ロフト付き は、おもしろい - 2017/03/19

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4537)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2017年3月
     
19
 

新着エントリ
ブログ小説「妖精の休日」その116 (5/21)
ブログ小説「妖精の休日」その115 (5/20)
ブログ小説「妖精の休日」その114 (5/19)
ブログ小説「妖精の休日」その113 (5/18)
私の仕事は (5/17)
ブログ小説「妖精の休日」その112 (5/17)
ブログ小説「妖精の休日」その111 (5/16)
ブログ小説「妖精の休日」その110まで (5/15)
ブログ小説「妖精の休日」その109 (5/14)
ブログ小説「妖精の休日」その108 (5/13)
ブログ小説「妖精の休日」その107 (5/12)
私の世界観って何 その5 (5/11)
ブログ小説「妖精の休日」その106 (5/11)
私の世界観って何 その4 (5/10)
私の世界観って何 その3 (5/9)
ブログ小説「妖精の休日」その105 (5/9)
ブログ小説「妖精の休日」その104 (5/7)
私の世界観って何 その2 (5/7)
私の世界観って何 (5/6)
ブログ小説「妖精の休日」その103 (5/6)
こどもの日は柏餅 (5/5)
半年に4日の休みで急死されたそうです。ご冥福をお祈り申し上げます。 (5/5)
ブログ小説「妖精の休日」その102 (5/4)
東京へ新幹線で行って参りました。 (5/2)
ブログ小説「妖精の休日」その101 (4/30)
三○U○J銀行仮想通貨実証実験開始 (4/30)
夫婦のお小遣い 夫3.1万円妻1.8万円 (4/29)
ブログ小説「妖精の休日」その100 (4/28)
ブログ小説「妖精の休日」その99 (4/27)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (146)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (24)


アクセスカウンタ
今日:1,411
昨日:7,630
累計:9,471,377


RSS/Powered by 「のブログ

2017年03月19日(Sun)▲ページの先頭へ
ブログ小説「妖精の休日」その73

一週間後の朝
新聞の地域版に
国家試験の合格者の名前が
並んでいました。

湖子の名前は
ありました。

和己はどうなんだろうと
電話をしました。

和己は
見ていないというので
早く見て欲しいというと
しばらく時間が過ぎてから
受話器の向こうから
歓喜の声が聞こえました。

「合格
合格
合格です。」との声です。

湖子は
良かったともいました。

それから
湖子と和己の結婚の準備が
始まりました。

湖子が
婿養子に入るというので
和己の父親からの
結納から始まります。

長瀬家から
5月の大安の日に
結納用品一式が
持ち込まれ
座敷に並べられました。

足の踏み場もないと言うほどの量です。

結納金自体は
1000万円で
破格です。

弥生は
びっくりです。

いわゆる嫁入り道具を
それなりに作らないと
いけないので
大慌てです。

新居も庭に新たに
作りました。

南向きで
明るい部屋でしたが
キッチンと
6畳がひとつです。

和己は
「こんな部屋に住んでみたかった」と
嫌みではなく
いっていました。

小さなお部屋に住んだことのない
和己には
新鮮だったのかも知れません。