ロフト付き は、おもしろい - 2017/05/23

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4579)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年5月
 
23
     

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その5 (07:53)
フェイスブックの「いいね」で性格がわかるそうです。 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その4 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その3 (6/25)
性懲りもなくまたオフ会をしようと思います。告知1回目 (6/24)
65歳になってしまった。 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その2 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (6/23)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (188)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (31)


アクセスカウンタ
今日:8,057
昨日:8,503
累計:9,699,878


RSS/Powered by 「のブログ

2017年05月23日(Tue)▲ページの先頭へ
ブログ小説「妖精の休日」その117

大きな声で
「痛いです」と
叫んだんですが
医師団は
継続を
告げました。

歯医者さんに行って
「痛い時は手を挙げて下さい」と
言われながら
手を挙げると
「我慢して下さい」と
言われるのと同じような気がしましたが
傷みの程度は
そんなどころではありませんでした。

ひたすら終わるのを
願いました。

輸血パックに
たくさんのチューブが出ていて
それが
所々で
くびれています。

よくよく見ると
チューブを取った後があります。

もともとは
いくつあるのかと言うことを
探りながら
時間が経つのを
待ちました。

ながく待って
いろんな事を
考えました。

このまま死んでしまいたいと
その時はじめて思いました。

死んだら
傷みもなくなり
それに
和己や弥生との
離別の
心配は
なくなります。

そんな考えが
頭の中を
堂々めくりして
最後に
「神さま
私の人生を
最後にして下さい」と
言ってしまいました。

この休暇を終えたら
神さまと同じものに
なる予定がある
湖子が
そんな事を
言ってしまったのです。

神政庁に勤める
もうひとりの湖子は
神さまに
それを
どのように告げればいいか
考え込んでしまいました。