖精の休日」その77 (3/24)
カカト落としも音楽? (3/23)
ブログ小説「妖精の休日」その76 (3/22)
ブログ小説「妖精の休日」その75 (3/21)
ブログ小説「妖精の休日」その74 (3/20)
ブログ小説「妖精の休日」その73 (3/19)
ブログ小説「妖精の休日」その72 (3/18)
ブログ小説「妖精の休日」その71 (3/17)
ブログ小説「妖精の休日」その70まで (3/16)
ブログ小説「妖精の休日」その68 (3/13)
ブログ小説「妖精の休日」その67 (3/12)
人間は三段論法の説得に弱いらしい (3/11)
ブログ小説「妖精の休日」その66 (3/11)
ブログ小説「妖精の休日」その65 (3/10)
ブログ小説「妖精の休日」その64 (3/9)
ブログ小説「妖精の休日」その63 (3/7)
ブログ小説「妖精の休日」その62 (3/5)
ブログ小説「妖精の休日」その61 (3/4)
ブログ小説「妖精の休日」その60 (3/3)
猫は可愛い でも (3/2)
ブログ小説「妖精の休日」その59 (3/2)
ブログ小説「妖精の休日」その58 (3/1)
ブログ小説「妖精の休日」その57 (2/28)
ブログ小説「妖精の休日」その56 (2/27)
ブログ小説「妖精の休日」その55 (2/26)
ブログ小説「妖精の休日」その54 (2/25)
ブログ小説「妖精の休日」その53 (2/24)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (92)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (24)


アクセスカウンタ
今日:715
昨日:4,694
累計:9,168,103


RSS/Powered by 「のブログ

2017年02月26日(Sun)
< ブログ小説「妖精の休日」... < ブログ小説「妖精の休日」... | 日記/一覧 | ブログ小説「妖精の休日」... > ブログ小説「妖精の休日」...
ブログ小説「妖精の休日」その55

兼六園から
少し山側行った
小立野と言うところに
住んでいました。

小さなアパートの
2階暮らしでした。


その女性は
ぱっと見
和己に似ていました。

その女性のお部屋には
旧姓で
表札が上がっていました。

星子は
姿を隠して
女性を見張っていました。

ひとり暮らしで
見る限りは
慎みやかに見えました。

というか
貧しいように見えました。

正真正銘の
ひとり暮らしでした。

家に帰ったら
夕食を作り
後片付けをして
お風呂に入り
それから
テレビを見て
ベッドに入るという
毎日のようでした。

仕事は
近くの
スーパーマーケットの
店員で
早出の日と
遅出の日があるようで
遅い日は
9時過ぎの帰宅になります。

ここまでは
簡単にわかったのですが
なぜ家を
出ていったのかは
わかりませんでした。