ロフト付き は、おもしろい - 2017/06/11

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4579)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年6月
       
11
28 29 30  

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その5 (07:53)
フェイスブックの「いいね」で性格がわかるそうです。 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その4 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その3 (6/25)
性懲りもなくまたオフ会をしようと思います。告知1回目 (6/24)
65歳になってしまった。 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その2 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (6/23)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (188)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (31)


アクセスカウンタ
今日:8,048
昨日:8,503
累計:9,699,869


RSS/Powered by 「のブログ

2017年06月11日(Sun)▲ページの先頭へ
ブログ小説「妖精の休日」その132

人が死ぬと
何かと
慌ただしくなります。

医師や
ヘルパーや
葬儀屋さんが
やって来ます。

弥生の家は
門徒で
父親の
月命日に
いつもお寺さんが
やって来ていました。

そのお寺さんにも電話して
枕経を
お願いしました。

お葬式は
斎場の都合によりますので
次の日の朝
10時と決まってしまいました。

通夜が来て
近所の面々が
慌ただしく
弔問に訪れ
時間が過ぎていきました。

夜の
10時頃
親戚の連中が
帰り去ってしまうと
白く幕が張られた
お部屋に
和己とふたりになってしまいました。

ローソクの火が
たなびき
線香の煙が
漂っていました。

夜は
すぐに
明け
明るくなってしまいました。

慌ただしい日が
始まりました。

葬儀社の方が
やって来て
こんな風にして下さいと
いろんな事を指示されました。

そのように
するのがやっとで
参列者の目も見ずに
お辞儀の連続でした。