ブログ小説「妖精の休日」その51


カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4572)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年2月
     
21
       

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (07:04)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)
ブログ小説「妖精の休日」その126 (6/2)
「厭戦(えんせん)」と言う言葉を知らないのでしょうか。 (6/1)
ブログ小説「妖精の休日」その125 (5/31)
ブログ小説「妖精の休日」その124 (5/30)
「そうですね」乱発 そうなの? (5/30)
ブログ小説「妖精の休日」その123 (5/29)
ブログ小説「妖精の休日」その122 (5/28)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (181)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (24)


アクセスカウンタ
今日:5,304
昨日:6,253
累計:9,669,786


RSS/Powered by 「のブログ

2017年02月21日(Tue)
< カカト落としは人間全体に... < ブログ小説「妖精の休日」... | 日記/一覧 | ブログ小説「妖精の休日」... > ブログ小説「妖精の休日」...
ブログ小説「妖精の休日」その51

和己の家族は
湖子が聞いただけでは
少し複雑のようです。

妖精のほんの少しの力で
調べれば分かることですが
湖子はそれをしませんでした。

人間として
生きようと考えていたのです。

湖子は
和己に
家族のことを
聞くことを
ためらっていたのですが
和己の力になるためには
聞いた方が良いと
結論づけました。

和己は
重い口を
開きました。

「私の母は
3歳の時に
家を出て行ってしまいました。

理由は分かりません。

父は何も話しません。

それ以来
父の秘書に育てられました。

父親は
秘書には
満足していたようですが
私は
母がいない
寂しさは
なくなりません。

父親は
みんなには
偉い人ですが
私には
時間のない父親でした。

私には
、、、、、、


、、」と
述懐しました。

湖子の母親
弥生に
自分の母親を
重ねていたんだと
湖子は
気が付きました。