ロフト付き は、おもしろい - 2017/05/31

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4579)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年5月
 
31      

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その5 (07:53)
フェイスブックの「いいね」で性格がわかるそうです。 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その4 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その3 (6/25)
性懲りもなくまたオフ会をしようと思います。告知1回目 (6/24)
65歳になってしまった。 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その2 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (6/23)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (188)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (31)


アクセスカウンタ
今日:8,087
昨日:8,503
累計:9,699,908


RSS/Powered by 「のブログ

2017年05月31日(Wed)▲ページの先頭へ
ブログ小説「妖精の休日」その125

和己は
結婚してから
秘書とはあまり会っていませんでした。

幼い時は
母親の代役を
してくれた
秘書ですが
思春期以降は
あまり
話さなくなりました。

一夜をともしして
あれこれと話しました。

父親の思い出話は
秘書の方が多いように
和己は感じました。

湖子との結婚の時は
変装して
聞き合わせにいったそうです。

隣の
星子さん夫妻にもあって
話をしたことが
あるそうです。

秘書は
もう相当な歳なので
これを機会に
退職したいと
言っていました。

和己は
退職しても
父親の家に
住んでいて欲しいと
頼みました。

秘書は
気楽なひとり暮らしを
してみたいと言っていましたが
ひとり暮らしのリスクを
和己が並び立てたので
父親の家に今まで通り
暮らしていくことにしました。

こんな機会が
育ての親を
勤めてきた
秘書と
みっちり聞けたのが
和己にとっては
よかったことでした。

翌日の
告別式は
盛大で
国会議員をはじめ
多数の出席者がありました。