ロフト付き は、おもしろい - 2017/12

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4737)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年12月
         
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着エントリ
はてなブログに引っ越しを完了しました。 (12/15)
ブログ小説「アスカルの恩返し」その5まで (12/3)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編全話 (11/27)
久しぶりにブログ小説を更新しました (11/21)
どなたかわかりませんが、新しいブログを訪問していただきありがとうございました。 (11/18)
ながらくお世話になりました。 (11/17)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/9)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その127 (11/9)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/8)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/7)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その126 (11/7)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/6)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/5)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その125 (11/5)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/4)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その124 (11/4)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その123 (11/3)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/3)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/2)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その122 (11/2)
昨日の24時間血糖値グラフ (11/1)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その121 (11/1)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その120 (10/31)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その119 (10/30)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その118 (10/29)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その117 (10/28)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その116 (10/27)
選挙のための株高がいつまで続くことやら (10/27)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その115 (10/26)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (346)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (34)
7月 (37)
8月 (32)
9月 (32)
10月 (32)
11月 (20)
12月 (2)


アクセスカウンタ
今日:154
昨日:1,598
累計:10,691,144


RSS/Powered by 「のブログ

2017年12月15日(Fri)▲ページの先頭へ
はてなブログに引っ越しを完了しました。

のブログが
終わるので
引っ越しすることにしました。

のブログにある
データを
引っ越しするのですが
データは
MT(ムーバブルタイプ)と
WXR(ワードプレス) があるそうです。

最初は
エキサイトブログに
引っ越ししようとしたのですが
残念ながら
のブログの形式WXRに
対応していなかったので
断念しました。

探した結果
サブドメインで
WXR形式なものとして
はてなブログがあったので
そちらに引っ越ししました。

この様な報告をすることが
残念ですが
のブログは
このエントリーと
正月1日と
1月末で
終わりにします。

残念です。



新しい
ロフト付きはおもしろいは

はてなブログのロフト付はおもしろい
同じように
拙文のブログ小説と
つまらない
論説をたまにしています。


2017年12月03日(Sun)▲ページの先頭へ
ブログ小説「アスカルの恩返し」その5まで

アスカルの恩返し

僕の名前は
アスカル
今は
由美(ゆみ)です。

僕の
前世のことから
話をするね。

前前世は
忘れてしまったから
話せませんので
前世からです。

前世は
僕は
犬だったんだ。

1998年3月15日に
三つ子で生まれてきました。

母犬は、
柴犬で
飼い犬だったんです。

あまり記憶がないけど
とても
可愛い美犬?で
犬の種類で言えば
柴犬だったんです。

父犬は
わかりません。

生まれてすぐに
僕たち兄弟は
動物病院に
預けられました。

母犬の飼い主が
仔犬を飼えないので
預けたのです。

動物病院の
入口のところに
「仔犬あげます」と
書かれた紙が
張り出されると
他の2匹は
すぐにもらわれていました。

僕は
引き取り手が
なかなか見つからなかったのです。

たぶん
仔犬のかわいらしさが
僕にはなかったのかも知れません。

僕は
母犬からすぐに話されて
犬生を
斜めに見ていたのです。

人にこびを振って
しっぽを振ることなど
潔しとしなかったのです。

そのため
何人もの
人が
私を見てくれましたが
引き取ろうと
する者がいなかったのでしょう。

月日が流れて
3か月が過ぎると
僕は
可愛い仔犬から
幼犬へと
大きくなっていました。

2

大きくなると
引き取り手は
見向きもしません。

あとから来た
仔犬がもらわれていきました。

最初のうちは
広く感じたケージも
狭くなって
動き回ることもできません。

いつも
丸丸になって
寝ていました。

目をつぶるようで
つぶらないような
状態で
いつも横になっていました。

そんな時
先生と呼ばれる人と
看護師の方の
会話を聞いてしまいました。

「大きくなったので
残念ながら
処分しないと」と
言う声です。

人間の言葉を
あまり理解できないので
「処分」って
何だろうと
その時は思っていました。

でも
後になって
斜め前の
ケージの犬が
薄目で見ていると
注射をされて
その後
ぐったりして
ケージを出ていったのです。

そんな事を
考えてみると
「処分」という言葉の意味が
段々とわかってきました。

3

僕は
身近に迫った
「処分」の日を
感じていました。

でも
丸丸になって
寝ながら
それでも良いか
こんな犬生
早く終わりにしてくれた方が
幸せだと
思ったのです。

そして数日が過ぎ
動物病院が
暇になった
昼下がり
ドアが開きました。

先生と
看護師が
ふたりで入ってきました。

「来たか」と
思いました。

じたばたせずに
最期を迎えようとまで
思いました。

薄目で見ると
後ろに
老人も
ついてきていました。

「あー違った。

じゃなかった。」と
思いました。

「引き取り候補の登場か。

どうせ

どうせ」と
胸をなで下ろしました


「最期に
どんなやつか。

見てやろう」と
考えて
いつもとは
違う行動を
とってみました。

4

いつもは
丸丸になって
引き取り手を
見ません。

気配で
わかっていても
目を閉じているだけです。

呼ばれても
寝たふりをしていました。

この時に限って
少しだけ頭を上げて
目を
開けました。

その時
目が会ってしまったのです。

一瞬ですが
僕は
相手の目を見てしまいました。

何か
熱いものを感じました。

慌てて
目をそらしました。

そしてまた丸丸になって
「どうせ
僕なんか

、、、、
、、、、、」と
思いました。

僕には
名前がなかったので
「わんちゃん
わんちゃん」と
呼ばれました。

これは
明らかに
僕を呼ぶ声です。

その声を
耳で聞きながらも
丸丸になっていました。

5


獣医さんは
「今はこちらの犬と
あちらの犬の2匹しか
いません。

こちらの
わんちゃんは
少し大きくなって仕舞いっています。

普通のわんちゃんではないのです。


生まれたときから
あーなんです。

なにか
世をはかなんでいるような
捨ててるような
そんなわんちゃんなんです。」
と
話しました。

見学者は
「そんな様子ですよね。

一見して
わかりました。

私と同じですよね」と
答えたのです。

僕は
「僕と
この人が同じ

どういうことかと思って
もう一度
目を開けて
よーく
よく
見ました。

見学者は
背が高くて
頭がはげていました。

人間の中では
相当な
歳ではないかと
思いました。

この老人と
まだまだ仔犬の僕とが
同じだって
考えられないとも
思いました。

6. はてなブログのロフト付はおもしろい