ロフト付き は、おもしろい - 2016/09

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4509)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2016年9月
       
 

新着エントリ
ブログ小説「妖精の休日」その99 (07:51)
「何があったの?」 (4/26)
ブログ小説「妖精の休日」その98 (4/25)
ブログ小説「妖精の休日」その97 (4/24)
ブログ小説「妖精の休日」その96 (4/23)
ブログ小説「妖精の休日」その95 (4/22)
杉原土地のロフト付アパートは天井が高いから友達も驚きます (4/20)
ブログ小説「妖精の休日」その94 (4/20)
ブログ小説「妖精の休日」その93 (4/19)
ブログ小説「妖精の休日」その92 (4/17)
ブログ小説「妖精の休日」その91 (4/16)
ブログ小説「妖精の休日」その90まで (4/15)
ブログ小説「妖精の休日」その89 (4/14)
人はなぜ応援する その2 (4/12)
ブログ小説「妖精の休日」その88 (4/12)
ブログ小説「妖精の休日」その87 (4/11)
○○牛乳のパッケージが4分の1ガロンのパッケージになってしまった。 (4/11)
ブログ小説「妖精の休日」その86 (4/10)
なぜ人は応援する (4/9)
ブログ小説「妖精の休日」その85 (4/9)
ブログ小説「妖精の休日」その84 (4/7)
ブログ小説「妖精の休日」その83 (4/5)
月遅れの桃の節句 (4/4)
ブログ小説「妖精の休日」その82 (4/3)
ブログ小説「妖精の休日」その81 (4/2)
ブログ小説「妖精の休日」その80まで (3/31)
ブログ小説「妖精の休日」その79 (3/28)
ブログ小説「妖精の休日」その78 (3/27)
ブログ小説「妖精の休日」その77 (3/24)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (118)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (25)


アクセスカウンタ
今日:4,055
昨日:4,366
累計:9,323,361


RSS/Powered by 「のブログ

2016年09月30日(Fri)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その78

娘と海老沢君のデートは
順子の家や海老沢君の家以外にも
もちろん
行ったけど
5回に1回は
海老沢君の家に行ったようです。

その時は
どういう訳か
順子も
招待されたのです。

野村も
招待されたけど
1回しか行きませんでした。

そんな成り行きで
娘と海老沢君の結婚は
クリスマスの夜
海老沢君が
プロポーズして
結婚することになりました。

結婚式は
少人数でしたが
心のこもった
ものでした。

春になって
海老沢君の父親は
大変喜んで
順子の家の近くの
駅前の
一戸建てを
買って
新居としました。

娘は
幸せになって
本当に良かったと
思いましたが
順子は
前の世界より
より幸せなように
思ったのです。

その年の
クリスマスイブイブの日に
赤ちゃんが生まれました。

前の世界と同じ
男の子です。

初孫が
生まれて
順子には
大きな心配が
できました。


瞑想は海馬を大きくするらしい

海馬は
大脳の一部で
可塑性のある
構造を持ち
一時記憶を司る領域らしいのです。

認知症は
今のことを忘れる症状ですから
この海馬が衰えることで
起きるらしいと言うことになります。

この海馬
前頭前野の支配下にあって
前頭前野が
働いている間は
休むことができません。

何しろ
目から入ってくる領域の記憶だけでも
相当なものがあり
海馬は
疲れ果てているらしいのです。

私は
脳が疲れたとか
海馬が疲れたとか
自覚できないので
わかりませんが
疲れ果てているらしいのです。

疲れると
海馬は
萎縮していくらしいのです。

MRI画像診断を受けると
小さくなるらしいのです。

そこで
海馬を休ませることが
必要らしいのです。

海馬を休ませるとは
前頭前野を休ませることです。

だからといって
睡眠中は
前頭前野も休みますが
海馬も休んでしまってしまい
海馬の役には立たないのです。

前頭前野だけが
休んで
海馬が
活動中なのが必要です。

そんな
中途半端な状態が
「瞑想」の状態らしいのです。

瞑想を
数週間続けると
海馬が
大きくなって
MRI画像に
大きな変化が見られるらしいのです。

海馬を鍛えるため
「瞑想」しませんか。

でも
瞑想ってどんな風にするの???????????




2016年09月29日(Thu)▲ページの先頭へ
人はどうして戦争を起こす

日本は
いろんな理由で
戦争が起きていません。

戦死者はここ70年超
朝鮮戦争で殉職した海上保安庁の職員ひとりだけです。


でも
世界では
戦争が多発していて
そんな事を
なぜするのかと
考え込んでしまいます。

宗教に絡んで
起きているものが
多いように思います。

もちろん
裏には大きな問題があって
表向き
宗教と関連付けているのだと
思いますが
宗教について
考えてみたいと思います。

以下には
アスカルの飼い主の偏見があります。

ご自身でご吟味下さいますようお願いします。
なおこの件についてメールはご容赦下さい。

宗教は
超自然的な力を
信じることですよね。

この世界で起こることは
三つに分類されます。

1.公理・法則に則した出来事
例えばケプラーの法則に従って地球が太陽に回っていることとか
万有引力の法則で落っこちることとか
マントルの流れのため
太平洋プレートがユーラシアプレートに
潜り込み歪みがたまって地震が生じるとか
そう言うことです。

2.超自然的な力によって人間に利することになる様な出来事
この様なことが本当に
起こっているかどうかわかりませんが
神さまの御利益を信じる方が起こって欲しい出来事です。

旧約聖書にある出エジプトで紅海が二つに割れて道が出来たというようなことです。

3.超自然的な力によって人間に極めて不利な出来事
上と同じく
この様なことが本当に起こっているかどうか
わかりませんが
例えば
旧約聖書に載っている
「ノアの方舟」のようなことです


1.で起こることは
良きこともあれば
悪きこともあるでしょう。
ある程度は予防も出来る場合もあります。

2.は神さまを信じる方は
これを期待しているのではないでしょうか。

これが起きないという
証明が出来れば
神さまを信じる方は
少なくなるでしょう。

3.で起こることは
良くないことです。

いろんな悪いことを
3.が原因だと
言う人がいるかも知れません。

でも
科学が進んでいくと
超自然的な力ではなく
科学的に
証明できるものに
なっていくでしょう。

もし3.が
超自然的な力によって起こるなら
それは
「悪魔」の仕業です。

人に禍をもたらす力は
「悪魔」であって
悪魔を
信奉することは
許されることではない。

皆様
合理的に考えてください。

神さまは
残念ながら
この世には
その力を
及ぼしていません。

どんなに信心深い人でも
ある日突然
不条理に
不幸がやってきます。

神の名をかたって
戦争を
合理化するのは
絶対に止めて下さい。


そして
皆様も
それに迎合しないで下さい。







ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その77

見られている
順子は
海老沢君に
少し小声で
「私なんか変かしら」と
尋ねたのです。

それを聞いた
父親が
「ごめんなさい。

じろじろ見てすみません。

本当のことを言うと
びっくりしているのです。

順子さんが
私の亡くなった妻に
そっくりなんです。

それで
みていたんです」と
話しました。

兄も
「僕は
小さい時に
死に別れたので
あまりよく覚えていませんが
うっすらと覚えている
母や
写真の母に
そっくりなことは
確かです。」と
付け加えました。

その後
写真も見せてもらいましたが
本当によく似ていました。

その場は
順子が
母親に似ていると言うことで
盛り上がって
娘の話は
殆ど
出ませんでした。

娘は
すこし
母親に
嫉妬したように
見えました。


2016年09月28日(Wed)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その76

終始和やかな
食事でした。

話が上手な
海老沢君は
野村を含めて
人気の的でした。

デート2回目にして
結婚濃厚となりました。

そんなデートを
数回続けて
何回目かに
海老沢君の
父親の所へ
行くことになりました。

海老沢君が
是非
順子も
一緒にと言うので
順子も
付いて行くことになりました。

野村は
「なぜ?!」と
思いました。

その日は
海老沢君が
車で迎えに来て
家まで行きました。

順子に家からは
わずかな距離で
そのうえ
大きなお屋敷で
びっくりしました。

海老沢君の家族総出で
出迎えを受けました。

父親と
兄夫婦
姉夫婦と
弟がいました。

一通りの
挨拶をして
席に座ると
父親や兄弟が
順子を
ジーッと
見ているのです。

凝視というほどです。

みんなの視線が
険しいというのは
このことだと
思いました。

前の世界のことを
思い出そうとしましたが
この様な場もなかったように思いました。

今の世界だけの出来事なんです。





2016年09月27日(Tue)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その75

それを聞いた
野村は
「その時がきたか」と
肩を落としていました。

「何を言ってるのよ」と
順子や娘たちは
笑いましたが
相当ショックのようでした。

次の日曜日
みんなで料理を作って
待っていました。

海老沢君が以前好きだと言っていた
魚の煮つけとか
カボチャの炊いたのとか
普通のおかずと
ご飯です。

昼ごはんですから
12時なんですが
例によって
海老沢君は
30分前以上に
家に来ました。

まだ出来ていないので
海老沢君は
野村が
応対して
話していました。

海老沢君は
野村の仕事を
聞いたりして
感心していました。

海老沢君は
営業職で
野村は
根っからの
研究人ですから
180度違うのですが
どういう訳か
話が弾んでいました。

12時ちょうどになって
ご飯の支度が出来たので
食卓に移動しました。

順子の家では
普通の家のように
賑やかに
話をしながら
食事はしません。

昔の
日本の家のように
黙って
食事をするのが
普通だったのです。

それは
野村が
寡黙だからと言う理由もありますが
癌になって
胃を摘出して
よく噛んで食べないと
食道に
詰まってしまうのです。

そんな理由で
話さないで
食べるのですが
そんな習慣を
理解しない
海老沢君は
その
寡黙な時間を
別の時間に作りかえました。




2016年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その74

順子は
海老沢君が
いつから来ているんだろうと
思いました。

海老沢君が
順子を見付けると
駆け寄ってきました。

いつも売店に
やって来るように来て
同じような挨拶をしました。

海老沢:
おはようございます。

順子:
おはようございます。
お待たせしました。

こちらが
娘です。

海老沢:
初めまして
海老沢です。

と決まり切った挨拶をして
席に着きました。

話の豊富な
海老沢は
話のネタが
なくなることがありません。

海老沢君は
どちらかというと
順子の方と
話していました。

30分ほど話した後
ふたりだけで
出掛けていきました。

順子は
後ろ姿を
見送りました。

娘が帰ってくると
嬉しそうでした。

翌日
売店で
海老沢君と会うと
海老沢君も
嬉しそうでした。

その様子を見て
この話は
うまく進むのだろうと
思いました。

次のデートが
どういう訳か
順子の家と言うことになりました。


2016年09月25日(Sun)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」はもうすぐ終わります。

「突然30年前に戻った順子の場合」は
5年前に書きましたブログ小説に
続きを書いたものです。

もともとは
50話までしかありませんでしたが
続きを書いてみました。

でも
もうすぐ
構想していたものは
終わってしまって
次の
ブログ小説はと考えていました。

私の
通る道ばたに
花が飾っているのですが
それを見て
突然の死って
どうなんだろうと思ったのです。

大切な人が
病気とかではなくて
突然の交通事故で
亡くなったら
人は
どんな風に考えるんだろうと
思ってしまいました。

そこで
いつものように
構想1分
新しいブログ
小説始めます。

タイトルバックの画像も
考えてみました。





ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その73

まえの世界では
長女を
海老沢君に
紹介したときは
お互いに
それ程気がなく順子は
「無理かな」と
思っていたくらいでした。

娘の方は
「見合いなんてイヤ」と言っていたし
海老沢君は
「そんな歳じゃないし」と
言っていたように思います。

何分
30年も前の話ですから
良く覚えていないのです。

次の日曜日の朝は
家の中は
大忙しです。

順子と
娘は
どの服にしようかとか
靴はどれが良いかとか
お化粧はどのようにしたらいいかとか
話に夢中です。

野村は
それを見て
思わず
苦笑していました。

海老沢君の好みに合わせて
清楚でいこうと言うことになりました。

それなりの
服も前もって
買っていました。

野村は
娘はともかく
順子も
新しい服を買ったことを知って
驚きました。

順子は薄いベージュの色
娘は薄いピンクのワンピースでした。

野村にも
「一緒に」と
いったのですが
「僕は良いよ」と
言って
欠席するということになっていました。

ランランで
出掛けて
売店近くの
喫茶店に
30分まえに
到着しました。

まだまだ
早かったのに
海老沢君は
すでに
席に座って
水を飲んでいました。



2016年09月24日(Sat)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その72

順子は
うまく話が
進んで
良かったと思いました。

ほっと
一安心して
その晩は寝ました。

翌日
いつものように
娘と
夫のお弁当を作って
売店に出勤しました。

シャッター開け
新聞を並べて
仕事
開始です。

電車が到着するたびに
たくさんのお客が
あれだこれだと
買っていきました。

その中に
海老沢君もいました。

いつものように
牛乳と
パンを買って
サッサと
食べました。

その間に
いつものように
すこしだけ話しをしました。

電車が到着したので
順子は
「行ってらっしゃい

日曜日あけておいてね」と
告げると
海老沢君は
満面の笑みで
「日曜日ですね
わかりました。

楽しみにしています。

行ってきます」と
スキップするように
電車に乗り込んでいきました。

後ろ姿を
見送った順子は
まえの世界と
違うと思いました。


互い違い階段の付いたロフトへどんな物が持って上がれるのだろうか

ロフトへ上るときには
どのようなもので上がりますか。

普通は
ハシゴですよね。

小社では
互い違い階段です。

互い違い階段は
登録商標意匠登録済みですが
上りやすい階段です。

じゃその互い違い階段で
どのようなものが
持って上がれるか
検証してみました。

今日朝からして
昼までかかってしまいました。

ビデオ以外にも
何回も
階段を上って
疲れてしまいました。

老人がこんなことをして
疲れてしまいました。

それと
最後まで
ビデオを
見ていただくと
唖然とする
ことが
ありますので

最後だけ見る手もありますよね。


2016年09月23日(Fri)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その71

「紹介する」と
言ってしまったことを
後悔した表情でしたが
海老沢君は
それを
読みとらず
「お願いします」と
答えました。

話は
それだけで
すこしの沈黙の後
「売店にまた行きます」と
言って
別れていきました。

どれだけの時間が
流れたのか
わからず
家に戻りました。

誰も戻っていませんでした。

何も考えられなかったので
夕ご飯の支度を
始めました。

時間が経って
秋のつるべ落としで
日が落ちて
暗くなった頃
長女が
職場から
戻ってきました。

少し話をした後
順子は
「彼氏いるの

付き合っているの」と
尋ねました。

自分でも
唐突だと思いました。

でも
娘は
サラッと
「いないよ
彼氏は今はいないよ

誰か紹介して」と
おもいもかけない
返事です。

その返事を聞いて
すぐさま
順子は
「良い人がいるの

なかなかの
好青年よ

私が
30歳若かったら
結婚していたわ

もちろん
お父さんと出会うまえという前提よ」
と答えました。

「そんないい人なの
楽しみ」といって
その話は
終わりました。






読書感想文の書き方学校で習いましたか

私は
64歳
小学校に行っていたのは
50年以上前の話で
今なら
どうなのかなと思っていることがあります。

小学校中学校と
夏休みには
必ず
読書感想文の宿題が出ました。

私の年代の人なら
たぶん同じでしょう。

でも
その時は
思わなかったのですが
47歳の頃
インテリアコーディネーターの論述試験を受けたときに
分かったことがあります。

小中と
算数とか
数学とか
理科とか
社会とか
勉強の仕方とか
問題の解き方とか
いろいろ習ったのですが
読書感想文の書き方については
習った覚えがありません。

でも
書き方には
基本があって
基本を熟知していると
簡単というか
それなりに出来上がるものだと
思ったのです。

もちろん
読書感想文なら
本の内容を
熟知している必要がありますが
熟知していても
書けないことがあります。

ところで
小学校で
読書感想文のマニュアルを
配って
話題になっていると聞いています。

そのようなことが
話題になっているということは
まだ
小中学校で
読書感想文の書き方について
教えていないのではないかと
心配している次第です。

50年以上も
年月が過ぎているのに
改善されていないなんて
どういうこと???


すみません。

偉い先生に
意見して申し訳ございません。







2016年09月22日(Thu)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その70まで

その70は最後です
30年前に
あなたは
戻りたいですか。

私は
遠慮しておきます。

辛苦の
30年間を
またやるのは
少し
おっくうです。





あらすじ

順子(よりこ)は
57歳のおばさんで
子育ても終わって
今はひとり暮らしです。

神さまのちょっとしたミスで
30年間の記憶を保ったまま
30年前に戻ってしまいました。

30年前は
工員として
大きな工場で働いていました。

戻ってみると
目の前で
30年前に死んだはずの
友達の冴子が
横で元気に働いているではありませんか。

順子は
びっくりして
驚きました。

冴子は
交通事故にあって
なくなってしまうのです。

交通事故に遭わないように
有馬温泉に行ったのが功を奏して
冴子は死なずにすみました。

冴子が
亡くならなかったため
見合いの話が
冴子の所にいってしまいました。

何と冴子の見合いの相手は
前の世界で
順子が
結婚する相手だったのです。

順子が
冴子を助けたことによって
前の世界と
今の世界が
違ってきたのです。

何とか
相手を
譲ってもらって
見合いをします。

前の世界では
何となく結婚できたのに
今の世界では
相当な努力を払って
結婚式まで
やっとたどり着いたのです。

順子の結婚生活は
前の世界の
経験がありますので
問題なく進んでいきます。

しかし
前の世界では
野村は
結婚10年後に
胃がんで
亡くなってしまうことになっています。

早期に胃がんを発見して
野村を
順子は
救わなければならないのです。

野村に真実を告げて
健康診断を受けてもらいました。

早期の胃がんで
手術も問題なく終わりました。

夫の亡くなる日を
迎えて
順子はお祝いをしました。

前の世界に比べて
非常に
幸せでした。

前の世界と
同じように
駅の売店勤めは
大変でしたが
楽しかったと
思えるようなことが
起こります。

売店勤めでは
経験豊富な
順子は
笑顔で
人気がありました

その中の
ひとりが
付き合って欲しいと
告白を受けるのですが




この話は
すべてフィックションです。

順子は、
「歳をとってしまったわ。
若いときの張りがあったのに
たるんでしまったわ。

そうだシワ取りでもしましょうか。
でもそんなお金ないな
でも今がやっぱり幸せなのかも知れないわ」
と鏡を見ながら
ひとりごとを言ってしまいました。

順子は57歳
駅の中のキオスクに勤めているのですが
同僚の中に
新型インフルエンザが発症した者がいて
自宅待機になって
今日は久しぶりに家にいたのです。

順子は今は
ひとり暮らしです。

朝ご飯を食べて
ゆっくりしていたのです。


その時と同時刻
地球の裏側の
この物語と全く関係ない人物がいました。
この人物は30年前のある時の出来事が
今の不幸の始まりです。
それをかわいそうに思った
天地創造主の神様は
時間を一気に30年さかのぼらして
救ってやろうと思ったのです。

神様は
そんなことを
よくやっているのですが
30年もさかのぼるのは
120年ぶりです。

神様は
30年前のデータ通りに今のこの世界を
作り直すのです。
そのために神様は35ナノ秒かかってしまいました。
それだけでは
記憶がある動植物には不都合を生じますので
同じように30年前の記憶に置き換えます。
しかしこれが神様にとっても意外と大変なんです。
神様によれば
記憶の型は23種類あって21番目の型には
253種類の亜種がそしてその121番目の亜種に
またまた1054の分類があるのです。
これらを違う手順で30年前の記憶に戻すのです。
これをすべて戻すのに
神様としてはすごく時間がかかって
124ナノ秒もかかってしまって
神様は大変疲れてしまいました。

神様が過去に戻すのに要した
159ナノ秒が過ぎて
全世界は
30年前に帰ってしまいました。
1979年の5月の23日になったのです。
全世界の人は
何もなかったように
30年前を受け入れ
同じように時間を過ごしていきました。

そんな中
順子だけは違っていたのです。
順子は神様の記憶の分類で

21番目の型で121番目の亜種で
1054番目だったのです。
記憶の型は7S25P型だったのです。
この型の生物は世界には3個体しかいませんでした。
ひとつは犬でもうひとつはウサギで
そして残りは順子だったのです。
神様は7S25P型の記憶が
特別な型で
全く違う方法で記憶を戻さなければならなかったことを
すっかり忘れていたのです。

そんな理由で
順子だけが
30年間の記憶を持って
30年前の世界に戻ってしまいました。
鏡を見ていた
順子は
一瞬くらっとしら
次の瞬間
チューナー工場の
ラインにいました。

順子が
1979年5月23日には
チューナー工場で働いていたのです。
チューナーとは
ロータリーチューナーと言って
30年経った今では
現にそんな物を見ないし
そんな言葉を知らないと思います。
まして作っている工場は
とっくの昔になくなってしまっています。

そんな工場の組立ラインに
突然舞い戻った順子は
何だかわからなくなってしまいました。

他の人は
すべて30年前に体も記憶も戻ってしまっていますので
特に驚くこともなく
当時と同じように仕事をこなしていました。
しかし
順子は
体は戻っていましたが
記憶が戻っていない順子だけが
突然の変化に
戸惑うというか
青天の霹靂というか
訳がわからぬ出来事でした。

もっと驚いたのは
すぐ横に
冴子がいたのです。
冴子を見た順子は
つばを飲み込み
冴子に
「冴子!
冴子じゃないの?」
と大声で叫びました。
冴子をはじめ
工員のみんなは
順子の方を不思議な目で見ました。

冴子は
「何大声出しているの?
ベルトコンベア流れてるのに
早くしないとダメじゃないの。」と答えました。

そう言う冴子に
「そうよね
手を動かさなくちゃいけないわね。
どんな風にするの?」
と答えました。

「何言ってんの
職長!
交代要員を」
と大声で言いました。
すぐに交代の工員さんがやってきて
順子と交代しました。

順子は
なぜかわからないけど
仕事をしなくてはならないと
交代要員の手元を見ました。

昔やってたことだし
要領の良い順子は
すぐに思い出して
代わってすることになりました。

何か何だかわからない内に
順子は
心も
30年前の工場に戻っていました。

突然の慣れない作業を
何とかして
昼まで続けました。

ベルトコンベアにのって
部品が流れてくるので
決められた位置に
部品を取り付ける仕事です。

否応なしに
作業をしないと
どんどんたまってくるのです。


そんな忙しい仕事も
12時のベルが鳴ると
ベルトコンベアが止まって作業は
終わりました。

順子は
大きなため息と伴に
作業を終えました。
順子は我に帰って
冴子に
「冴子
冴子よね」と
何とも言えない表情で
尋ねました。

冴子:
何言ってんのよ。
今日は変よ
どうしたの

順子:
だって
私どうしたのかしら
私何だかわからないわ
今日夕方
話できないかな

冴子:
いいよ
なんか悩みあるの
彼氏できたの?

順子:
そんなんじゃないわ

冴子:
順子
大丈夫
今日の順子は変だわ

順子:
だから夕方話すわ

そんな会話をしながら
順子は
黙ってしまいました。

順子が不思議に思っている理由は
冴子は亡くなってしまっているのです。

工場に勤めて帰宅の途中に
暴走してきた車にはねられて
亡くなってしまうのです。

確か暑い日だったので
7月頃かと思うのですが
冴子は順子目の前でなくなったのです。

午後の作業始まり
順子は
冴子の顔を見ました。
そして作業を始めました。

4

順子は
午後の仕事は
相当手慣れて
仕事が滞ることなく
うまくできました。

少し仕事に余裕ができたので
このかわり方を
仕事をしながら
考えました。

「お手洗いに行ったとき
自分の顔を
見たら
若返っていたわ。

映画で見る
タイムスリップとは違うわよね。
私も若返っているんだし、、

でも亡くなったはずの
冴子もいるのよ。

ひょっとして
冴子がまだ生きていた
時代になったのかも知れないわ。

今はいつなんだろ-。」
と考えながら
周りを見ました。

日付が入った要領指図書を
読んでみると
1979年5月23日と書いてありました。

「えー
1979年なの
30年前じゃないの
私は
27歳なの
若いよねー

若くなるのはいいけど
若くなると言うことは
また試練の人生を歩まなければならないのー
そんなことないよね
やっぱりまた同じ人生を歩むのかしら
そんなことないよね。」

などと
あーだとか
こーだとか
考えながら
午後の仕事が終わる終業のベルが鳴りました。
5
仕事が終わると
冴子と一緒に
更衣室に行って
服を着替えました。
何と言うことでしょう。
30年前に着ていたであろう
服が
真新しく
ロッカーに吊ってありました。
懐かしい水玉模様の
ワンピースです。
その服は
気に入っていましたが
結婚するときに
古くなったので
捨ててしまっていました。

冴子も
今日の十詩子は変だと
思っていたので
早く着替えて
一緒に退社しました。

冴子と一緒に
順子は
会社近くの
喫茶店に入りました。
他の所まで行く時間さえ
惜しいとふたりは考えたのです。

冴子:
大丈夫なの
今日順子

順子:
私今日は何だか変なの
今日は何日なの

冴子:
今日は23日よ

順子:
そうじゃなくて
何年なの

冴子:
1979年5月23日よ
何でそんなこと聞くのよ

順子:
んー
そうなのか

順子は
本当のことを言っても
冴子は信じてくれないし、
どうしていいかわからなくなりました。

冴子:
どうしたの?

順子:
んー
今日何だか変なの
突然頭が
ボーとして
変なの
ぼけたのかな

冴子:
何言っているのよ
まだ27歳でしょう
ぼける歳でもないでしょう。
おばあさんじゃあるまいし

順子:
そうよね
ところで
冴子
冴子は大丈夫?

冴子:
もちろん私は元気よ

順子は
冴子が亡くなった日を
思い出そうとしましたが
なかなか思い出せません。
確かもう少し暑かったような気がする。
今日では絶対にないと思うので
その日が来るまで
秘密にしておこう。

順子:
大丈夫
大丈夫
今日どこ行く?

ふたりは
順子にとっては
本当に久しぶりに
大阪に遊びに行きました。
6
順子と冴子は
近くの阪急稲野駅から
電車に乗って
塚口で急行に乗り換え
大阪へ行きました。

大阪に着くと
できたばかりの
「川の流れる街
阪急三番街」に行きました。

中に大きな滝があって
そこから
川が流れているのです。

ふたりは
何度も来ているので
よく知っているはずでしたが
順子は
30年も前のことで
当時のことが思い出せませんでした。

冴子の後を付いて行くのが
関の山でした。

中央口から下りて
大きな階段を
2階下りて
地下の入り口に着きました。

右側に
今はいませんが
受付嬢がいるのです。

そこを通って
店を見て回りました。

十詩子には
懐かしく思いました。

昔のファッションですし
色づかいですので
懐かしく思ってしまいました。

喫茶店に行って
甘いケーキと
コーヒーを注文しました。

その味も
何か懐かしく思うのです。
コーヒーや
ケーキも何だか古く感じました。
甘さや苦さにも
流行があるのかも知れないと
思うようになりました。

そんな発見をして
家の寮に帰ることにしました。

工場の近くの寮で
冴子とふたりで住んでいたのです。
7
寮に帰ったふたりは
部屋に入りました。

この寮は
順子が
高校を出て
すぐに
冴子と住み始めたので
すでに9年になります。

でもこの後
会社がなくなって
寮も潰され
ながく空き地になっていましたが
5年前に
立派な分譲マンションが
建っていました。

そんな寮の部屋は
順子にとって
懐かしさ
以外の何物でもありません。

服がしまってある
押入を開けると
その服の
古いこと
懐かしいこと
の限りです。
スカートの丈は
短くなっていました。

共同風呂を
ふたりで入って
懐かしい布団で寝ました。

翌日起きて
会社に行くのですが
どんな服で行こうか
悩みました。

会社まで
徒歩5分ですが
私服で行くのです。

当時なら
さっと撰んでいたんですが
今は撰べません。
というのは
当時のファッションが
今のファッションと全く違っていいるからです。

順子は
重ね着をしてみました。
ジーンズのパンツの上に
夏用のワンピースを
着てみたのです。
短いワンピースだったので
今風の
重ね着ルックです。
横にあった布を
首に軽く巻いたら
もっと
今風になりました。

そんな格好をして
行こうとしたら
冴子が
『えー
何-
何なの?????
○×△□、、、、

」
と言葉にならぬ事を言ってしまいました。

冴子は
ズボンの上に
スカートを履くなど
考えにも及びません。

順子は
やっぱり
こんな格好は
良くないとは思っていたのですが
遅れないように
着替えてすぐに会社に行きました。

8
会社に行ったふたりは
いつものように
作業着に
着替えて
作業に入るのです。

その前に
ラジオ体操をすることになっています。

十詩子は懐かしくなりました。
当時はラジオ体操がうっとうしく思っていたのに
何だか懐かしく
ラジオ体操を
気合いを入れて
してしまいました。
体が57歳から
27歳に戻ったので
軽く感じたからかも知れません。

あまりにもがんばってするので
冴子は
「順子が
やっぱりおかしい」
と感じていました。

その後
工場長が
朝礼の挨拶をするのです。

ありきたりの
訓辞でしたが
それさえも
順子は
新鮮で
懐かしく思いました。

それから
製造ラインに行って
座り
サイレンが鳴って
コンベアが動き始めて
仕事が始まります。

順子は昨日やっているので
同じように
作業をしました。

がんばって
作業して
しまいました。

昨日
やり始めたのに
割りの
重労働なのに
筋肉痛になっていないのが
順子には不可解でした。

57歳でも
働いていますが
駅の
売店の店員なので
それほど
重労働ではないのです。

順子は
若くなったことが
何だか
嬉しくて
がんばって
してみたのです。
9
順子にとっては
みんな新鮮な
工場でした。

そんな新鮮な日々も
段々と過ぎていき
友達の
冴子が
事故に会う8月5日が近づいてきました。

順子は
何としても
冴子がまたあんな目に遭うことを
阻止しなければならないと
考えたのです。

順子は
まずあの時間に
冴子を交差点に
いないと
事故に遭わないと考えました。

しかしひょっとして
時間が違っても
事故に遭うかも知れないと考えました。
事故に遭うことが
運命になっていたら
時間ぐらい変えても
変わらないかも知れないと考えました。

やっぱり
8月5日は
会社を休んで
別のところに行った方が良いのかもしれないと
考えました。

それで
泊まりがけで
どこか行けばいいのではないかと
結論に達しました。

順子は
冴子に
今度の
8月の5日に
旅行に行かないと
言ってみました。

そんなに
突然の
順子の言葉に
冴子は
びっくりしました。

冴子:
エー突然ね
どこ行くの

順子:
えーっと
えっーっと
そうね
有馬温泉なんかどうかな

行き先まで考えていなかったので
知ってるところを
言ってみただけでした。
10
有馬温泉くらいしか思い出せなかった
冴子には理由があります。

冴子のこの後の人生は
大変なことになって
温泉に行くなどと言う
余裕など無かったのです。

それはさておき
この時は
有馬温泉に行こうと
言ってしまったのです。

冴子:
有馬温泉?
そうね
温泉ね
良いかもしれないね

順子:
そうでしょう
良いでしょう
行きましょう

冴子:
なぜ8月5日なの

順子:
だって
暇だし
8月5日がいいと思います。

冴子:
そうなの
8月5日が良いの
そうよね
思い立ったが吉日だものね
その時に行かないと
一生いけないかも知れないよね。

順子:
そうだよね
絶対そうだよ
いま行かないと
絶対にいけないよ

冴子:
そんなことないよ
いつだって行けるんじゃない
もう死ぬみたいに言わないで

順子:
そうよね
有馬温泉くらいいつでも行けるよね
そうよね

順子は思わず
冷や汗が出てしまいました。

その日に
交通事故に遭ってしまう
そんなことを
言えませんでした。

ふたりはその日
課長に休暇願を出して
8月5日に
一泊二日の有馬温泉に出かけることになりました。

冴子が
交通事故に遭うのを阻止するために
順子が取った最善の方法だったのです。

でもこれが
冴子の未来を大きく変え
順子の未来も大きく変えるかもしれなかったのです。

そのことを
順子は
気が付かなかったのです。
11
有馬温泉での
温泉三昧は
本当に楽しかったです。

美味しいものも
食べることが出来たし、
卓球もふたりは楽しんだし
金泉銀泉のお湯もよかったし
満足な小旅行でした。

でも冴子は
六甲の野山を散策したかったんですが
順子が
旅館の中から
でなかったので
それだけが心残りでした。

ふたりは
また電車に乗って
帰りました。

まだ日がある内に
部屋に到着して
順子は
一安心しました。

冴子は
部屋で
疲れのためか
ぼやっとしているので
順子は
気になって
例の交差点に
見に行きました。

冴子は
犠牲にならないけど
誰か
他の人が
事故に遭っていないか
気になっていたのです。

確かめるのは
明日でも良いかもしれませんが
どうなったか知りたかったのです。

交差点に行くと
特に変わった様子はありませんでした。
ひとつだけ言うと
道路の縁石に
タイヤ痕が付いていたのです。

順子はやっぱり
何かあったのに違いないと思いました。

ちょうどその時
会社の同僚が来たので
聞いてみました。
同僚の言うのには
「夕方ここで
自動車の事故があった。
信号を無視して
出てきた自転車をよけようとして
自動車が
歩道に乗り上げた。
自動車は
電柱に当たって
メチャメチャに
壊れた。
でも運転手には
ケガがなかったそうです。」と

順子は
誰もケガがなくて
ホッとしました。
12
事故は起きていましたが
誰もケガがなくて
安心して
寮に帰りました。

もう事故は起きないと
思いました。
何かウキウキして
冴子の待っている部屋に帰りました。

冴子は
少し疲れたのか
ベッドで横になっていました。

順子は
笑顔で駆け寄って
「早くご飯食べに行こうよ」
と言いました。

冴子:
順子何なの
何か良いことあったの

順子:
あると言えばあるのですが

冴子:
何なの
何が良いの
彼氏でも出来たの
今どこかに行ってたのは
そのためなの
そんな短時間で
何が
出来たの

順子:
そんなわけないでしょう
早くご飯食べに行こうよ
おなかなんかすいちゃって

冴子:
有馬温泉であんなに食べたのに
まだすいているの
本当に?

ふたりは食堂で
夕食を
わいわい言って
食べました。

翌日
いつものように
会社に出かけ
いつもと同じように仕事をして
工場の食堂で
昼ご飯を食べました。
食事をして
少し休んでいると
課長が横を通って
冴子に声を掛けてきました。

課長は
冴子に
「定時で終わった後
少し話があるので
課長室に来て欲しい」と話しました。

冴子は
何かわからないけど
「はい」と言いました。

順子と
冴子は
何となくわかっていました。

課長は
仲人をするのが
大好きで
あっちの女性と
こっちの同僚の息子を出会わせたり
向こうの工員さんと
同系列の会社の工員さんの仲を
取り持ったりしました。

順子も
冴子も
きっとそれだと
口には出さないけど
思いました。
13
順子はいつものよう
定時に退社して
寮に帰って
洗濯をしていると
遅れて
冴子が帰ってきました。

順子:
冴子何だったの

冴子はちょっと笑いながら
冴子:
やっぱり見合いのお話だったわ

順子:
そうなの
相手は誰なの

冴子:
まだ会っていないから良くわからないけど
伊丹工場の研究室の
何か言ったな
野村さんかな
たぶん

その言葉を聞いて
順子はびっくりしました。
順子:
野村さんて
野村義男
、、、
さんなの

冴子:
順子どうしたの
そんなに真剣に
相手の人の名前まで聞いていないわ
ひょっとして
順子
野村さん好きなの
知っているの
それじゃ私と
見合いしたらダメじゃないの

順子は
我に帰って
冷静に考えながら

順子:
そんなことないよ
前に
ちらっと見ただけなの
工場の用事で
研究室に行った時に
会っただけなの
もちろん
何の関係もないよ


順子はそう言いながら
どうしようかと
考え込みました。

野村義男とは
前の世界で
順子が結婚した相手なんです。

とても優しい
男性でした。
14
順子にとっては
時間の流れが
行ったり戻ったりしたので
こんがらがってしまいました。

(お読みになっている読者の方も
わからないので
今後
順子が戻るまでの世界を
「前の世界」
戻った時を
「今の世界」と言います。)

野村は前の世界では
良くできた夫でした。
順子に優しく
子供にも優しく
理想的な夫だったのです。

順子は
見合いで会って
その後すぐに結婚して
何もわからなかったけど
時間が経つにつれて
野村が好きになっていったのです。

その野村が
今の世界では
冴子と見合いをするのです。

前の世界では
冴子は
不意の事故で
亡くなってしまうのです。

前の世界で
そう言えば
課長が
野村の見合い話を
私にした時
冴子の相手であったけど
不幸が起きたので
順子に
回ってきた
と言うようなことを
話していたような
記憶が
戻ってきました。

順子は
どうしようか
迷いました。

冴子に
「前の世界」では
野村は
私と結婚することに
なっている
なんて言ったって
信じないだろうし
そうかといって
冴子の見合いが
うまくいかないように
画策するなんて
出来ないことだし、
順子は
どうすればよいか
全くわからなくなりました。

お布団に入って
順子は
眠れませんでした。
15
朝まで考えても
良い考えが
出るわけでもなく
眠たい目をしながら
会社に向かいました。

冴子は
順子が
意気消沈していることは
わかりましたが
なぜそうなったのか
親友なのに
わかりませんでした。

でも
野村との
見合い話を
してから悪くなったので
ひょっとしたら
そのことと関係があるのかも知れないと
思いました。

その日は
冴子は
順子と話すこともなく過ぎました。

順子自身は
野村と結婚しなければ
ふたりの娘も
生まれてくることはない
そうなれば
孫も生まれてこないと言うことになります。

私は
今の世界を変えてしまって
前の世界通りにならなくなってしまったのです。

冴子を助けたことが
こんなに大きな
変化をもたらすとは
思ってもいませんでした。

その日の夜は
あまりにも眠たくて
寝入ってしまいましたが
夜に目が覚めてしまいました。

翌日も眠たい目で
出勤した順子を見て
冴子は
尋ねました。

冴子:
順子元気ないけど
どうしたの

順子:
別になんでもないけど

冴子:
そうなの
でも目が赤いよ

順子:
そうかな
卯年だからかな

冴子:
何いってんのよ
卯年は私でしょう
あなたは子年でしょう

順子:
そうだったですよね

冴子:
何か悩み事でもあるんでしょう
私の見合い話と関係があるのでしょう。
野村さんのこと
順子は知らないと言っていたけど
本当は好きなんじゃないの
課長に
言ってきましょうか
見合い話を
代わるように言いましょうか

順子:
、、、、、、、、、
、、、、、、、
、、、、、、、
○×△
□○?%&

冴子:
何言ってんのよ
わからないわ

順子は
冴子の提案に
お願いと言いたいですけど
悩んでいました。
でも素直に、、、
16
冴子が
見合いを代わってくれると
言ってくれたことに
順子は
電流が流れるように
全身にバシッと
衝撃を
感じました。

嬉しくて
少し躊躇しましたが
次の瞬間
「ありがとう」と
高揚した声で
冴子に言ってました。

冴子は
ちょっと言ってみただけなのに
そんなに喜んで
言われると
本当にそうするしかなくなってしまいました。

冴子:
順子
野村さんのこと好きなの
どこで会ったのよ
そんな人がいたって私に話さなかったじゃないの。

順子:
ごめんなさい
ありがとう
野村さんとは
会ったことはないけど
見ただけだけど
どう言ったらいいのかな

冴子:
会ったことないのに
なぜ好きになったの
わからないな
でも良いわ
順子とは親友だし
私は野村さんのことは何にも知らないんだから
明日課長に言ってみるわ
順子も来なくてはいけないよ

順子:
ありがとう
本当にありがとう
本当に本当に

冴子:
そんなに言ってくらなくても良いのよ

順子;
でも
本当にありがとう

冴子:
まだ言うの

順子は
よかったと
心の底から
思っていました。


17
冴子のちょっと言った言葉を
大きく「利用して」
見合いを
代わってもらうことになりました。

順子は
定時に終了した仕事の後
冴子と伴に課長のところに行きました。

課長は
ふたりそろってきたので
どんな話かわかりませんでした。

冴子が言い出しました

冴子:
課長
今度のお見合いですが
順子に代わることは出来ないでしょうか。
順子が
野村さんのこと好きみたいなんです。
順子が代わって欲しいというものですから

課長:
へー
見合いを代わるって
どういう事かな
今までそんなことはなかった。
順子さん
野村さんとそう言う仲なの

順子:
えー
そのー
別にそんな仲ではありません。

課長:
そうなの
順子さんの片思いなの
野村君は
君のことを知っているの

順子:
今は知らないと思います。
いや知らないと思います。

課長:
そうなの
野村君には
見合いの話はしたけど
相手の事については
まだ話していないから
誰でも良いとは言わないけど
順子さんなら問題ないと思うけど
冴子さんそれで良いの
野村君は好青年だよ

冴子:
すみません
それでお願いします。

課長:
じゃそう言うことにするよ
順子さん
釣書書いてきてね

順子:
はい
書いてきました。

課長:
ホー用意が良いな
じゃ野村君に話しておくよ
君はいつが都合がよいかな
日曜日になるけど

順子:
何時でもいいです。
早いほうが、、、、

課長:
わかっているよ

そう言って
順子は
課長に
深々と頭を下げてました。
18
前の世界では
結婚することになっている
野村とのことも
順子は何か不安になりました。

私が冴子を
助けたことで
前の世界と
今の世界は
大きく変わってきているのではないか。

だとすると
野村と結婚も出来ないこともあり得る
と考えました。

前の世界では
冴子の代わりに
課長に勧められて
何となく野村と見合いしたら
お互いに気に入ったというか
課長の「押し」に負けて
何となく結婚してしまったのです。

結婚した後
ふたりは
だんだんと
恋人同士になっていったというのが
前の世界の
野村との結婚だったのです。

しかし今の世界でも
その様にとんとん拍子に
いくかどうか分かりません。

野村の好き嫌いは
分かっているので
とりあえず
そんな格好で
見合いに臨まなければならないと
思いました。
用意に用意を重ねて
その日曜日がやってきました。

順子は
軽く化粧をして
髪を長くして
その先をそろえて
いわゆるワンレングスにしました。
白のワンピースを着て
黒のパンストを身につけて
黒のローヒールの靴を履いて
出かける準備をしました。

冴子はその姿を見て
「そんな格好で良いの
もう少し口紅をつけなきゃ
今日は見合いでしょう
もっと化粧をしないの

それにその服
もっとピンクとか
赤とかないの?

それにその靴は何なの
会社の面接にでも行くつもり???

あったじゃないの
赤のスーツが
そんな質素な服で良いの??
課長びっくりするよ」と
激しく言われてしまいました。

でも順子は
この風体が
一番好きと
野村が言っていたのを
覚えていたのです。

それで
「冴子
私がリサーチした限りでは
これが一番受けるのよ
とにかくこれが良いの」
と答えました。

冴子は
いつの間に
順子がそんなことを知っていたのかと
そして
自信たっぷりと話すのを見て
少し
不審に思いました。
19
そして
順子は
出かけていきました。

近くのレストランで
課長と
野村と
順子は会いました。

課長は
野村に
順子を
「野村君のことを
遠くから見ていた
順子さんです。」
と紹介しました。

順子は
一瞬 どきっとしました。

前の世界では
見合いの時は
どんな話をしたのか
全く思い出せません。

食事をとって
ふたりだけで
外に出ました。

野村は
映画館にでも出かけようと
言ってくれました。

塚口駅前の
映画館へ
ふたりで行きました。

そう言うと
前の世界でも映画館だったと思いました。

こんな時に
話す言葉と言えば
趣味だとか
旅行の話だとか
映画の話だとか
わりと話が弾みました。

何しろ
順子は
見かけは若いですが
57歳で経験豊富だったし
何より相手の野村のことを
よく知っていたから
いろんな話が出来たのです。

しかし
順子は内心
心配でした。

博学の女性なんて
おもしろくない
女性かも知れないと思ったのです。

野村は
国立大学出身の
研究員ですから
やっぱり賢い女性が好きなのか
それとも
ちょっと
お馬鹿な女性の方が良いのか
野村と話しながら
考えました。

前の世界では
普通にしていたら
お互いに好きなっていたので
考えても
わかりませんでした。

20
順子は
「ちょっと失敗したかな」と
思いながら
寮に帰りました。

部屋に帰ると
冴子が
聞いてきました。

冴子:
順子どうだった
そんな服で
良かったの

順子:
ダメだったみたい
ちょっと
やり過ぎたかな
やっぱり女性は
おしとやかな方が
良いよね。

冴子:
せっかくかわったのに
そんな結果なの
順子は
控えめじゃないの
ちょっとこの頃違うけど

順子:
冴子もそう思うの
私って
ちょっと出しゃばりよね
嫌われるよね
冴子ごめんね

冴子:
別にそんなことないよ、、、

そんな話をして
夕食を食べながら
野村のことを
順子は考えていました。


翌日
課長に
午後呼ばれました。

もちろん昨日のことを
話すために違いありません。

順子を
ドキドキしながら
課長のところに行きました。

課長は
まず
野村の印象を順子に聞いてきました。


課長:
順子さん
野村君のことどうだった。

順子:
野村さんは
いい人だと思います。
でも私嫌われたんじゃないかと
思うんです。

課長:
何故嫌われたと思うの

順子:
野村さんに
ずけずけといってしまったもので

課長:
そんなに言ったの
道理で
野村君が、、、

(この話は続きます)
21
順子:
野村さんは
どの様におっしゃっているんですか。

課長:
そのことなんだけどね
野村君は
『順子さんは
ぼくより若いのに
何かしっかりしていて
ぼくなんか頼りないんじゃないか』
と言うんですよ。
順子さん
そんなにしっかりしていたっけ
入社した時は
失敗ばかりしていた
順子さんなのに

順子:
そんなー
私って
ドジな女ですよ
しっかり何かしていませんよ。

課長:
それでね
野村君は
少し迷っているようで
どうすればいいか
私に相談してきたんだ。

順子:
課長
大丈夫です
私きっと
野村さんと幸せになれる自信有ります。
私に
力を貸して下さい。

課長:
おー
順子さん
積極的だね
前の順子さんは
優柔不断のように思えたんだけど
最近
積極的になったよね。

恋したからかい

野村君に一目惚れしたのか
まだ一回しか会っていないのに

順子:
そうなんですけど
でも
お願いします。

課長:
んー
そうだね
じゃ
野村君に
ぼくから言っとくよ
順子さん
ちょっとおしとやかな方が
野村君の好みかも知れないよ
順子さんは若いんだから
もっと若いように
振る舞った方が
背伸びしたらダメだよ

順子:
ありがとうございます。
課長よろしくお願いします。
どうかよろしくお願いします。

順子は
平身低頭して
頼みました。

順子は
野村と結婚できなければ
どうなるかわからないと
考えました。
やっぱり
野村は
若い従順な女性が好きだったんだと思いました。
30年前の順子がそうであったように。
22
何故そんなことに気がつかなかったのだろう。
結婚した当時は
順子は
世間知らずの
従順な女性であったのです。

体は
今の世界では
27歳だけど
心は
57歳
ちょっと厚かましい女になっていたのです。

次に会える日曜日には
よく考えて
行こうと思いました。

服装も
冴子に言うような
ものにしようと決めました。

冴子も
応援してくれました。

次の日曜日
赤いスーツに
昔よくやっていたような
赤い口紅を付けて
頬紅も少し濃いめに付けました。

約束の
塚口の駅前で待ち合わせをしました。

約束に10分前に行くと
野村は待っていました。

(『そうだ そうだ
野村さんて
本当に几帳面なんですよね

待ち合わせの時間の
30分前から
いつも待っていたわね。

そうだ私はいつも時間ぎりぎりに
行ったものだわ』と
心の中でつぶやきながら
少し伏し目がちに
笑顔で
走っていきました。
こんな動作もするのも
おしとやかさを出すためです。

順子:
待たせてすみません。
急いだんですけど
何か早くできなくて私ってダメだわ

野村:
そんなに待っていません
今来たところです。

(順子は
『野村さんて
無理しているわ
もっと早く来ているに違いないのに』
とおもいながら)

順子:
そうなんですか
それなら良かった

野村:
どこに行きましょうか

順子:
私はどこでも良いです
野村さんの後を付いて行きます。
私優柔不断だから
決められないんです。

野村:
そうなんですか
前にあった時は
もっと、、、
そうなの

そう言いながら
映画館に行きました。
順子は
後から付いて行きました。
23
その日は
従順に徹しました。

会話が弾まなくても
気を回さずに
順子は
黙って下を見て黙っていました。

順子は
絶対におしとやかに
しようとしていたのです。

野村は
少し困ったようにも見えましたが
「そばにいれば幸せ」
のような顔をして
野村の後を付いて行きました。

映画館の後
喫茶店に入って
黙ってコーヒーを飲んでから
暗くならないうちに
寮まで送られて
帰りました。

順子は
送ってくれた
野村の背中を
見えなくなるまで
見送りました。

部屋に帰ると
冴子が聞いてきました。

冴子:
どうだった。
楽しくできた。
野村さんにその服なら気に入られたでしょう。
やっぱり女は可愛くなくっちゃ

順子:
冴子ありがとう
今日は良かったわ
やっぱり冴子の言う服を着ていって

冴子:
そうでしょう。
やっぱり口紅は
ピンクが良いのよ
服もピンクよね

順子:
そうよね
昔はそうだったよね
いやそうだよね

冴子:
昔って何?

順子:
いや昔って
何でしょうね

順子の
57歳になって
また訪れた
純愛は
冴子の応援や
課長や周りのみんなの応援で
実を結ぶことになります。

こんなお付き合いをしながら
二人は
課長に
仲人のお願いに行きます。


24
順子は
野村と結婚が決まって
ヤレヤレでした。

生まれてくるはずの
子供が
生まれることになったのと
また新婚生活が出来るのが
嬉しくて嬉しくて
天にも昇る気持ちです。

新婚生活を
二度も経験できるって
どんなに幸せか
思っただけで
笑顔になってしまいました。

冴子に
冷やかされながらも
冷静を
装うのも
至難の業でした。

前の世界でも
野村のおじいさんが
その年になくなったので
結婚式は
翌年の
春になりました。

結婚まで
野村と
順子は
仲の良いですが
清純なお付き合いでした。

前の世界では
それが何とも思わなかったのですが
今の順子には
まどろっこしい様な
歯がゆいような
思いになりました。

そのことはさておき
野村のことを
代わってもらった
冴子には
何となく悪いような気がしていたのです。

それで
順子は
考えました。

野村の
友人で
前の世界では
30年後も
独身の
林を
紹介したらどうかと考えたのです。
25
林を冴子に紹介するには
野村の力がいります。

でも野村に
そんなことを話すと
不審がるかも知れないし
「おしとやかな」はずの順子には反する。

でも私のために
結婚できなくなる
友人の冴子のことを考えると
何とかしなければならない。

そこで野村に話すことにしました。

順子:
野村さん
私の親友に冴子というのがいるの
こんなこと
お願いして変だけど
冴子が
お付き合いできるような人
いませんでしょうか。

野村:
順子さん
親友なんですね
近頃のことだから
その友達にも
男友達や
思っている人がいるんじゃないの

順子:
それが
今までの私と同じで
全くいないの
私は野村さんと結婚して
良かったけど
冴子を見ていると
何だか

野村:
本当に友達なんだね
冴子さんてどんな人かな

順子:
ちょっと小柄な
かわいい人よ
優しい性格だわ。

野村:
そんないい人なら
誰か紹介してみたいものですね
でも
ぼくには
そんな人にぴったりの
友達はいないな

順子:
よーく考えてください
野村さん
、、、
、、、
、、、

あっ
林さんなんか良いんじゃないの

野村:
林か
林は良い奴だけど
、、、
、、、
、、、
順子さん
林を知っているの

順子はドキッとしました。
26
順子は
野村が
なかなか林のことを言わないので
ついつい言ってしまったのです。

そう言えば
前の世界では
野村の友人の
林を
紹介されたのは
結婚式の日でした。

そんなことを
思い出したのですが
遅かったのです。

しまったと思った
順子は
ごまかそうと必死です。

額から
汗が出て
明らかに
上気していて
変でした。

順子:
えっ、、
林さん
前私に言っていたじゃないの。
林は良い奴だと
確か言ってたでしょう

順子は
平然を装って
いましたが
野村には
それがわかりました。

そこで
野村は
理由はわかりませんが
順子に合わせることにしました。


野村:
言ったかな
林は良い友人だけど
順子さんに言ったかな。

野村は不審そうに言いました。
順子は
本当のことを
言った方が良いかどうか迷いました。
でもそんなこと信じて
もらえないと思うので
やっぱり言えませんでした。

野村は
順子が
林を知っているのは
不審に思っていましたが
林と順子の友達の冴子は
良いカップルになりそうなので
そのことは忘れることに
しました。

そして
順子の役割は
正月の休みに
冴子を連れ出すことでした。

27
順子は
年末冴子に
話をしました。

順子:
冴子さん
野村さんの見合いを譲って頂いて
ありがとうございました。

冴子:
まだそんなこと言ってるの
もうその話は良いわ
順子と野村さんは
良いカップルだわ

順子:
冴子さん
単刀直入に言いますけど
お見合いしない?

冴子:
えー
単刀直入ね
誰なの

順子:
あー
そうなの
野村さんと相談したんだけどね
野村さんの友達に
林さんという人がいるの
林さんは
いい人なのよ
とっても世話やきで
働き者
その上健康で丈夫なの

冴子:
順子は
林さんを知っているの
詳しいみたいだけど

前の世界では
順子は
林に大変世話になっていました。
それで林のことをよく知っていたのですが
そんなことは
冴子に言えないので
ちょっとごまかして
次のように言いました。

順子:
いいえ、、、
私は直接は知らないわ
野村さんに聞いただけなの

冴子:
野村さんとは
何でも話するのね
仲が良いのね
あっ、、
と言うことは
私のことも
野村さんに言ってるんじゃないの

順子:
言ってません
言ってませんよ

冴子:
本当に言ってないの?

順子:
信じてくださいよ

ふたりはこんな話をしていましたが
結果的には
冴子は林に会うことになりました。

まだ幕の内の
日曜日に
順子に連れられて冴子は
林に会いました。
28
冴子の紹介は
順子が
担当しました。

冴子の
いいところを
うまく説明して
弱点な所も
長所になるように
うまく言いました。

林は
訥々とした
人柄でしたが
冴子の
気にとまったのです。

林と
冴子は
順子の
予想通り
意気投合したようでした。


時が過ぎ
順子と野村の結婚式が近づいてきました。

順子は
一層おしとやかに
対応したつもりですが
野村は
不信感は
段々と大きくなってきました。

ある日
野村は
公園で
順子と
会いました。

そして思い切って
順子に聞きました。

野村:
順子さん
少し話があるのですが

順子:
(少しドキッとして
平然を装いながら)
何ですか
改まって

野村:
君は福井の出身でしょう
工場に勤めるようになってから
この地に来たのですよね

順子:
えー
えっ
そうですが

野村:
こんなことを話すのも
おかしいんですが
順子さんは
私のことや
私の周囲のことを
よく知っている
話していない
子供頃のことまで
知っている様の思うんだ

順子:
そんなことありません
野村さんが話して下さったことばかりですよ

野村:
そうかな
ぼくの家に来た時
トイレに
間違わずにいったじゃないか
ぼくの家のトイレは
知っているように
ちょっとヤヤッコシイところにあるのに
間違わずにいったり、

ぼくの家が
いつも裏の玄関から入っているのを迷わず行ったり
林のことを
よく知っているように言ったり
数え上げたら
きりがないよ
本当は
君は
ぼくらは幼なじみ何じゃないの
なんかぼく君に前にあったような気がするんだ。

順子はびっくりしました。
私が記憶にあるように
『野村も
記憶があるんじゃないだろうか』
と思いました。
29
順子は
野村が
前の世界の記憶が
あるのかどうか
疑いました。

でも本当のことを
結局は言えずに
ごまかす方をとりました。

順子:
野村さん
そんなことないですよ
私は高校まで
福井にいて
今の工場に就職して
初めて来たんです。

野村さん
色々と話してくれたから
野村さんは
話したことを
忘れたんですよ

野村:
そうかな

順子:
そうですよ
それしかないでしょ
初めてあった人だから
聞いた方は
良く覚えているんです。

野村:
話したかな

そんなことを
その日は
ズーッと話していました。

順子は
本当のことを
言うべきかどうか迷いつつ
ごまかし続けました。

野村は
疑いが解けることはなかったけれども
一応納得しました。

野村は
些細なことに
気が付く
几帳面なタイプだったのです。



そして結婚式の日が来ました
30
順子と野村の結婚式の日がやってきました。
式場は尼崎の文化センターです。
建て替えになって
新しくなっていました。

順子の両親や親戚は
朝早くから「雷鳥」で福井からやってきました。
みんなを
順子は駅に出迎えて
結婚式場の控え室に入りました。

順子は30年ぶりに
花嫁衣装に着替えました。
当時の記憶のままの
衣装です。

お色直しも
当時の記憶を
たどって選びました。

ふたりは神式の
結婚式を挙げ
披露宴に臨みました。

順子は
この時に
悩んでいたのです。
立派なお料理が運ばれてきて
並ぶのですが
前の世界で
苦い思い出があったのです。

それは
この料理で食中毒になるというものでした。

順子自体は
あまり食べなかった関係で
問題はないのですが
野村や
両親や親戚の人たちは
2日後に
ひどい下痢に襲われます。

この食中毒を
野村に言うべきかどうか
迷っていたのです。

でもそれを言ったら
きっとまた疑われるし
今度疑われると
もうごまかせないことだし
どうして良いか分かりませんでした。

順子は
帯が苦しくて
食べられないと
みんなに言っていて
問題はありませんでしたが
野村には
どのように
言ったらいいのか
ずーと考えていたのですが
思いつきません。

でも
やっぱり話さないと
新婚旅行を
楽しめないと言うことで
小さい声で
野村に
「あまり食べない方が良いんじゃない」と
言ってみました。

野村は
「なぜ」という顔をして
こちらを
見ていました。
31
「食べない方が良いんじゃない」と
順子に言われた
野村は
ちょっと
またおかしな事を言う
順子だと思いながら
小さな声で
聞き返しました。

野村:
何故食べない方が良いの

順子:
んー
皆様が見ている結婚式の
場だから
あんまり
食べ過ぎるのもよくないんじゃないかな-
と思うの

野村:
そうかな
ぼくが食べないと
皆さんがくつろげないんじゃない
ぼくは出された料理を
すべて食べる主義だし

順子は
やっぱり
こんなこと言っても
ダメだと思いました。

順子:
そうね
そうよね


順子は
この時に
やっぱり
野村に
すべてを打ち明けた方が
よかったのではないかと
おもったのですが
披露宴のこの席で
話すことではできないと思いました。

この場は
黙認するしかないと
考えました。

順子の両親も
出てきた料理を
たらふく
食べていました。

結婚式自体は
おきまりで
過ぎて
みんなの祝福されて
終わりました。

披露宴が終わって
みんなに見送られて
ふたりで
タクシーに乗って
大阪空港に向かいました。

新婚旅行で
沖縄に行くことになります。

でも前の世界では
少し困った新婚旅行だったのですが、、、
32
前の世界で
新婚旅行は
楽しめませんでした。

今の世界でも
残念ですが
野村は
披露宴の料理を食べてしまったのです。

沖縄について
飛行場を下りて
空港に迎えに来ていた
観光タクシーに乗り込みました。

順子は
前の世界の運転手さんと同じでした。

名物の
おもしろい
運転手さんでした。

その日は
ホテルに
直行しました。

ホテルに着くと
お風呂に入って
レストランで
夕食です。

豪華な料理で
順子は食べきれないくらいでしたが
食べてしまいました。

野村も食事は残さない主義の通り
全部食べてしまいました。

前の世界では
食べた後
激しい腹痛に襲われることになっていたのです。
順子は心配でした。

やっぱり話した方が良いのか
この先のことも考えると
話した方が良いのかと考えたのです。

実は
野村は
10年後に
癌でなくなってしまうのです。
私が前の世界の話をすると
野村が
きっと将来のことを
聞いてくると思います。

その時に
「あなたは
10年後に亡くなります。」なんて
言えないですよね。

でも言わないと
これから来る
災難を
うまくよけて
生きていけるだろうか。

ホテルの
レストランで
食事を終わって
窓からの夜景を
見ながら
そんなことを
順子は
思っていました。

そんな時に
野村:
順子さん何を考えているの
今日は無口だね
疲れたの

順子:
あー
あっ
ちょっと疲れたみたい。
ところで野村さんは
どうなの

野村:
ぼくは大丈夫だよ
元気はつらつ
とまではいかないけど
問題はないです。


と話ながら
ホテルの自分の
お部屋に
戻っていきました。

ホテルの窓から
夜景は
とても綺麗で
ロマンティックな
夜の始まりでした。
33
新婚初夜の
始まりなんです。
野村も期待したかも知れません。

そして
順子も
もちろん
期待していました。

体はもちろん初めてですが
記憶は
20年ぶりです。

でも順子の期待は
実際は
大きな不安でした。

そしてその不安は
現実のものとなります。

順子は
もう一度
お風呂に入ってから
寝ようと
お風呂に行きました。

順子は
すぐにお風呂を上がって
野村にも勧めました。

野村は
フンと言いながら
少し疲れた様子を見せました。

野村:
ちょっと寒気がするんだ。
今日はやめておくよ

順子:
どうしたの
体悪いの

野村:
もう寝るよ
熱が上がって来るみたい。
いや
トイレに行ってからにしよう
おなかが差し込んでくる。
痛い

順子:
あー
大丈夫?

順子は
前の世界と
全く同じでした。

食中毒になるなんて
偶然によるものが多いのではないの
食中毒菌が
食品に付くことは
偶然なのに
前の世界と全く同じに進行していると言うことに
ある意味ホッとしました。

と言うのも
野村と順子は
ふたりの子供が生まれてくるのですが
同じ子供が生まれてくる確率は
殆どないと考えていたのですが
これで行くと
同じ子供が生まれてくるに違いないと思いました。

そのためにも
この世界を
乱さないことが
大切だと思いました。
34
トイレから出てくると
野村はぐったりしていました。

野村を
お布団の中に入れて
寒いというので
自分の布団も
掛けて
介護しました。

2時間ぐらい
野村はウトウトして
目が覚めると
もう一度トイレに行って
今度は暑い暑いと
言いました。

順子は
ホテルのフロントで
氷枕を借りてきて
野村の頭の下に置きました。

それから
野村は
ウトウトしたり
トイレに行ったり
朝までしていました。

順子は
全く眠らず
介護して
一夜を明かしました。

そんな長い夜に
ズーと考えていたのです。

今の世界が
前の世界と
変わらないようにしないと
いけないと思いました。

でも
冴子が
この世界では
生きていることは
前の世界とは
全く違う事です。

この変化が
大きく今の世界を
変えないか
心配でした。

冴子とあまり会わない方が良いのでは
でも冴子は
林さんと結婚するし
林さんは
新居の近くに住むことになっているし
やっぱり
冴子と
会わない事なんて出来ないと
思い悩んでいました。

こんな事を考えて
野村を
介護していたのです。
35
翌日
野村は
まだ熱がありました。

朝食は
特別に
おかゆをお願いしました。

おかゆと
梅干しでした。

同じホテルに
3泊の予定になっていたので
9時までお部屋で寝て
それから
観光タクシーで
近くの病院に行きました。

先生のご診断は
食中毒と言うことで
お薬を飲んで
水分取って
ゆっくり休むように
と言うことでした。

その日の予定は
すべてキャンセルして
眺めの良いホテルの
窓際で
野村は
一日寝ていました。

もちろん
順子は
介護のために
同じお部屋にいました。

野村と
順子は
ボーとしながら
沖縄の
景色を
飽きるまで眺める機会を
得たのです。

順子は
ちょっと笑ってしまいました。

「前の世界と
こんな所まで
同じなんだ。」
と心の中でつぶやいてしまいました。

窓から見える形式が
前の世界と
全く同じだったんです。

ほらあの自転車の少年
きっと転ぶよ
と思ったら
転ぶのです。

犬が猫を
追いかけるところまで
同じだったので
不思議でした。

順子は
前の世界に
本当にいたのか
それとも前の世界は
夢の中の出来事だったのか
わからなくなりました。

そんなことを考えつつ
ちょっと
気分が良くなった野村と
クイズでもしようと言うことにしました。

窓から見る景色を
互いに予想する物です。

次にくる車は何色だとか
自転車は前かご付きだとか
たわいもないことを
当てるのです。

順子は
前の世界で見ているのですが
そんな細かいことまで覚えていないので
野村との勝負は
五分五分の引き分けでした。
36
新婚旅行で
そんなやりとりをするとは
興のないことです。

そんな一日も過ぎて
翌日は
少し良くなりました。

観光タクシーの運転手が
やってきて
予定を聞いてきました。

野村はちょっと考えて
「順子さんには悪いけど
今日もホテルで
ゆっくりと
していたい
良いかな」と
言いました。

順子はもちろん賛成して
ホテルで
変わらない景色を
見て
一日中
順子と
野村は話していました。

順子は
話の話題は
豊富ですので
話は弾みました。

あとになって
あまり話しすぎるのは
よくないかと
思ったのですが
57歳のおばさんの
経験と知識を持つ
順子が
黙ってられないのは
当たり前です。

そんな新婚旅行の
旅も最終日になりました。

最終日は
予定通り
午前中まで観光して
決められた所で
昼食をとって
午後の飛行機で
大阪に帰ってきました。

無事に帰ってきて
良かったと思いました。

空港から
順子と野村の両親に
無事に帰ってきた
報告をしました。

現地で
病気だったことは
この時は言いませんでした。

新しい新居まで
タクシーで帰っていました。

新しいお部屋は
会社の近くで
3階建ての2階部分
日が良く当たる南向きです。

お部屋に着くと
順子は
夕食の用意を始めました。
野村に
何が食べたいか
聞いてみたけど
「何でも良いよ」の一言でした。

「そうよね
前の世界でも
いつもこうなのよね。
何が食べたいか
言ってくれればいいのに、
でもそれが
良いのよね」と
少し心の中で微笑んでしまいました。
37
順子は
夕食に
魚の煮付けと
そのだし汁を使って
野菜の煮物を作りました。

前の世界の経験が
今の世界に役に立つので
手早く
美味しく
順子は
食事の用意を
することができました。

野村は何でも
「美味しい美味しい
順子さんは
料理本当に上手だよね
どこで習ったの」
と言って
食べてくれますが
その中でも
美味しそうに食べる
メニューでした。

味は
超薄めで
普通なら
醤油や塩を
足すくらいの量です。

こぎれいな
皿に盛りつけ
野村に出しました。


野村は
喜んで
いつも食べる役ですので
「頂きます」
と言って
綺麗に平らげました。

順子は
これが幸せというのよね
と思いました。

でも前の世界では
野村が美味しいと言って
何でも食べるので
どんどん作って
食べてもらったら
段々
野村が太って
肥満体になったので
今度の世界では
注意して
量を作らないといけないと考えていました。


食事をして
お茶を飲みながら
少し話をして
お風呂に入って
野村は寝ました。

順子も後片付けをして
お風呂に入って
お風呂を掃除して
それから
寝化粧をして
お布団に入りました。

野村は
もう寝入っていて
朝まで何もなかったので
順子は
もうがっかりです。

でも前の世界でも
こうだったと
思い出しました。
38
順子と
野村の結婚生活は
最初は障害がありましたが
それ以降は
順風満帆で
けんかというものも
せずに
何ヶ月が過ぎました。

前世界では
すこしケンカをしたのですが
今の世界では
そんな状況を作らないように
していました。

ふたりとも働いているので
仕事の分担とか
そんなことで
もめないように
順子は
気を配っていました。

家事や仕事の要領がよくなったので
時間の余裕が
できたのも幸いでした。

秋になると
冴子が
結婚すると言うことで
結婚式に出ました。

冴子達の
新居は
前の世界の
前田の家とは
違って
だいぶ離れたところになりました。
前の世界の
前田の家は
小さかったので
二人には狭かったのです。

前の世界と
だいぶ違ってきたと
順子は
思いました。

でも
その他には
大きな差もなく
2年が過ぎ
順子に
長女が
生まれました。

順子は
喜びました。

もちろん
野村も喜びましたが
順子の喜びは
異常なほどで
子供の可愛がり方
異常なほどでした。


順子は
一つ目の
関門は
クリアーしたと思いました。

乳児の時の
突然の夜泣きにも
動ずることはなく
また
幼児の突然の発熱で始まる
突発性発疹も
全く動じませんでした。

野村は
順子を頼もしく思いましたが
不審に思いました。

何人もの
子供を育てたようなその余裕は
どこから来るのか
思いました。

野村は
冗談に
「順子って
隠し子がるんじゃないの
何でそんなに
育児上手なの
一人目じゃないでしょう?」
言ってみました。

順子は
一瞬ドキッとして
「そうかも知れないね
何人もいたりして」
と答えました。
39
余裕の子育てで
本当に楽しく
野村とも
けんかもすることもなく
時間は過ぎいきました。

前の世界では
子供の世話で
すこしイライラして
野村とケンカしたことがあったのに
今の世界では
余裕の子育てで
仲良く過ごせて
良かったと思いました。

5年の月日が過ぎ
二人目の
女の子も生まれ
ました。

前の世界の
子供と同じ遺伝子を持った
赤ちゃんかどうかはわかりませんが
顔も似ているように思いました。

二人目が生まれると
順子は仕事を辞めます。
本当は辞めなくても
余裕で続けられたけど
前の世界では
辞めることになっているので
チューナーの会社を辞めたのです。

順子には
段々と大きくなってくる
心配がありました。

それは
前にも言ったことがあるともいますが
前の世界では
野村は
胃がんで
結婚十年目に
亡くなってしまうのです。


前の世界の
今なら
胃がんと
ピロリ菌との因果関係が
わかってきて
胃がんの予防や
PET検診などで
早期治療が出来たのですが
この当時は
癌検診と言えば
バリウムを飲んで
胃造影か
胃カメラを飲んで
早期発見する方法が
普通でした。

野村の
手術の時に
わかった事は
野村の胃がんは
胃がんの好発部位の
前庭部ではなく
側壁にあって
バリウムの造影で
わかりにくいところにあったので
発見が遅れたのです。

前の世界では
手遅れになって
抗がん剤の
苦しい治療の末
亡くなってしまうのです。

今度の世界では
絶対に
手遅れだけは避けようと思いました。

40
前の世界で
野村が
亡くなる時期が近づいてくると
順子は
野村に
健康診断に行くように
何度も
強く言います。

野村は会社員ですから
会社で健康診断しているので
特に必要ないと
野村は言うのです。

野村の言うのも
「もっともだ」と
順子は思いました。

順子は
普通に勧めても
健康診断を
受けないし
そうなると
癌になって
手遅れになるかも知れない
と心配しました。

やっぱり真実を
言わないと
手遅れになってしまうと
考えました。

それで
今日言おうか
明日言おうか
と悩んで
いました。

しかし
もうちょっと
健康診断の方を
勧めてみました。
胃カメラを
勧めたのです。

テレビで
胃カメラで
診察する場面があって
それを
うまく利用して
順子は勧めました。

順子:
胃カメラ
大事じゃないの
野村さんもやってみたら

野村:
そうかな
まだぼく若いし
大丈夫じゃないの
順子さん

順子:
そんなことないでしょ
テレビの中でも
若くして
癌になっているじゃないの

野村:
それは
ドラマでしょう

順子:
私心配なの
もし野村さんに
何かあったら
どうしたらいいの
安心させて欲しいの

野村:
順子さんは
子供の病気なんか
全く心配しないのに
ぼくの
胃は心配なんだね
なんかあるの

順子:
いやな予感がするの
お願いだから
胃カメラをお願いします。

野村:
じゃ
君が心配しないように
受けてみるよ

順子は
真実を言わなくていいと思いました。
41
野村は
健康診断で
胃カメラを
使うことになりました。

前日から絶食して
病院で診てもらいました。
胃カメラはちょっと苦しかったけど
野村は
順子の心配がなくなって
安心するためには良いと
考えていました。

「癌なんてなっていないよ」と
考えていたのです。

順子と下の子供も
付き添ってきていました。

一週間心配そうに
結果を待っていた順子の元に
手紙が病院から来ました。

宛名は
野村になっていましたが
事前に封を開けても良いと言うことに
なっていたので
封を
恐る恐る
開けてみました。

結果は
「異常なし」でした。

順子は安心と
心配が
交錯しました。

「野村はもう
癌にならないのだろうか
それとも
あまりにも早期なんで
発見されないのだろうか。」
と考えました。

この結果は
すぐに野村に
電話で伝えました。

野村は
「だから杞憂と言ったんだ」
と笑いながら
言っていました。

野村も
ホッとしたんでしょう。

順子は
一安心ですが
この先どの様にすればいいのか
考えました。

次女の
ウソをつくときに
鼻を触るクセが
前のの世界とそっくりなので
野村が
胃がんにならないとは
到底思えませんでした。

手遅れにならないためには
六ヶ月おきに
胃カメラをすれば
良いのですが
そんな頻繁に
野村はしてくれないだろうし
どうすればいいのか
やっぱり話す方が良いのか
考えあぐねていました。
42
日にちが過ぎて
六ヶ月は
あっという間に来てしまいました。

その前から
順子は野村に
健康診断健康診断と言っていました。

野村は
優しい人だったけど
野村にとっては
順子は異常にうつていました。

順子は
健康診断の話になると
不機嫌になる理由は良くわかっていましたが
野村の病気のことを考えると
言うしかありません。

でも
野村が順子の言うことを聞いて
健康診断に行って
胃カメラを使う気配は
ありません。

順子は
野村が
手遅れになって
前の世界と同じように
死んでしまっては
取り返しが付かないので
何とかしなければいけないと
悩んでいました。

これを何とかするには
真実を告げるしかないと
考えに至りました。

順子は
野村がゆったりして
機嫌が良い
日曜日の午後
話をすることにしました。

その日は
暑い日でした。

順子:
話があるんだけど
私の話を
驚かないで
聞いて欲しいの

野村:
何を改まって
何の話だ

順子:
あなたには信じられないと思うけど
私ね
どこから話して良いか
そうね
今から6年前のこと
私は
57歳だったの

野村:
何で今から6年前なのに
57歳なの????????

順子:
私も良くわからないんだけど
57歳であったのは
事実なの
その時は西暦2009年なの

野村:
何のことか全くわからない

順子:
何度も言うけど
私にはわからないんだけど
今から24年後の
2009年の5月だったの。
その日は
私はインフルエンザで
職場がお休みになって
家で休んでいたら
突然頭がくらっとしたと思ったら
チューナーの会社にいたんです。

その日の朝は
57歳の体だったのに
突然からだが27歳になって
チューナーの会社にもどってしまったのです。

それがどういう理由か
わからないけど

野村:
本当かい
未来から
さかのぼって帰ってきたと言うことになるけど
そんなこと
起こるの

順子:
何故帰れたのか
わからないけど
私の友達の冴子は
前の世界
私が57歳まで暮らした世界では
帰った年の
8月に交通事故で死んでしまうの。
でも私は
それがわかっていたから
その交通事故が起こる日に
冴子を
有馬温泉に連れて行って
今の世界では
交通事故に遭わなかったの。
だから
冴子は今も幸せに暮らしているのよ。

野村:
そうなの
私はわからないなー
順子さん
これはなんかの
実験なの
どっきりカメラなの

順子:
信じて
本当にそうなのよ

野村:
信じたいんだけど
あまりにも話が
普通じゃないので
信じられないな

順子は
困ったしまいました。
簡単に信じてもらえる話ではないと
思っていましたが
どうして良いか
すぐにはわかりませんでした。
この話は続きます
43
順子は
未来から
戻ってきたことを
立証しなければならなくなりました。

そうしないと
野村は
順子の言葉を
信じないのです。

信じないと
野村は手遅れになって
胃がんで死んでしまう
と言うことになるのです。

未来から帰ってきたことを
証明するには
どうすればいいか
すぐにはわかりませんでした。

順子は
しばらくの間
考えました。

野村は
ゆっくりと
新聞を読んで
順子の
話に付き合っていました。


しばらく経って
順子は
未来に起こったことを
言い当てれば
野村を信じさせることができることに
気がつきました。

何かないか
考えました。

「あっ」
と気がつきました。
「上の子供が
幼稚園に行った年
そうだ
長女の友達の
お兄ちゃんが
ディ○ニーラ○ド
に行った帰り
飛行機事故で
なくなってしまうという
痛ましいことが起こったわ」
そうだこれを話せばいいのだと考えました。

順子:
私が
未来から戻ってきたと言う証拠に
もうすぐ飛行機事故が起こることを
予言するわ

野村:
それは物騒な話だね
いつ起きるの
もし本当に起こるなら
止める方法あるんじゃないかな
どんな事故なの

順子:
今年の8月の下旬に
羽田発の飛行機が
事故にあって
山の上に墜落するの
墜落現場が
なかなか見つからないものだから
大変なの
やっと見つけると
生存者が数人助かるの
原因は
確か
加圧壁の修理が間違っていたために
耐えきれず尾翼がなくなって
操縦不能になったのよ。

野村:
それは正確には
何日の
何便かな

順子:
ごめんなさい
それは忘れてしまったわ
ダメな私ね
ごめんなさい
そうだわ
有名な歌手も乗っていて
亡くなるのよ

野村:
大変な話だね
でも
正確な便名がわからないと
防ぎようがないな
本当に起こるの

順子:
たぶん
同じだったら
起こるわ
未然に防げたらいいのにね

野村:
それで
順子の話が本当だとして
なんで
そんなことを話すの

順子:
そうよね
それはね
あのね

順子は
野村が
癌で死んでしまうことを
言わなければならなくなりました。

野村との会話は続きます。


作中
日航飛行機事故を題材に使っております。
亡くなられた方のご冥福をお祈りしております。
44
野村は
順子が
「未来から帰ってきた」
と言う話を
はじめは
もちろん信用していませんでした。

そんな話を
する理由は
何なのか
不思議でした。

野村:
順子さん
今日は4月1日でもないし
何故そんなことを
私に話すの
信用しないでもないが
そんな突拍子もないことを

その問いに
順子は
「それはそうだ」と
思いましたが
話して良いものかどうか
少し躊躇しました。
でも
話さないと
いけないことなので
話すことにしました。

順子:
それはね
びっくりしないでね。
まだ手遅れになっていないから
心配しないでね
絶対だよ
今なら
大丈夫だから

野村:
わかったから
続きを
話して

順子:
前の世界では
野村さんは
今から
4年後の
夏に
胃がんで死んでしまうの
まだ4年も先の話だから
今なら
大丈夫だから

野村は
悪い冗談だと思いながらも
順子が
そんな嘘を
つくわけがないと思いもあって
一瞬ドキッとしました。

野村:
そうなの
その話は
本当なの

順子:
こんな事嘘を言わないわ
今から3年後の
秋口に
胃が痛いというので
病院に行ったら
すぐに
胃カメラの検査をして
それから
その3日後に
手術を受けるの

手術後に
摘出した胃を
前にして
医師が
「胃がんは
胃の裏まで達していて
近くの
リンパ節にも
転移しているの
一応胃を全摘
それから胃周りを
郭清して終わったけど
医師は
私に手遅れだ」と
私に説明したの

順子は
そのことを思い出し
涙目になっていました。

それを見た野村は
順子の話は
本当だと
思いました。

45
野村は
順子の話を聞いて
一瞬ドキッとして
体が
熱くなりました。

癌の告知を
直球できても困る
と言うように思いました。

でもよく考えると
野村は癌ではなく
将来癌になると言う
予言だから
癌の告知ではないのでは
とも考えました。

野村の頭の中では
癌=4年後に死亡
と言う図式ができて
もう何が何だかわからなくなってしまいました。

野村が
黙って
下を向いたままでいると
順子が
「大丈夫!
今なら大丈夫だから
心配なんかする必要ないの」
と優しく告げました。

野村は
「順子は大丈夫だと言うけど
その根拠は何なの
僕は
4年後に死ぬんだろ
死ぬときなんかわからない方が良いよ」
と少し甲高い声で
言いました。

順子は
自信ありげに
「大丈夫
私は未来から戻ってきたのよ。
あなたの胃がんが手遅れだと
聞いたとき色々と
調べたの
そうしたら
野村さんの
癌は胃のレントゲンでは
見つけにくいところにあるけど
胃カメラなら
早く見つかって
手遅れにならないだろうと
お医者様は
言ってくれたの

それを聞いたときは
そんなこと今さら聞いても
その時は仕方がなかったけど
30年も経って
役に立ったの

早く見付ければいいの

野村さん
きっと助かるから
大丈夫」
と言ったので
野村も
ほんの少しだけ安心しました。
46
野村は
順子の
助言に従い
胃カメラを
飲みました。

その結果は
大丈夫でした。

その結果が出た直後
例の事故が起きて
多数の人が亡くなりました。

野村にとっては
順子の予言通りの結果で
野村は
その真実に
背筋が寒くなりました。

順子にとっては
予言でもなくて
単に記憶だったのですが
野村に信じられて
嬉しくなりました。

野村は
次に起こる
事故を聞いてきました。

飛行機事故は
たまたま
近所の子供が
乗っていたから覚えていたもので
順子は
そんなことを
いちいち
覚えていません。

それを伝えると
野村はがっかりしていました。

でも野村は
前の世界で
結婚した
順子が
またこの世界でも
自分との結婚を
選んでくれたことに
本当に喜んでいました。

それで
ふたりの結婚生活は
とても
仲良くて
幸せそのものでした。

順子の友達の冴子も
うらやむほどの
仲の良さでした。

しかし癌の恐怖は
段々と大きくなってきました。
6ヶ月おきに
胃カメラを使って
お医者様が
不審に思われてしまいました。

そうして
4回目に
胃カメラを使ったとき
癌の診断が下りました。
47
癌とわかって
順子と野村は
ホッとしました。

医師の説明では
ごく初期で
手術が充分に間に合うと
言っていました。

安心しました。

順子が言うには
前の世界では
約1年後に
わかって
手遅れになると言うことでした。

1週間後
野村は手術をします。
手術後の説明でも
摘出した胃の一部を
見ながら
裏まで癌がないと言うことでした。

しかし麻酔が覚めて
ICUで面会した野村は
「痛い
痛い
こんな痛いなら
死んだ方がまし
、、、」
と野村は悲痛な声で
言っていました。

順子は
可哀想だったけど
順子は
「残念でしたね
あなたは
死ねません。
生きるしかありませんよ
何年も何十年も
私と一緒に
生きるのよ」と
笑いながら
答えました。

野村も
笑おうとしたのですが
お腹に響いて
痛いので
笑いを
かみ殺していました。

3日後に
ICUから出て
6人部屋に変わると
看護婦さんが
早くトイレに行って
運動するように
野村に言ったので
これも痛い思いをしながら
トイレに行っていました。

つらい入院も
1週間後には
痛くなくなりました。
そして
2週間後に
退院の運びとなります。
2週間分の抗がん剤を受け取り
家に帰ります。

安全を見込んで
胃を全摘してしまったので
たくさんを一気に食べられないの
ちょっとずつ食べていました。

それと
麺類は
詰まって
うまくおなかの中に入らないので
うどんやラーメンは
順子は作らないようにしていました。

前の
経験がありますので
食事を
順子は
バッチシ作れました。
48
野村は
病気のために
少し休んだのち
会社に出社します、

会社では
前と変わりなく仕事も出来て
完全復帰しました。

前の世界でも
手術後3ヶ月は
何の症状も無く
働けて
仕事が出来ました。

順子は
心配でした。
三ヵ月後
おなかが痛くなり
何も食べられなくなって
ついには
1年後なくなってしまうのです。

でも
今の世界では
大丈夫と思ったのですが
心配でした。

順子の心配とは裏腹にというか
幸運にも
3ヵ月後との
検査も異常がありませんでした。

そうして
待ちに待ったと言うか
来ててほしくないと言うか
その時がやってきました。

その時とは
前の世界で
野村が亡くなったときです。

気にしてはいけないと思って
野村には
詳しい日時を
告げなかったので
その日は
順子だけが
知っていたのです。

その日の
その時間を
一緒に暮らすために
順子は
その日は
平日でしたが
休んでくれるように
お願いして
家族4人で
家で過ごすことにしました。
49
前の世界で
亡くなる日を
家族4人で過ごすことになります。

野村は
なぜ今日
休んでほしいと
順子が言うのか
わかりませんでした。

手術後
定期検査以外は
休んでいなかった
野村にとっては
予定の無いこの休みを
ゆっくり過ごすつもりでした。

長女と次女が
小学校と幼稚園から帰ってきて
4人がそろいました。

子供たちは
家に帰ると
父親が居るので
とってもうれしく思いました。

こんな風に
夕方まですごしました。

野村は
夕ご飯を
作ることになります。

4人で作れる
カレーを作りました。

ワイワイ言いながら
楽しく作って
テーブルに並べました。

順子は
涙が出るくらい
最高のおいしいカレーでした。

食べ終わって
丸いケーキが
テーブルに出されました。

長女が
「今日は誰の誕生日なの
お母さんじゃによね
お父さんの誕生日?」
と聞いてきました。

順子は
「今日は誰の誕生日でもないけど
今日は
お父さんの
新しい誕生日なのよ」と答えました。

野村は驚いて
「今日がなぜ新しい誕生日なの」
と聞きました。

順子は
やさしく
「今日は
前世界では
お父さんが
亡くなる日なの
今日から
前の世界では
子供と3人で
暮らしていくのよ

寂しい世界なのよ
今日は
新しい世界の始まり
今までは
筋書きがあった世界だけど
未来は文字通り
未知の世界なの

よろしくね
お父さん」
と話して
頭を下げました。

長女は
「前の世界って何
お父さんが亡くなるって何
何なの??」と
尋ねました。
50
家族全員で臨んだ
ちょっと変わった記念日を
無事終了しました。

終わった後
順子は
野村に
言いました。

順子:
無事に今日一日が終わって
大変うらしいわ

前の世界では
野村さんが亡くなって
子供ふたりを抱えて
苦労したのよ

あなたのご両親や
私の親にも頼って
何とかなったけど
それに前田さんにも
お世話になったの
前田さんはね
駅売りのパートを
私に紹介してくれたの

前の世界では
11月から
私はキオスクのパートを始めるのよ。

あなたが居るから
そんな仕事をする必要が無いことは
分かるけどね
勤めないと
いけないと思うの

野村:
何故なの

野村はすこし不思議でした。

51
少し小声になって
順子は
「子供には内緒よ
絶対に言ったらだめよ。

あのね
ふたりの子供の
結婚相手は
私が
お店で働いている時に
来ていたお客さんなの

子供が遊びに来ていてね
偶然知り合って
結婚することになるの

それからね」
といって
話を
順子は
止めました。

その先
20年のことは
自分は
経験済みですが
そんなことを
野村に話すのは
よくないと
思ったのです。

未来は
未知だから
「生きていけるの」と
改めて
思いました。

先が分かっている
未来なんて
経験してみて
分かったのです。

それに
こんどの
今の世界は
前の世界と違って
野村が生きている
世界だしと
おもいました。

でも
やっぱり
私は
前田さんの
紹介で
駅の売店に絶対勤めなければならないと
おもいました。

この幸せを
長続きさせるために
52
野村が
娘の結婚相手のことを
あれこれ聞いてきましたが
「それは
秘密にしておきましょう。

それに前の世界とは
全く違うし
私は
凄く幸せだし

きっと
前の世界と
違うかも知れないし」と
答えました。

「でも
前の世界のことを
考えて
やはり
私は
勤めに行きたいの

今の幸せが
怖いのよ」と
付け加えて
共稼ぎを
了承してもらいました。

同じように
前田さんの
紹介で
駅の売店で
勤めはじめました。

前の世界では
お金に汲々として
売店の仕事をして
帰ってから
子供の世話をして
家事をして
休みもなく動いていました。

そんなに働いても
子供ことを
相談する相手もなく
すごしていました。

この世界では
どんなに忙しくても
優しい野村がいるし
家事も
手伝ってくれるので
安心でした。

売店の勤務も
嫌なお客もいるので
前の世界では
すこし嫌でしたが
同じように嫌な客が来ても
うまくこなせるようになりました。

うまくこなせると
「やった-」と
思わず
心で叫んでしまいました。

同じ
状況でも
幸不幸は
気の持ちようかと
思いました。


53
子供の
参観日でも
前の世界では
日曜日でも
勤務があって
行ってやれなかったのですが
今度は
夫婦
ふたりですから
どちらかが
行くことができました。

運動会や
音楽会なんかは
夫婦揃って
行ったのです。

前の世界とは
大きな違いです。

こんな違いを生じると
順子が経験した
前の世界と
同じことが
起きないのではないかと
思いました。

しかし
順子が
覚えている限り
野村がいること以外
前の世界と同じです。

ふたりの娘の友達や
成績
先生
なども全く一緒です。

中学校生になって
部活をして
軟式テニスをしますが
ダブルスで
県大会の
準決勝で惜敗するところも
同じなのです。

冴子が生きていて
前田と結婚して
野村も生きている
この世界でも
前の世界と
同じ結果になるということです。

なにか
超自然的な力が
働いていて
前の世界と
同じようになる様に
仕組まれているのではないかと
順子は
思うようになりました。

54
どんなことがあっても
前の世界と
同じようになるのなら
順子は
良かったと
思うようにしました。

一応
ふたりの娘は
幸せに結婚もでき
孫も生まれて
順子は
幸せだと
思うのです。

いや一応ではなく
絶対に幸せだと
思うのです。

だから
前の世界と
同じように事柄が進んで
同じ幸せの結果になることが
保証されているなら
これに勝る
幸せはないと
確信しました。

だからといって
売店を辞めて
悠々自適に
主婦業を
する気にもなりません。

やっぱり
順子の
性格では
がんばるしかありません。

そんな感情を
野村に話すこともなく
時間は過ぎていきました。

日々が過ぎ
時代は
バブルの崩壊
金融機関の破綻
そして
不景気がやってきます。

野村の勤めている会社も
例外ではありません。

本業の
テレビチューナーが
機械式から
電子式に変わり
売り上げは
なくなってしまいました。



55
野村の会社は
大幅に
人員整理をすることになります。

チューナー工場も
閉鎖転売です。

研究所勤めの
野村も
人員整理の対象となって
辞めることになりました。

当時始まっていた
リストラの嵐が
野村と
順子を襲います。

前の世界では
こんな不景気になる前に
売店に勤めはじめていて
不景気だと言うことは知っていたし
チューナー工場が
なくなっていたことも
知っていました。

でも
その時は
実感がわかなかったのですが
野村が失業して
ショックでした。

野村が
人員整理・リストラになったのを
この世界で
始めて経験したのです

当時から使い始めてた
リストラと言う言葉が
順子とっては
全く意味不明でした。

そこで
野村に聞きました。

野村は
几帳面に
リストラの語源から
綴り・意味
そして背景まで
聞かせてくれました。

大変なことなのに
詳しく教えてもらって
何か幸せという”きぶん”になって
しまっていました。



56
実際の再就職は
かなり大変でした。

時は超氷河期と言われた時代です。

野村は
35歳を過ぎていましたし
これといった
役に立つ資格も持っていなかったのです。

チューナー工場の
研究職でしたから
その方面では
相当な技術と
知識があったのですが
それは
過去のものでした。

就職活動は
失業保険が
切れる頃まで続きます。

その頃になると
野村は
すっかり
主夫になっていました。

家のことを
問題なく
こなしたのは
野村の才覚でしょう。

経済的には
几帳面な野村の蓄えと
失業保険で
問題なく
すごしていました。

順子の収入など
アテにはしていなかったのですが
野村は
順子に
気兼ねに思っていました。

順子もそれは
分かっていて
そんな思いをさせないように
心がけていました。

そんな微妙な
時期も
順子には
前の世界と比べると
楽しく思いました。

子供も
父親が家いて
嬉しそうだったのです。






57
野村が
ずーと家にいて
楽しくすごしていた
順子でした。

でも
野村は
大学の教授の
世話で
化粧品会社の
研究員として
再就職を果たしたのです。

化粧品は
当時新しく出てきた
ナノ化技術によって
飛躍的に
伸びようとしていたのです。

電気技術を持っている
野村が
活躍する場所が
新しくできました。

化粧品会社は
9時から5時まで
勤務時間が
かなり正確で
30分の通勤時間が
要りますので
家を
8時に出て
5時半には
帰ってくる
決まった
日々が続くのです。

野村は
家では
会社の仕事を
持ち帰って
案を練っていたようですが
順子には
難しくてわかりませんでした。

順子は
超氷河期の
この時代にも
良い会社に勤められて
良かった
幸せと
思いました。




58
子供たちは
お昼間
家にいないし
食事後も
何か考えていて
子供たちと遊ばないので
不平に
思っていました。

順子は
主婦業も
しなくてはいけないので
忙しくなりましたが
その忙しさが
幸せに
感じていました。

そんな時間も
過ぎていき
子供は
大きくなって
来ます。

子供に世話がかからなくなって
順子は
仕事を
少し増やしていくのです。

前の世界でも
していたので
そうしたのです。

長女が
高校を出て
OLとして勤めはじめました。

毎日
順子の
勤めている
売店の前を
通ることになります。

前の世界でも
あったことが
今の世界でも
同じように起こってしまいます。

それは
長女の
結婚へと
繋がっていきます。

59
売店の仕事は
画一的です。

毎日
同じ客が
同じ時間に
同じものを買っていきます。

そして
できるだけ早く
計算して
お金を頂戴して
商品を渡して
仕事を終えないといけません。

要は
パッパと
行うのです。

そんな仕事を
手早くこなしていると
いろんな人が
たくさん来ています。

若い人もいるし
年寄りもいるし
女の子も
男の人も
いました。

順子は
笑顔で
応対するように
心がけていました。

笑顔で応対すると
笑顔で答えてくれる人も多く
それが
仕事の
励みになりました。

順子は
前の世界で
大変ななか
そんな風な
考えに至ったのです。

それで
今の世界でも
笑顔を心がけていました。

もちろん
野村や子供たちにも
笑顔で接していましたが
他の人も接していたのです。

野村は
売店の前を通ると
順子が
活き活きと
笑顔で
仕事をしているの
よくみていました。





60
売店の
お客さんの中には
朝から
話をして
行く人もいました。

その中に
朝必ず
牛乳を飲んで
電車に乗っていく
高校生がいました。

毎朝決まった時間に
月曜から
土曜日まで
同じように
牛乳を
買って
その場で
一気飲みして
電車に飛び乗って
行くのです。

はじめは
順子は
「ありがとうございます。」だけの
言葉でしたが
段々と
社交辞令から
いろんな話へと
変わっていきました。

その男の子の名前も
聞いていました。

海老沢君で
近く
有名進学校に
通っていて
朝食の代わりに
牛乳を
飲んでいくのだそうです。

順子は
気の良い
高校生と
思っていました。

そんな話をする
お客は
他にもいましたが
一番若いのは
海老沢君でした。

順子は
美人ではなかったけど
誰からも好かれるような
可愛い性格だったのです。



61
海老沢君を含め
笑顔の順子は
人気がありました。

順子は
前の世界では
それ程の人気は
ありませんでした。

しかし
海老沢君だけは
なんだかんだと言って
毎日
ちょっとだけ話していました。

この世界でも
もちろん
海老沢君とは
話をしますし
前の世界よりも
もっと
”親密?”になっていました。

牛乳以外に
サンドイッチも
買ってくれるようになったのです。

ただそれだけですが
すこしだけ早く
売店について
店の横で
牛乳と一緒に
食べていくので
順子と
話す時間が
長くなるのです。

そして
チラッと
順子を見るのです。

順子も
気になって
海老沢君を
見てしまっていました。

忙しい時間帯ですから
それだけのことですが
そんなことが続いて
長い
夏休みになります。

前の夏休みの時は
殆ど会わなかったのですが
この夏は
なぜか登校するのです。

暇な時間なので
話す時間は
当然長くなります。




62
海老沢君と
順子は
親しくなっていきました。

翌年も
翌年も
同じで
時間は過ぎ
海老沢君は
高校生から
社会人となって
すこし時間が
遅くなって
同じように
順子の売店を訪れます。

紺のスーツで
ビシッときめた
姿で現れて
変わらず
牛乳と
パンを買って
その場で
食べていきました。

高校生時代の
海老沢君は
少年という感じでしたが
フレッシュマンの
海老沢君は
イケメンで
何か男らしくて
格好いいと思いました。

何となく
順子は
海老沢君に
憧れというか
好きという感情を
持つようになっていったのです。

前の世界では
売店に勤めているときには
野村が亡くなっていて
バツイチになっていたので
それは問題なかったのですが
今の世界では
この感情は
極めて問題です。

夫がいる身で
他の人を好きになるなんて
大変問題です。

順子だけが
そう思っているだけで
本当は
問題ではないかとも
思ってみたのですが
やはり
思い直して
問題だと思いました。





63
これって
不倫と
思うようにもなりましたが
考えているだけですから
そんなことではないことは
誰の目にも明らかです。

そんな
ドキドキする時間が
過ぎていきます。

それも
何年も
過ぎていきました。

野村は
化粧品会社では
新しい
発見や
発明を
いくつもして
化粧品会社に
相当貢献していました。

それとは
逆に
家には
帰ってきても
全く
話す時間もなく
書斎にこもりっきりです。

野村に言わせると
新しい発明を
思案しているらしいのです。

そんな発明の
集大成が
アンチエイジング
シミそばかすを
なくして
美白する
究極の
化粧品でした。

それの
試験台に
順子は
使い始めていたのです。

相当
効果があるようで
順子は
若く見えました。

野村にとっては
最良の結果となっていたのですが
そのことによって
野村は
また
順子とは
会話が全くもって
少なくなったのです。


64
野村とは
殆ど会話がなくなった頃
子供も自分の世界で
暮らし始めて
子供とも
会話が少なくなってしまっていました。

家では
無口になった
順子ですが
その分
職場では
客や
同僚と
会話を楽しんでいました。

そんな風に
時間が過ぎて
ある秋の
夕暮れの出来事です。

順子は
子供の関係で
早出番で
3時に仕事が終わります。

ゆっくりと
家に帰り始めた
順子に
声を掛けた
男性がいました。

「じゅんこさん」と
呼ぶのです。

順子は
「よりこ」と
読むのですが
「じゅんこ」と
呼ばれることも
ありますので
何となく
振り返りました。

振り返って見ると
そこに
海老沢君が
見えました。

駅以外の場所で会うのは
初めてです。

前の世界でも
ありませんでした。

売店にいるときは
売店の床がすこし高いので
海老沢君とは
目線が
同じ高さになっていました。

外で初めて会うと
背が高くて
なかなかの
青年でした。

思わず
「惚れ直し」ました。

そんな胸の中を
察しされないように
「海老沢君じゃないですか」と
応えました。


65
海老沢:
偶然ですね。
今からお帰りですか

順子:
はい
すこし買い物をして
帰る予定です。

今日は
子供も
遅いので
ゆっくりしています。

海老沢:
お時間ありますか

順子:
えっ
えー

順子は
びっくりしました。

その日は
時間があったので
承知したのです。

ふたりは
近くの
有名な
ケーキ屋さんで
ケーキを食べることにしました。

ふたりの話は
売店と
同じような
話で
始まりました。

海老沢君の
仕事のことや
家のことを
話してきました。

海老沢君が
営業中にあった
出来事を
ネタ話のように
上手に話すのです。

順子は
時間を忘れて
話を聞いていました。

秋の日は
つるべ落とし
ケーキ屋さんから見える外は
薄暗くなってきました。

電光サインが
まぶしく感じられるようになると
順子は
家に帰らなければ
なりません。

順子が
席を立ったとき
海老沢君は
信じられないようなことを
順子に言ったのです。




66
「今日は
楽しかったわ」と
順子が言うと
海老沢君は
真顔になって
「じゅんこさん
僕と
付き合って下さい」と
言ったのです。

相当
大きな声で
しっかりとした口調でした。

順子は
雷に
打たれたような
驚きです。

しばらく
沈黙になって
それから
「私は
人妻です。

海老沢君とは
面白い方だけど
できるわけはありません。」と
か細い声で
伝えました。

順子は
店を出て
家路に向かいました。

道を相当歩いて
曲がり来たとき
順子は
すこしだけ
振り返ると
小さくなって
海老沢君が
まだこちらを見て
立っていました。

軽く会釈して
その場を後にしました。

前の世界では
こんなことはなかったのに
と思いながら
どうしようと
考えていました。

前の世界では
海老沢君と話していて
「彼女いないの」と
冗談で言うと
「いい人紹介して下さい」と
真剣にいうので
長女を
紹介したのです。

それで
長女と結婚して
海老沢君は
義理の息子になって
幸せに
近所で
暮らしているのですが
今の世界では
こんな
ことになるとは
どういうことかと
思いました。

こんなこと
誰にも相談できないし
夜も眠られませんでした。


67
眠られないまま
朝いつもの通り
起きました。

野村と娘の弁当を作って
売店へと
出掛けました。

いつものように
シャッターを開けました。

新聞を
いつもの場所に
置いて
営業開始です。

いつものように
多くの人が押し寄せて
サッサと
仕事を
順子は
片付けていきました。

いつもの時間になっても
海老沢君が
来ません。

今日は
休みだろうかと
思いつつ
その日は終わりました。

いろんな事を
考えつつ
時間が経ち
日にちが経ちました。

1週間が過ぎても
海老沢君は
来ませんでした。

次の次の
売店の仕事が
休みの日曜日
いつものように
家の掃除をしていました。

夫は
書斎にこもりっきりで
娘は
遊びに出掛けていました。

掃除が終わったので
日課の
散歩に出掛けました。

公園の所まで来たときに
後ろから
声がかかりました。








67
「じゅんこさん」と
声を掛けたのは
海老沢君です。

順子は
振り返って
「私は
じゅんこではありません。

よりこなんです。」と
すこし
硬い口調で
いいました。

海老沢:
すみません。

それは知っています。

でも
私には
じゅんこさんなんです。

すこしだけ
話をしても良いですか。

私の話を
聞いて下さい

と真剣に言い寄りました。

順子:
すこしだけですよ

というしかありませんでした。

公園のベンチは
一杯でしたから
下段の縁に
座ることにしました。

海老沢君は
ハンカチを出して
花壇の縁に
敷いてくれました。

そんな事されるのは
人生で初めてです。

花壇に隣同士に
座っても
話は始まりませんでした。

前に会ったときには
あんなに話が
弾んだのにと
順子は
思いました。

海老沢君から
話が始まりました。

海老沢:
前に出会ったのは
偶然ではないのです。








68
いきなり
真実の告白です。

順子:
えっ
、、、、、、

海老沢:
じゅんこさんの家は
だいぶ前に知っていました。

ストーカーですよね。

ごめんなさい。

初めて
売店であったとき
じゅんこさんの
名札見たんです。

名札には
今でもそうですが
野村順子と書いてありました。

その時に
特別の感情が
起きたのです。

私の母が
子供の時に
亡くなったことは
知っているでしょう。

私の母の名前は
順子なんです。

それで
気になって
良く話しかけていたんです。

赤ちゃんの私を
抱いている写真は
たくさんあるけど
母の顔は覚えていません。

写真を
毎日見て
学校に行ってたんだけど
母の顔と
順子さんがよく似ているように
私には思えたのです。

それで
気付かれないように
家まで付いていったりしました。

もちろん
順子さんが
よりこさんであることには
知っていたけど
私の中では
順子さんは
じゅんこさんなんです。

先日
告白したことは
忘れて下さい。

忘れられないと思いますが
忘れて下さい。

今まで通り
売店に行って
いいですか。

順子:
、、、、、、、、、


公園の一角に
沈黙の空間が
しばらく現れました。





70

順子には
海老沢君が
ジッと
自分を見ていることだけを
感じていましたが
どれほどの時間が
過ぎたか
わかりませんでした。

順子が
何かを話さない限り
この空間は
凍ったままだと
おもって
何かを
話さそうと
考えていました。

考えに考えても
思いつきません。

思いつかないと
余計に
あせって
思いつかないのです。

無駄に時間が過ぎたように
順子は
感じていました。

順子は
前の世界で57年間
そしてこの世界で
25年間生きてきて
経験豊富ですが
82年間
男の人に
告白されたことなどなかったのです。

冷静さを
失った順子は
「あなたの気持ちは
理解しました。

海老沢君が
私を
母親だと思って
そんな事を
言ったことが
わかりました。

だったら
私には
娘がいます。

娘と結婚したら
あなたは
私の
息子になります。

今度
私の
娘を
紹介しますから」と
言ってしまったのです。

後で
冷静に考えると
そんな事は
間違っているように
順子は
思いました。






運動会での経験

昨日は
運動会についての
センチメンタルな思い出でしたが
今日は
3年前の
孫の幼稚園の
運動会の時のことです。

いつも行う
小学校の運動場が
耐震工事で
使えないので
当地で一番大きな
体育館で行われました。

全国大会などを
行う
大きな体育館です。

大きな駐車場もあって
家から相当離れていますので
みんな
車で行ったようです。

私の車は所定の場所に入れられたのですが
駐車場が一杯になって
最後の車は
通路に駐車することになったのです。

私が
駐車場に行くと
某外国製の
大きな車が
通路にどんと駐車されていて
出られません。

他の運転者も
やって来て駐車場の前は
大変な人だかりです。

駐車場の
管理人は
「早く帰って
車を出すように行ったのに」と
説明していました。

人の群れが
段々大きくなったとき
若いカジュアルな服装で
男性が現れました。

サッサと
通路の車に乗り込んで
パーッと行ってしまいました。

管理人が
他の人の苦情を聞いていて
駐車料金も
払わずです。

たくさんの人に
迷惑掛けているのに
ひと言もなしです。

みんなは
唖然としました。


私は
某外国製の車の持ち主は
さぞかしお金持ちなのに
料金も払わないなんて
すこしあつかましいのではと
思った次第です。

すみません。

某外国製の車の持ち主全部が
そんな人だとはおもいませんが
みんなそうかなと
一瞬思ったことを
お許し下さい。






2016年09月21日(Wed)▲ページの先頭へ
運動会シーズンですね。センチメンタルな思い出

めっきり秋らしくなって
もうすぐ
運動会シーズンになりました。

運動会についての
私の思い出を書いてみようと思います。


箇条書きでかいてみました。

1.私は体育は苦手で運動は嫌いです。

2.運動会で男子全員でする三点倒立が
私だけできなくて恥ずかしい目をした。

3.かけっこではいつもビリで恥ずかしい目をした。

4.体育以外の成績も悪いのに
運動会は体育が得意の人のためにあるんだと
言い訳していた。

5.嫌な思い出ばかりの運動会ですが
ひとつだけ良かったことは
運動会の日には母が来てくれて
小学校の運動場でお昼のお弁当を
一緒に食べたことです。

貧しくて忙しかった母とは
一緒に外出することなど
なかったのです。

そんなことを思いだして
すこし
センチメンタルになってしまいました。

















ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その69

いきなり
真実の告白です。

順子:
えっ
、、、、、、

海老沢:
じゅんこさんの家は
だいぶ前に知っていました。

ストーカーですよね。

ごめんなさい。

初めて
売店であったとき
じゅんこさんの
名札見たんです。

名札には
今でもそうですが
野村順子と書いてありました。

その時に
特別の感情が
起きたのです。

私の母が
子供の時に
亡くなったことは
知っているでしょう。

私の母の名前は
順子なんです。

それで
気になって
良く話しかけていたんです。

赤ちゃんの私を
抱いている写真は
たくさんあるけど
母の顔は覚えていません。

写真を
毎日見て
学校に行ってたんだけど
母の顔と
順子さんがよく似ているように
私には思えたのです。

それで
気付かれないように
家まで付いていったりしました。

もちろん
順子さんが
よりこさんであることには
知っていたけど
私の中では
順子さんは
じゅんこさんなんです。

先日
告白したことは
忘れて下さい。

忘れられないと思いますが
忘れて下さい。

今まで通り
売店に行って
いいですか。

順子:
、、、、、、、、、


公園の一角に
沈黙の空間が
しばらく現れました。






2016年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その68

「じゅんこさん」と
声を掛けたのは
海老沢君です。

順子は
振り返って
「私は
じゅんこではありません。

よりこなんです。」と
すこし
硬い口調で
いいました。

海老沢:
すみません。

それは知っています。

でも
私には
じゅんこさんなんです。

すこしだけ
話をしても良いですか。

私の話を
聞いて下さい

と真剣に言い寄りました。

順子:
すこしだけですよ

というしかありませんでした。

公園のベンチは
一杯でしたから
下段の縁に
座ることにしました。

海老沢君は
ハンカチを出して
花壇の縁に
敷いてくれました。

そんな事されるのは
人生で初めてです。

花壇に隣同士に
座っても
話は始まりませんでした。

前に会ったときには
あんなに話が
弾んだのにと
順子は
思いました。

海老沢君から
話が始まりました。

海老沢:
前に出会ったのは
偶然ではないのです。









2016年09月19日(Mon)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その67

眠られないまま
朝いつもの通り
起きました。

野村と娘の弁当を作って
売店へと
出掛けました。

いつものように
シャッターを開けました。

新聞を
いつもの場所に
置いて
営業開始です。

いつものように
多くの人が押し寄せて
サッサと
仕事を
順子は
片付けていきました。

いつもの時間になっても
海老沢君が
来ません。

今日は
休みだろうかと
思いつつ
その日は終わりました。

いろんな事を
考えつつ
時間が経ち
日にちが経ちました。

1週間が過ぎても
海老沢君は
来ませんでした。

次の次の
売店の仕事が
休みの日曜日
いつものように
家の掃除をしていました。

夫は
書斎にこもりっきりで
娘は
遊びに出掛けていました。

掃除が終わったので
日課の
散歩に出掛けました。

公園の所まで来たときに
後ろから
声がかかりました。









2016年09月18日(Sun)▲ページの先頭へ
イチゴのスポンジケーキよりトマトのスポンジケーキの方が美味しいらしい

私が
開発した
圧力攪拌開放器(キスワン)は
たいした技術もなしに
スポンジケーキを作ることができます。

普通のスポンジケーキはもちろん
機械に材料を投入して
泡だったものを
型に入れて
焼くだけです。

キスワンは
もっと水分が多いものでも
スポンジケーキにすることができます。

例えば
トマトとか
イチゴとか
です。

というわけで
トマトと
イチゴを
入れた
スポンジケーキを作りました。

少々入れるだけでは
素材の味がないので
多量に入れなければなりません。

卵一個に対して
イチゴは100g
トマトは140gを入れてみました。
食べてみると
断然
トマトの方が
美味しいらしい

最近のトマトは
旨味があるからだと
女房殿は
言っていました。


トマトのスポンジケーキ トマトのスポンジケーキ

ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その66

「今日は
楽しかったわ」と
順子が言うと
海老沢君は
真顔になって
「じゅんこさん
僕と
付き合って下さい」と
言ったのです。

相当
大きな声で
しっかりとした口調でした。

順子は
雷に
打たれたような
驚きです。

しばらく
沈黙になって
それから
「私は
人妻です。

海老沢君とは
面白い方だけど
できるわけはありません。」と
か細い声で
伝えました。

順子は
店を出て
家路に向かいました。

道を相当歩いて
曲がり来たとき
順子は
すこしだけ
振り返ると
小さくなって
海老沢君が
まだこちらを見て
立っていました。

軽く会釈して
その場を後にしました。

前の世界では
こんなことはなかったのに
と思いながら
どうしようと
考えていました。

前の世界では
海老沢君と話していて
「彼女いないの」と
冗談で言うと
「いい人紹介して下さい」と
真剣にいうので
長女を
紹介したのです。

それで
長女と結婚して
海老沢君は
義理の息子になって
幸せに
近所で
暮らしているのですが
今の世界では
こんな
ことになるとは
どういうことかと
思いました。

こんなこと
誰にも相談できないし
夜も眠られませんでした。



2016年09月17日(Sat)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その65

海老沢:
偶然ですね。
今からお帰りですか

順子:
はい
すこし買い物をして
帰る予定です。

今日は
子供も
遅いので
ゆっくりしています。

海老沢:
お時間ありますか

順子:
えっ
えー

順子は
びっくりしました。

その日は
時間があったので
承知したのです。

ふたりは
近くの
有名な
ケーキ屋さんで
ケーキを食べることにしました。

ふたりの話は
売店と
同じような
話で
始まりました。

海老沢君の
仕事のことや
家のことを
話してきました。

海老沢君が
営業中にあった
出来事を
ネタ話のように
上手に話すのです。

順子は
時間を忘れて
話を聞いていました。

秋の日は
つるべ落とし
ケーキ屋さんから見える外は
薄暗くなってきました。

電光サインが
まぶしく感じられるようになると
順子は
家に帰らなければ
なりません。

順子が
席を立ったとき
海老沢君は
信じられないようなことを
順子に言ったのです。





2016年09月16日(Fri)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その64

順子は50歳を過ぎても若々しくて可愛いのですが
夫以外の人を好きになってしまいました。

野村とは
殆ど会話がなくなった頃
子供も自分の世界で
暮らし始めて
子供とも
会話が少なくなってしまっていました。

家では
無口になった
順子ですが
その分
職場では
客や
同僚と
会話を楽しんでいました。

そんな風に
時間が過ぎて
ある秋の
夕暮れの出来事です。

順子は
子供の関係で
早出番で
3時に仕事が終わります。

ゆっくりと
家に帰り始めた
順子に
声を掛けた
男性がいました。

「じゅんこさん」と
呼ぶのです。

順子は
「よりこ」と
読むのですが
「じゅんこ」と
呼ばれることも
ありますので
何となく
振り返りました。

振り返って見ると
そこに
海老沢君が
見えました。

駅以外の場所で会うのは
初めてです。

前の世界でも
ありませんでした。

売店にいるときは
売店の床がすこし高いので
海老沢君とは
目線が
同じ高さになっていました。

外で初めて会うと
背が高くて
なかなかの
好青年でした。

思わず
「惚れ直し」ました。

そんな胸の中を
察しされないように
「海老沢君じゃないですか」と
応えました。



2016年09月15日(Thu)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その63

これって
不倫と
思うようにもなりましたが
考えているだけですから
そんなことではないことは
誰の目にも明らかです。

そんな
ドキドキする時間が
過ぎていきます。

それも
何年も
過ぎていきました。

野村は
化粧品会社では
新しい
発見や
発明を
いくつもして
化粧品会社に
相当貢献していました。

それとは
逆に
家には
帰ってきても
全く
話す時間もなく
書斎にこもりっきりです。

野村に言わせると
新しい発明を
思案しているらしいのです。

そんな発明の
集大成が
アンチエイジング
シミそばかすを
なくして
美白する
究極の
化粧品でした。

それの
試験台に
順子は
使い始めていたのです。

相当
効果があるようで
順子は
若く見えました。

野村にとっては
最良の結果となっていたのですが
そのことによって
野村は
また
順子とは
会話が全く持って
少なくなったのです。



2016年09月14日(Wed)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その62

海老沢君と
順子は
親しくなっていきました。

翌年も
翌年も
同じで
時間は過ぎ
海老沢君は
高校生から
社会人となって
すこし時間が
遅くなって
同じように
順子の売店を訪れます。

紺のスーツで
ビシッときめた
姿で現れて
変わらず
牛乳と
パンを買って
その場で
食べていきました。

高校生時代の
海老沢君は
少年という感じでしたが
フレッシュマンの
海老沢君は
イケメンで
何か男らしくて
格好いいと思いました。

何となく
順子は
海老沢君に
憧れというか
好きという感情を
持つようになっていったのです。

前の世界では
売店に勤めているときには
野村が亡くなっていて
バツイチになっていたので
それは問題なかったのですが
今の世界では
この感情は
極めて問題です。

夫がいる身で
他の人を好きになるなんて
大変問題です。

順子だけが
そう思っているだけで
本当は
問題ではないかとも
思ってみたのですが
やはり
思い直して
問題だと思いました。






2016年09月12日(Mon)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その61

海老沢君を含め
笑顔の順子は
人気がありました。

順子は
前の世界では
それ程の人気は
ありませんでした。

しかし
海老沢君だけは
なんだかんだと言って
毎日
ちょっとだけ話していました。

この世界でも
もちろん
海老沢君とは
話をしますし
前の世界よりも
もっと
”親密?”になっていました。

牛乳以外に
サンドイッチも
買ってくれるようになったのです。

ただそれだけですが
すこしだけ早く
売店について
店の横で
牛乳と一緒に
食べていくので
順子と
話す時間が
長くなるのです。

そして
チラッと
順子を見るのです。

順子も
気になって
海老沢君を
見てしまっていました。

忙しい時間帯ですから
それだけのことですが
そんなことが続いて
長い
夏休みになります。

前の夏休みの時は
殆ど会わなかったのですが
この夏は
なぜか登校するのです。

暇な時間なので
話す時間は
当然長くなります。





「岩登りが仕事です」って

職業に貴賎はないと
分かっていますし
皆様も
そう思っていらっしゃると思います。

テレビコマーシャルで
有名な登山家が
「岩登りが仕事です」と
公言されている方が
おいでになりました。

すべての仕事は
人に役に立つということになっています。

岩登りは
人に
感動を与えると言うことでは
役立っていることかも知れませんが
さてそうなんでしょうか。



「じゃ
お前の仕事は
役に立っているのか」と言われると
全く
その証拠を
提出できないのですが
、、、、、、

ごめんなさい

偉い人に
そんなことを言って
すみませんでした。








2016年09月11日(Sun)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その60まで

30年前に
あなたは
戻りたいですか。

私は
遠慮しておきます。

辛苦の
30年間を
またやるのは
少し
おっくうです。





あらすじ

順子(よりこ)は
57歳のおばさんで
子育ても終わって
今はひとり暮らしです。

神さまのちょっとしたミスで
30年間の記憶を保ったまま
30年前に戻ってしまいました。

30年前は
工員として
大きな工場で働いていました。

戻ってみると
目の前で
30年前に死んだはずの
友達の冴子が
横で元気に働いているではありませんか。

順子は
びっくりして
驚きました。

冴子は
交通事故にあって
なくなってしまうのです。

交通事故に遭わないように
有馬温泉に行ったのが功を奏して
冴子は死なずにすみました。

冴子が
亡くならなかったため
見合いの話が
冴子の所にいってしまいました。

何と冴子の見合いの相手は
前の世界で
順子が
結婚する相手だったのです。

順子が
冴子を助けたことによって
前の世界と
今の世界が
違ってきたのです。

何とか
相手を
譲ってもらって
見合いをします。

前の世界では
何となく結婚できたのに
今の世界では
相当な努力を払って
結婚式まで
やっとたどり着いたのです。

順子の結婚生活は
前の世界の
経験がありますので
問題なく進んでいきます。

しかし
前の世界では
野村は
結婚10年後に
胃がんで
亡くなってしまうことになっています。

早期に胃がんを発見して
野村を
順子は
救わなければならないのです。

野村に真実を告げて
健康診断を受けてもらいました。

早期の胃がんで
手術も問題なく終わりました。

夫の亡くなる日を
迎えて
順子はお祝いをしました。

前の世界に比べて
非常に
幸せでした。

前の世界と
同じように
駅の売店勤めは
大変でしたが
楽しかったと
思えるようなことが
起こります。





この話は
すべてフィックションです。

順子は、
「歳をとってしまったわ。
若いときの張りがあったのに
たるんでしまったわ。

そうだシワ取りでもしましょうか。
でもそんなお金ないな
でも今がやっぱり幸せなのかも知れないわ」
と鏡を見ながら
ひとりごとを言ってしまいました。

順子は57歳
駅の中のキオスクに勤めているのですが
同僚の中に
新型インフルエンザが発症した者がいて
自宅待機になって
今日は久しぶりに家にいたのです。

順子は今は
ひとり暮らしです。

朝ご飯を食べて
ゆっくりしていたのです。


その時と同時刻
地球の裏側の
この物語と全く関係ない人物がいました。
この人物は30年前のある時の出来事が
今の不幸の始まりです。
それをかわいそうに思った
天地創造主の神様は
時間を一気に30年さかのぼらして
救ってやろうと思ったのです。

神様は
そんなことを
よくやっているのですが
30年もさかのぼるのは
120年ぶりです。

神様は
30年前のデータ通りに今のこの世界を
作り直すのです。
そのために神様は35ナノ秒かかってしまいました。
それだけでは
記憶がある動植物には不都合を生じますので
同じように30年前の記憶に置き換えます。
しかしこれが神様にとっても意外と大変なんです。
神様によれば
記憶の型は23種類あって21番目の型には
253種類の亜種がそしてその121番目の亜種に
またまた1054の分類があるのです。
これらを違う手順で30年前の記憶に戻すのです。
これをすべて戻すのに
神様としてはすごく時間がかかって
124ナノ秒もかかってしまって
神様は大変疲れてしまいました。

神様が過去に戻すのに要した
159ナノ秒が過ぎて
全世界は
30年前に帰ってしまいました。
1979年の5月の23日になったのです。
全世界の人は
何もなかったように
30年前を受け入れ
同じように時間を過ごしていきました。

そんな中
順子だけは違っていたのです。
順子は神様の記憶の分類で

21番目の型で121番目の亜種で
1054番目だったのです。
記憶の型は7S25P型だったのです。
この型の生物は世界には3個体しかいませんでした。
ひとつは犬でもうひとつはウサギで
そして残りは順子だったのです。
神様は7S25P型の記憶が
特別な型で
全く違う方法で記憶を戻さなければならなかったことを
すっかり忘れていたのです。

そんな理由で
順子だけが
30年間の記憶を持って
30年前の世界に戻ってしまいました。
鏡を見ていた
順子は
一瞬くらっとしら
次の瞬間
チューナー工場の
ラインにいました。

順子が
1979年5月23日には
チューナー工場で働いていたのです。
チューナーとは
ロータリーチューナーと言って
30年経った今では
現にそんな物を見ないし
そんな言葉を知らないと思います。
まして作っている工場は
とっくの昔になくなってしまっています。

そんな工場の組立ラインに
突然舞い戻った順子は
何だかわからなくなってしまいました。

他の人は
すべて30年前に体も記憶も戻ってしまっていますので
特に驚くこともなく
当時と同じように仕事をこなしていました。
しかし
順子は
体は戻っていましたが
記憶が戻っていない順子だけが
突然の変化に
戸惑うというか
青天の霹靂というか
訳がわからぬ出来事でした。

もっと驚いたのは
すぐ横に
冴子がいたのです。
冴子を見た順子は
つばを飲み込み
冴子に
「冴子!
冴子じゃないの?」
と大声で叫びました。
冴子をはじめ
工員のみんなは
順子の方を不思議な目で見ました。

冴子は
「何大声出しているの?
ベルトコンベア流れてるのに
早くしないとダメじゃないの。」と答えました。

そう言う冴子に
「そうよね
手を動かさなくちゃいけないわね。
どんな風にするの?」
と答えました。

「何言ってんの
職長!
交代要員を」
と大声で言いました。
すぐに交代の工員さんがやってきて
順子と交代しました。

順子は
なぜかわからないけど
仕事をしなくてはならないと
交代要員の手元を見ました。

昔やってたことだし
要領の良い順子は
すぐに思い出して
代わってすることになりました。

何か何だかわからない内に
順子は
心も
30年前の工場に戻っていました。

突然の慣れない作業を
何とかして
昼まで続けました。

ベルトコンベアにのって
部品が流れてくるので
決められた位置に
部品を取り付ける仕事です。

否応なしに
作業をしないと
どんどんたまってくるのです。


そんな忙しい仕事も
12時のベルが鳴ると
ベルトコンベアが止まって作業は
終わりました。

順子は
大きなため息と伴に
作業を終えました。
順子は我に帰って
冴子に
「冴子
冴子よね」と
何とも言えない表情で
尋ねました。

冴子:
何言ってんのよ。
今日は変よ
どうしたの

順子:
だって
私どうしたのかしら
私何だかわからないわ
今日夕方
話できないかな

冴子:
いいよ
なんか悩みあるの
彼氏できたの?

順子:
そんなんじゃないわ

冴子:
順子
大丈夫
今日の順子は変だわ

順子:
だから夕方話すわ

そんな会話をしながら
順子は
黙ってしまいました。

順子が不思議に思っている理由は
冴子は亡くなってしまっているのです。

工場に勤めて帰宅の途中に
暴走してきた車にはねられて
亡くなってしまうのです。

確か暑い日だったので
7月頃かと思うのですが
冴子は順子目の前でなくなったのです。

午後の作業始まり
順子は
冴子の顔を見ました。
そして作業を始めました。

4

順子は
午後の仕事は
相当手慣れて
仕事が滞ることなく
うまくできました。

少し仕事に余裕ができたので
このかわり方を
仕事をしながら
考えました。

「お手洗いに行ったとき
自分の顔を
見たら
若返っていたわ。

映画で見る
タイムスリップとは違うわよね。
私も若返っているんだし、、

でも亡くなったはずの
冴子もいるのよ。

ひょっとして
冴子がまだ生きていた
時代になったのかも知れないわ。

今はいつなんだろ-。」
と考えながら
周りを見ました。

日付が入った要領指図書を
読んでみると
1979年5月23日と書いてありました。

「えー
1979年なの
30年前じゃないの
私は
27歳なの
若いよねー

若くなるのはいいけど
若くなると言うことは
また試練の人生を歩まなければならないのー
そんなことないよね
やっぱりまた同じ人生を歩むのかしら
そんなことないよね。」

などと
あーだとか
こーだとか
考えながら
午後の仕事が終わる終業のベルが鳴りました。
5
仕事が終わると
冴子と一緒に
更衣室に行って
服を着替えました。
何と言うことでしょう。
30年前に着ていたであろう
服が
真新しく
ロッカーに吊ってありました。
懐かしい水玉模様の
ワンピースです。
その服は
気に入っていましたが
結婚するときに
古くなったので
捨ててしまっていました。

冴子も
今日の十詩子は変だと
思っていたので
早く着替えて
一緒に退社しました。

冴子と一緒に
順子は
会社近くの
喫茶店に入りました。
他の所まで行く時間さえ
惜しいとふたりは考えたのです。

冴子:
大丈夫なの
今日順子

順子:
私今日は何だか変なの
今日は何日なの

冴子:
今日は23日よ

順子:
そうじゃなくて
何年なの

冴子:
1979年5月23日よ
何でそんなこと聞くのよ

順子:
んー
そうなのか

順子は
本当のことを言っても
冴子は信じてくれないし、
どうしていいかわからなくなりました。

冴子:
どうしたの?

順子:
んー
今日何だか変なの
突然頭が
ボーとして
変なの
ぼけたのかな

冴子:
何言っているのよ
まだ27歳でしょう
ぼける歳でもないでしょう。
おばあさんじゃあるまいし

順子:
そうよね
ところで
冴子
冴子は大丈夫?

冴子:
もちろん私は元気よ

順子は
冴子が亡くなった日を
思い出そうとしましたが
なかなか思い出せません。
確かもう少し暑かったような気がする。
今日では絶対にないと思うので
その日が来るまで
秘密にしておこう。

順子:
大丈夫
大丈夫
今日どこ行く?

ふたりは
順子にとっては
本当に久しぶりに
大阪に遊びに行きました。
6
順子と冴子は
近くの阪急稲野駅から
電車に乗って
塚口で急行に乗り換え
大阪へ行きました。

大阪に着くと
できたばかりの
「川の流れる街
阪急三番街」に行きました。

中に大きな滝があって
そこから
川が流れているのです。

ふたりは
何度も来ているので
よく知っているはずでしたが
順子は
30年も前のことで
当時のことが思い出せませんでした。

冴子の後を付いて行くのが
関の山でした。

中央口から下りて
大きな階段を
2階下りて
地下の入り口に着きました。

右側に
今はいませんが
受付嬢がいるのです。

そこを通って
店を見て回りました。

十詩子には
懐かしく思いました。

昔のファッションですし
色づかいですので
懐かしく思ってしまいました。

喫茶店に行って
甘いケーキと
コーヒーを注文しました。

その味も
何か懐かしく思うのです。
コーヒーや
ケーキも何だか古く感じました。
甘さや苦さにも
流行があるのかも知れないと
思うようになりました。

そんな発見をして
家の寮に帰ることにしました。

工場の近くの寮で
冴子とふたりで住んでいたのです。
7
寮に帰ったふたりは
部屋に入りました。

この寮は
順子が
高校を出て
すぐに
冴子と住み始めたので
すでに9年になります。

でもこの後
会社がなくなって
寮も潰され
ながく空き地になっていましたが
5年前に
立派な分譲マンションが
建っていました。

そんな寮の部屋は
順子にとって
懐かしさ
以外の何物でもありません。

服がしまってある
押入を開けると
その服の
古いこと
懐かしいこと
の限りです。
スカートの丈は
短くなっていました。

共同風呂を
ふたりで入って
懐かしい布団で寝ました。

翌日起きて
会社に行くのですが
どんな服で行こうか
悩みました。

会社まで
徒歩5分ですが
私服で行くのです。

当時なら
さっと撰んでいたんですが
今は撰べません。
というのは
当時のファッションが
今のファッションと全く違っていいるからです。

順子は
重ね着をしてみました。
ジーンズのパンツの上に
夏用のワンピースを
着てみたのです。
短いワンピースだったので
今風の
重ね着ルックです。
横にあった布を
首に軽く巻いたら
もっと
今風になりました。

そんな格好をして
行こうとしたら
冴子が
『えー
何-
何なの?????
○×△□、、、、

」
と言葉にならぬ事を言ってしまいました。

冴子は
ズボンの上に
スカートを履くなど
考えにも及びません。

順子は
やっぱり
こんな格好は
良くないとは思っていたのですが
遅れないように
着替えてすぐに会社に行きました。

8
会社に行ったふたりは
いつものように
作業着に
着替えて
作業に入るのです。

その前に
ラジオ体操をすることになっています。

十詩子は懐かしくなりました。
当時はラジオ体操がうっとうしく思っていたのに
何だか懐かしく
ラジオ体操を
気合いを入れて
してしまいました。
体が57歳から
27歳に戻ったので
軽く感じたからかも知れません。

あまりにもがんばってするので
冴子は
「順子が
やっぱりおかしい」
と感じていました。

その後
工場長が
朝礼の挨拶をするのです。

ありきたりの
訓辞でしたが
それさえも
順子は
新鮮で
懐かしく思いました。

それから
製造ラインに行って
座り
サイレンが鳴って
コンベアが動き始めて
仕事が始まります。

順子は昨日やっているので
同じように
作業をしました。

がんばって
作業して
しまいました。

昨日
やり始めたのに
割りの
重労働なのに
筋肉痛になっていないのが
順子には不可解でした。

57歳でも
働いていますが
駅の
売店の店員なので
それほど
重労働ではないのです。

順子は
若くなったことが
何だか
嬉しくて
がんばって
してみたのです。
9
順子にとっては
みんな新鮮な
工場でした。

そんな新鮮な日々も
段々と過ぎていき
友達の
冴子が
事故に会う8月5日が近づいてきました。

順子は
何としても
冴子がまたあんな目に遭うことを
阻止しなければならないと
考えたのです。

順子は
まずあの時間に
冴子を交差点に
いないと
事故に遭わないと考えました。

しかしひょっとして
時間が違っても
事故に遭うかも知れないと考えました。
事故に遭うことが
運命になっていたら
時間ぐらい変えても
変わらないかも知れないと考えました。

やっぱり
8月5日は
会社を休んで
別のところに行った方が良いのかもしれないと
考えました。

それで
泊まりがけで
どこか行けばいいのではないかと
結論に達しました。

順子は
冴子に
今度の
8月の5日に
旅行に行かないと
言ってみました。

そんなに
突然の
順子の言葉に
冴子は
びっくりしました。

冴子:
エー突然ね
どこ行くの

順子:
えーっと
えっーっと
そうね
有馬温泉なんかどうかな

行き先まで考えていなかったので
知ってるところを
言ってみただけでした。
10
有馬温泉くらいしか思い出せなかった
冴子には理由があります。

冴子のこの後の人生は
大変なことになって
温泉に行くなどと言う
余裕など無かったのです。

それはさておき
この時は
有馬温泉に行こうと
言ってしまったのです。

冴子:
有馬温泉?
そうね
温泉ね
良いかもしれないね

順子:
そうでしょう
良いでしょう
行きましょう

冴子:
なぜ8月5日なの

順子:
だって
暇だし
8月5日がいいと思います。

冴子:
そうなの
8月5日が良いの
そうよね
思い立ったが吉日だものね
その時に行かないと
一生いけないかも知れないよね。

順子:
そうだよね
絶対そうだよ
いま行かないと
絶対にいけないよ

冴子:
そんなことないよ
いつだって行けるんじゃない
もう死ぬみたいに言わないで

順子:
そうよね
有馬温泉くらいいつでも行けるよね
そうよね

順子は思わず
冷や汗が出てしまいました。

その日に
交通事故に遭ってしまう
そんなことを
言えませんでした。

ふたりはその日
課長に休暇願を出して
8月5日に
一泊二日の有馬温泉に出かけることになりました。

冴子が
交通事故に遭うのを阻止するために
順子が取った最善の方法だったのです。

でもこれが
冴子の未来を大きく変え
順子の未来も大きく変えるかもしれなかったのです。

そのことを
順子は
気が付かなかったのです。
11
有馬温泉での
温泉三昧は
本当に楽しかったです。

美味しいものも
食べることが出来たし、
卓球もふたりは楽しんだし
金泉銀泉のお湯もよかったし
満足な小旅行でした。

でも冴子は
六甲の野山を散策したかったんですが
順子が
旅館の中から
でなかったので
それだけが心残りでした。

ふたりは
また電車に乗って
帰りました。

まだ日がある内に
部屋に到着して
順子は
一安心しました。

冴子は
部屋で
疲れのためか
ぼやっとしているので
順子は
気になって
例の交差点に
見に行きました。

冴子は
犠牲にならないけど
誰か
他の人が
事故に遭っていないか
気になっていたのです。

確かめるのは
明日でも良いかもしれませんが
どうなったか知りたかったのです。

交差点に行くと
特に変わった様子はありませんでした。
ひとつだけ言うと
道路の縁石に
タイヤ痕が付いていたのです。

順子はやっぱり
何かあったのに違いないと思いました。

ちょうどその時
会社の同僚が来たので
聞いてみました。
同僚の言うのには
「夕方ここで
自動車の事故があった。
信号を無視して
出てきた自転車をよけようとして
自動車が
歩道に乗り上げた。
自動車は
電柱に当たって
メチャメチャに
壊れた。
でも運転手には
ケガがなかったそうです。」と

順子は
誰もケガがなくて
ホッとしました。
12
事故は起きていましたが
誰もケガがなくて
安心して
寮に帰りました。

もう事故は起きないと
思いました。
何かウキウキして
冴子の待っている部屋に帰りました。

冴子は
少し疲れたのか
ベッドで横になっていました。

順子は
笑顔で駆け寄って
「早くご飯食べに行こうよ」
と言いました。

冴子:
順子何なの
何か良いことあったの

順子:
あると言えばあるのですが

冴子:
何なの
何が良いの
彼氏でも出来たの
今どこかに行ってたのは
そのためなの
そんな短時間で
何が
出来たの

順子:
そんなわけないでしょう
早くご飯食べに行こうよ
おなかなんかすいちゃって

冴子:
有馬温泉であんなに食べたのに
まだすいているの
本当に?

ふたりは食堂で
夕食を
わいわい言って
食べました。

翌日
いつものように
会社に出かけ
いつもと同じように仕事をして
工場の食堂で
昼ご飯を食べました。
食事をして
少し休んでいると
課長が横を通って
冴子に声を掛けてきました。

課長は
冴子に
「定時で終わった後
少し話があるので
課長室に来て欲しい」と話しました。

冴子は
何かわからないけど
「はい」と言いました。

順子と
冴子は
何となくわかっていました。

課長は
仲人をするのが
大好きで
あっちの女性と
こっちの同僚の息子を出会わせたり
向こうの工員さんと
同系列の会社の工員さんの仲を
取り持ったりしました。

順子も
冴子も
きっとそれだと
口には出さないけど
思いました。
13
順子はいつものよう
定時に退社して
寮に帰って
洗濯をしていると
遅れて
冴子が帰ってきました。

順子:
冴子何だったの

冴子はちょっと笑いながら
冴子:
やっぱり見合いのお話だったわ

順子:
そうなの
相手は誰なの

冴子:
まだ会っていないから良くわからないけど
伊丹工場の研究室の
何か言ったな
野村さんかな
たぶん

その言葉を聞いて
順子はびっくりしました。
順子:
野村さんて
野村義男
、、、
さんなの

冴子:
順子どうしたの
そんなに真剣に
相手の人の名前まで聞いていないわ
ひょっとして
順子
野村さん好きなの
知っているの
それじゃ私と
見合いしたらダメじゃないの

順子は
我に帰って
冷静に考えながら

順子:
そんなことないよ
前に
ちらっと見ただけなの
工場の用事で
研究室に行った時に
会っただけなの
もちろん
何の関係もないよ


順子はそう言いながら
どうしようかと
考え込みました。

野村義男とは
前の世界で
順子が結婚した相手なんです。

とても優しい
男性でした。
14
順子にとっては
時間の流れが
行ったり戻ったりしたので
こんがらがってしまいました。

(お読みになっている読者の方も
わからないので
今後
順子が戻るまでの世界を
「前の世界」
戻った時を
「今の世界」と言います。)

野村は前の世界では
良くできた夫でした。
順子に優しく
子供にも優しく
理想的な夫だったのです。

順子は
見合いで会って
その後すぐに結婚して
何もわからなかったけど
時間が経つにつれて
野村が好きになっていったのです。

その野村が
今の世界では
冴子と見合いをするのです。

前の世界では
冴子は
不意の事故で
亡くなってしまうのです。

前の世界で
そう言えば
課長が
野村の見合い話を
私にした時
冴子の相手であったけど
不幸が起きたので
順子に
回ってきた
と言うようなことを
話していたような
記憶が
戻ってきました。

順子は
どうしようか
迷いました。

冴子に
「前の世界」では
野村は
私と結婚することに
なっている
なんて言ったって
信じないだろうし
そうかといって
冴子の見合いが
うまくいかないように
画策するなんて
出来ないことだし、
順子は
どうすればよいか
全くわからなくなりました。

お布団に入って
順子は
眠れませんでした。
15
朝まで考えても
良い考えが
出るわけでもなく
眠たい目をしながら
会社に向かいました。

冴子は
順子が
意気消沈していることは
わかりましたが
なぜそうなったのか
親友なのに
わかりませんでした。

でも
野村との
見合い話を
してから悪くなったので
ひょっとしたら
そのことと関係があるのかも知れないと
思いました。

その日は
冴子は
順子と話すこともなく過ぎました。

順子自身は
野村と結婚しなければ
ふたりの娘も
生まれてくることはない
そうなれば
孫も生まれてこないと言うことになります。

私は
今の世界を変えてしまって
前の世界通りにならなくなってしまったのです。

冴子を助けたことが
こんなに大きな
変化をもたらすとは
思ってもいませんでした。

その日の夜は
あまりにも眠たくて
寝入ってしまいましたが
夜に目が覚めてしまいました。

翌日も眠たい目で
出勤した順子を見て
冴子は
尋ねました。

冴子:
順子元気ないけど
どうしたの

順子:
別になんでもないけど

冴子:
そうなの
でも目が赤いよ

順子:
そうかな
卯年だからかな

冴子:
何いってんのよ
卯年は私でしょう
あなたは子年でしょう

順子:
そうだったですよね

冴子:
何か悩み事でもあるんでしょう
私の見合い話と関係があるのでしょう。
野村さんのこと
順子は知らないと言っていたけど
本当は好きなんじゃないの
課長に
言ってきましょうか
見合い話を
代わるように言いましょうか

順子:
、、、、、、、、、
、、、、、、、
、、、、、、、
○×△
□○?%&

冴子:
何言ってんのよ
わからないわ

順子は
冴子の提案に
お願いと言いたいですけど
悩んでいました。
でも素直に、、、
16
冴子が
見合いを代わってくれると
言ってくれたことに
順子は
電流が流れるように
全身にバシッと
衝撃を
感じました。

嬉しくて
少し躊躇しましたが
次の瞬間
「ありがとう」と
高揚した声で
冴子に言ってました。

冴子は
ちょっと言ってみただけなのに
そんなに喜んで
言われると
本当にそうするしかなくなってしまいました。

冴子:
順子
野村さんのこと好きなの
どこで会ったのよ
そんな人がいたって私に話さなかったじゃないの。

順子:
ごめんなさい
ありがとう
野村さんとは
会ったことはないけど
見ただけだけど
どう言ったらいいのかな

冴子:
会ったことないのに
なぜ好きになったの
わからないな
でも良いわ
順子とは親友だし
私は野村さんのことは何にも知らないんだから
明日課長に言ってみるわ
順子も来なくてはいけないよ

順子:
ありがとう
本当にありがとう
本当に本当に

冴子:
そんなに言ってくらなくても良いのよ

順子;
でも
本当にありがとう

冴子:
まだ言うの

順子は
よかったと
心の底から
思っていました。


17
冴子のちょっと言った言葉を
大きく「利用して」
見合いを
代わってもらうことになりました。

順子は
定時に終了した仕事の後
冴子と伴に課長のところに行きました。

課長は
ふたりそろってきたので
どんな話かわかりませんでした。

冴子が言い出しました

冴子:
課長
今度のお見合いですが
順子に代わることは出来ないでしょうか。
順子が
野村さんのこと好きみたいなんです。
順子が代わって欲しいというものですから

課長:
へー
見合いを代わるって
どういう事かな
今までそんなことはなかった。
順子さん
野村さんとそう言う仲なの

順子:
えー
そのー
別にそんな仲ではありません。

課長:
そうなの
順子さんの片思いなの
野村君は
君のことを知っているの

順子:
今は知らないと思います。
いや知らないと思います。

課長:
そうなの
野村君には
見合いの話はしたけど
相手の事については
まだ話していないから
誰でも良いとは言わないけど
順子さんなら問題ないと思うけど
冴子さんそれで良いの
野村君は好青年だよ

冴子:
すみません
それでお願いします。

課長:
じゃそう言うことにするよ
順子さん
釣書書いてきてね

順子:
はい
書いてきました。

課長:
ホー用意が良いな
じゃ野村君に話しておくよ
君はいつが都合がよいかな
日曜日になるけど

順子:
何時でもいいです。
早いほうが、、、、

課長:
わかっているよ

そう言って
順子は
課長に
深々と頭を下げてました。
18
前の世界では
結婚することになっている
野村とのことも
順子は何か不安になりました。

私が冴子を
助けたことで
前の世界と
今の世界は
大きく変わってきているのではないか。

だとすると
野村と結婚も出来ないこともあり得る
と考えました。

前の世界では
冴子の代わりに
課長に勧められて
何となく野村と見合いしたら
お互いに気に入ったというか
課長の「押し」に負けて
何となく結婚してしまったのです。

結婚した後
ふたりは
だんだんと
恋人同士になっていったというのが
前の世界の
野村との結婚だったのです。

しかし今の世界でも
その様にとんとん拍子に
いくかどうか分かりません。

野村の好き嫌いは
分かっているので
とりあえず
そんな格好で
見合いに臨まなければならないと
思いました。
用意に用意を重ねて
その日曜日がやってきました。

順子は
軽く化粧をして
髪を長くして
その先をそろえて
いわゆるワンレングスにしました。
白のワンピースを着て
黒のパンストを身につけて
黒のローヒールの靴を履いて
出かける準備をしました。

冴子はその姿を見て
「そんな格好で良いの
もう少し口紅をつけなきゃ
今日は見合いでしょう
もっと化粧をしないの

それにその服
もっとピンクとか
赤とかないの?

それにその靴は何なの
会社の面接にでも行くつもり???

あったじゃないの
赤のスーツが
そんな質素な服で良いの??
課長びっくりするよ」と
激しく言われてしまいました。

でも順子は
この風体が
一番好きと
野村が言っていたのを
覚えていたのです。

それで
「冴子
私がリサーチした限りでは
これが一番受けるのよ
とにかくこれが良いの」
と答えました。

冴子は
いつの間に
順子がそんなことを知っていたのかと
そして
自信たっぷりと話すのを見て
少し
不審に思いました。
19
そして
順子は
出かけていきました。

近くのレストランで
課長と
野村と
順子は会いました。

課長は
野村に
順子を
「野村君のことを
遠くから見ていた
順子さんです。」
と紹介しました。

順子は
一瞬 どきっとしました。

前の世界では
見合いの時は
どんな話をしたのか
全く思い出せません。

食事をとって
ふたりだけで
外に出ました。

野村は
映画館にでも出かけようと
言ってくれました。

塚口駅前の
映画館へ
ふたりで行きました。

そう言うと
前の世界でも映画館だったと思いました。

こんな時に
話す言葉と言えば
趣味だとか
旅行の話だとか
映画の話だとか
わりと話が弾みました。

何しろ
順子は
見かけは若いですが
57歳で経験豊富だったし
何より相手の野村のことを
よく知っていたから
いろんな話が出来たのです。

しかし
順子は内心
心配でした。

博学の女性なんて
おもしろくない
女性かも知れないと思ったのです。

野村は
国立大学出身の
研究員ですから
やっぱり賢い女性が好きなのか
それとも
ちょっと
お馬鹿な女性の方が良いのか
野村と話しながら
考えました。

前の世界では
普通にしていたら
お互いに好きなっていたので
考えても
わかりませんでした。

20
順子は
「ちょっと失敗したかな」と
思いながら
寮に帰りました。

部屋に帰ると
冴子が
聞いてきました。

冴子:
順子どうだった
そんな服で
良かったの

順子:
ダメだったみたい
ちょっと
やり過ぎたかな
やっぱり女性は
おしとやかな方が
良いよね。

冴子:
せっかくかわったのに
そんな結果なの
順子は
控えめじゃないの
ちょっとこの頃違うけど

順子:
冴子もそう思うの
私って
ちょっと出しゃばりよね
嫌われるよね
冴子ごめんね

冴子:
別にそんなことないよ、、、

そんな話をして
夕食を食べながら
野村のことを
順子は考えていました。


翌日
課長に
午後呼ばれました。

もちろん昨日のことを
話すために違いありません。

順子を
ドキドキしながら
課長のところに行きました。

課長は
まず
野村の印象を順子に聞いてきました。


課長:
順子さん
野村君のことどうだった。

順子:
野村さんは
いい人だと思います。
でも私嫌われたんじゃないかと
思うんです。

課長:
何故嫌われたと思うの

順子:
野村さんに
ずけずけといってしまったもので

課長:
そんなに言ったの
道理で
野村君が、、、

(この話は続きます)
21
順子:
野村さんは
どの様におっしゃっているんですか。

課長:
そのことなんだけどね
野村君は
『順子さんは
ぼくより若いのに
何かしっかりしていて
ぼくなんか頼りないんじゃないか』
と言うんですよ。
順子さん
そんなにしっかりしていたっけ
入社した時は
失敗ばかりしていた
順子さんなのに

順子:
そんなー
私って
ドジな女ですよ
しっかり何かしていませんよ。

課長:
それでね
野村君は
少し迷っているようで
どうすればいいか
私に相談してきたんだ。

順子:
課長
大丈夫です
私きっと
野村さんと幸せになれる自信有ります。
私に
力を貸して下さい。

課長:
おー
順子さん
積極的だね
前の順子さんは
優柔不断のように思えたんだけど
最近
積極的になったよね。

恋したからかい

野村君に一目惚れしたのか
まだ一回しか会っていないのに

順子:
そうなんですけど
でも
お願いします。

課長:
んー
そうだね
じゃ
野村君に
ぼくから言っとくよ
順子さん
ちょっとおしとやかな方が
野村君の好みかも知れないよ
順子さんは若いんだから
もっと若いように
振る舞った方が
背伸びしたらダメだよ

順子:
ありがとうございます。
課長よろしくお願いします。
どうかよろしくお願いします。

順子は
平身低頭して
頼みました。

順子は
野村と結婚できなければ
どうなるかわからないと
考えました。
やっぱり
野村は
若い従順な女性が好きだったんだと思いました。
30年前の順子がそうであったように。
22
何故そんなことに気がつかなかったのだろう。
結婚した当時は
順子は
世間知らずの
従順な女性であったのです。

体は
今の世界では
27歳だけど
心は
57歳
ちょっと厚かましい女になっていたのです。

次に会える日曜日には
よく考えて
行こうと思いました。

服装も
冴子に言うような
ものにしようと決めました。

冴子も
応援してくれました。

次の日曜日
赤いスーツに
昔よくやっていたような
赤い口紅を付けて
頬紅も少し濃いめに付けました。

約束の
塚口の駅前で待ち合わせをしました。

約束に10分前に行くと
野村は待っていました。

(『そうだ そうだ
野村さんて
本当に几帳面なんですよね

待ち合わせの時間の
30分前から
いつも待っていたわね。

そうだ私はいつも時間ぎりぎりに
行ったものだわ』と
心の中でつぶやきながら
少し伏し目がちに
笑顔で
走っていきました。
こんな動作もするのも
おしとやかさを出すためです。

順子:
待たせてすみません。
急いだんですけど
何か早くできなくて私ってダメだわ

野村:
そんなに待っていません
今来たところです。

(順子は
『野村さんて
無理しているわ
もっと早く来ているに違いないのに』
とおもいながら)

順子:
そうなんですか
それなら良かった

野村:
どこに行きましょうか

順子:
私はどこでも良いです
野村さんの後を付いて行きます。
私優柔不断だから
決められないんです。

野村:
そうなんですか
前にあった時は
もっと、、、
そうなの

そう言いながら
映画館に行きました。
順子は
後から付いて行きました。
23
その日は
従順に徹しました。

会話が弾まなくても
気を回さずに
順子は
黙って下を見て黙っていました。

順子は
絶対におしとやかに
しようとしていたのです。

野村は
少し困ったようにも見えましたが
「そばにいれば幸せ」
のような顔をして
野村の後を付いて行きました。

映画館の後
喫茶店に入って
黙ってコーヒーを飲んでから
暗くならないうちに
寮まで送られて
帰りました。

順子は
送ってくれた
野村の背中を
見えなくなるまで
見送りました。

部屋に帰ると
冴子が聞いてきました。

冴子:
どうだった。
楽しくできた。
野村さんにその服なら気に入られたでしょう。
やっぱり女は可愛くなくっちゃ

順子:
冴子ありがとう
今日は良かったわ
やっぱり冴子の言う服を着ていって

冴子:
そうでしょう。
やっぱり口紅は
ピンクが良いのよ
服もピンクよね

順子:
そうよね
昔はそうだったよね
いやそうだよね

冴子:
昔って何?

順子:
いや昔って
何でしょうね

順子の
57歳になって
また訪れた
純愛は
冴子の応援や
課長や周りのみんなの応援で
実を結ぶことになります。

こんなお付き合いをしながら
二人は
課長に
仲人のお願いに行きます。


24
順子は
野村と結婚が決まって
ヤレヤレでした。

生まれてくるはずの
子供が
生まれることになったのと
また新婚生活が出来るのが
嬉しくて嬉しくて
天にも昇る気持ちです。

新婚生活を
二度も経験できるって
どんなに幸せか
思っただけで
笑顔になってしまいました。

冴子に
冷やかされながらも
冷静を
装うのも
至難の業でした。

前の世界でも
野村のおじいさんが
その年になくなったので
結婚式は
翌年の
春になりました。

結婚まで
野村と
順子は
仲の良いですが
清純なお付き合いでした。

前の世界では
それが何とも思わなかったのですが
今の順子には
まどろっこしい様な
歯がゆいような
思いになりました。

そのことはさておき
野村のことを
代わってもらった
冴子には
何となく悪いような気がしていたのです。

それで
順子は
考えました。

野村の
友人で
前の世界では
30年後も
独身の
林を
紹介したらどうかと考えたのです。
25
林を冴子に紹介するには
野村の力がいります。

でも野村に
そんなことを話すと
不審がるかも知れないし
「おしとやかな」はずの順子には反する。

でも私のために
結婚できなくなる
友人の冴子のことを考えると
何とかしなければならない。

そこで野村に話すことにしました。

順子:
野村さん
私の親友に冴子というのがいるの
こんなこと
お願いして変だけど
冴子が
お付き合いできるような人
いませんでしょうか。

野村:
順子さん
親友なんですね
近頃のことだから
その友達にも
男友達や
思っている人がいるんじゃないの

順子:
それが
今までの私と同じで
全くいないの
私は野村さんと結婚して
良かったけど
冴子を見ていると
何だか

野村:
本当に友達なんだね
冴子さんてどんな人かな

順子:
ちょっと小柄な
かわいい人よ
優しい性格だわ。

野村:
そんないい人なら
誰か紹介してみたいものですね
でも
ぼくには
そんな人にぴったりの
友達はいないな

順子:
よーく考えてください
野村さん
、、、
、、、
、、、

あっ
林さんなんか良いんじゃないの

野村:
林か
林は良い奴だけど
、、、
、、、
、、、
順子さん
林を知っているの

順子はドキッとしました。
26
順子は
野村が
なかなか林のことを言わないので
ついつい言ってしまったのです。

そう言えば
前の世界では
野村の友人の
林を
紹介されたのは
結婚式の日でした。

そんなことを
思い出したのですが
遅かったのです。

しまったと思った
順子は
ごまかそうと必死です。

額から
汗が出て
明らかに
上気していて
変でした。

順子:
えっ、、
林さん
前私に言っていたじゃないの。
林は良い奴だと
確か言ってたでしょう

順子は
平然を装って
いましたが
野村には
それがわかりました。

そこで
野村は
理由はわかりませんが
順子に合わせることにしました。


野村:
言ったかな
林は良い友人だけど
順子さんに言ったかな。

野村は不審そうに言いました。
順子は
本当のことを
言った方が良いかどうか迷いました。
でもそんなこと信じて
もらえないと思うので
やっぱり言えませんでした。

野村は
順子が
林を知っているのは
不審に思っていましたが
林と順子の友達の冴子は
良いカップルになりそうなので
そのことは忘れることに
しました。

そして
順子の役割は
正月の休みに
冴子を連れ出すことでした。

27
順子は
年末冴子に
話をしました。

順子:
冴子さん
野村さんの見合いを譲って頂いて
ありがとうございました。

冴子:
まだそんなこと言ってるの
もうその話は良いわ
順子と野村さんは
良いカップルだわ

順子:
冴子さん
単刀直入に言いますけど
お見合いしない?

冴子:
えー
単刀直入ね
誰なの

順子:
あー
そうなの
野村さんと相談したんだけどね
野村さんの友達に
林さんという人がいるの
林さんは
いい人なのよ
とっても世話やきで
働き者
その上健康で丈夫なの

冴子:
順子は
林さんを知っているの
詳しいみたいだけど

前の世界では
順子は
林に大変世話になっていました。
それで林のことをよく知っていたのですが
そんなことは
冴子に言えないので
ちょっとごまかして
次のように言いました。

順子:
いいえ、、、
私は直接は知らないわ
野村さんに聞いただけなの

冴子:
野村さんとは
何でも話するのね
仲が良いのね
あっ、、
と言うことは
私のことも
野村さんに言ってるんじゃないの

順子:
言ってません
言ってませんよ

冴子:
本当に言ってないの?

順子:
信じてくださいよ

ふたりはこんな話をしていましたが
結果的には
冴子は林に会うことになりました。

まだ幕の内の
日曜日に
順子に連れられて冴子は
林に会いました。
28
冴子の紹介は
順子が
担当しました。

冴子の
いいところを
うまく説明して
弱点な所も
長所になるように
うまく言いました。

林は
訥々とした
人柄でしたが
冴子の
気にとまったのです。

林と
冴子は
順子の
予想通り
意気投合したようでした。


時が過ぎ
順子と野村の結婚式が近づいてきました。

順子は
一層おしとやかに
対応したつもりですが
野村は
不信感は
段々と大きくなってきました。

ある日
野村は
公園で
順子と
会いました。

そして思い切って
順子に聞きました。

野村:
順子さん
少し話があるのですが

順子:
(少しドキッとして
平然を装いながら)
何ですか
改まって

野村:
君は福井の出身でしょう
工場に勤めるようになってから
この地に来たのですよね

順子:
えー
えっ
そうですが

野村:
こんなことを話すのも
おかしいんですが
順子さんは
私のことや
私の周囲のことを
よく知っている
話していない
子供頃のことまで
知っている様の思うんだ

順子:
そんなことありません
野村さんが話して下さったことばかりですよ

野村:
そうかな
ぼくの家に来た時
トイレに
間違わずにいったじゃないか
ぼくの家のトイレは
知っているように
ちょっとヤヤッコシイところにあるのに
間違わずにいったり、

ぼくの家が
いつも裏の玄関から入っているのを迷わず行ったり
林のことを
よく知っているように言ったり
数え上げたら
きりがないよ
本当は
君は
ぼくらは幼なじみ何じゃないの
なんかぼく君に前にあったような気がするんだ。

順子はびっくりしました。
私が記憶にあるように
『野村も
記憶があるんじゃないだろうか』
と思いました。
29
順子は
野村が
前の世界の記憶が
あるのかどうか
疑いました。

でも本当のことを
結局は言えずに
ごまかす方をとりました。

順子:
野村さん
そんなことないですよ
私は高校まで
福井にいて
今の工場に就職して
初めて来たんです。

野村さん
色々と話してくれたから
野村さんは
話したことを
忘れたんですよ

野村:
そうかな

順子:
そうですよ
それしかないでしょ
初めてあった人だから
聞いた方は
良く覚えているんです。

野村:
話したかな

そんなことを
その日は
ズーッと話していました。

順子は
本当のことを
言うべきかどうか迷いつつ
ごまかし続けました。

野村は
疑いが解けることはなかったけれども
一応納得しました。

野村は
些細なことに
気が付く
几帳面なタイプだったのです。



そして結婚式の日が来ました
30
順子と野村の結婚式の日がやってきました。
式場は尼崎の文化センターです。
建て替えになって
新しくなっていました。

順子の両親や親戚は
朝早くから「雷鳥」で福井からやってきました。
みんなを
順子は駅に出迎えて
結婚式場の控え室に入りました。

順子は30年ぶりに
花嫁衣装に着替えました。
当時の記憶のままの
衣装です。

お色直しも
当時の記憶を
たどって選びました。

ふたりは神式の
結婚式を挙げ
披露宴に臨みました。

順子は
この時に
悩んでいたのです。
立派なお料理が運ばれてきて
並ぶのですが
前の世界で
苦い思い出があったのです。

それは
この料理で食中毒になるというものでした。

順子自体は
あまり食べなかった関係で
問題はないのですが
野村や
両親や親戚の人たちは
2日後に
ひどい下痢に襲われます。

この食中毒を
野村に言うべきかどうか
迷っていたのです。

でもそれを言ったら
きっとまた疑われるし
今度疑われると
もうごまかせないことだし
どうして良いか分かりませんでした。

順子は
帯が苦しくて
食べられないと
みんなに言っていて
問題はありませんでしたが
野村には
どのように
言ったらいいのか
ずーと考えていたのですが
思いつきません。

でも
やっぱり話さないと
新婚旅行を
楽しめないと言うことで
小さい声で
野村に
「あまり食べない方が良いんじゃない」と
言ってみました。

野村は
「なぜ」という顔をして
こちらを
見ていました。
31
「食べない方が良いんじゃない」と
順子に言われた
野村は
ちょっと
またおかしな事を言う
順子だと思いながら
小さな声で
聞き返しました。

野村:
何故食べない方が良いの

順子:
んー
皆様が見ている結婚式の
場だから
あんまり
食べ過ぎるのもよくないんじゃないかな-
と思うの

野村:
そうかな
ぼくが食べないと
皆さんがくつろげないんじゃない
ぼくは出された料理を
すべて食べる主義だし

順子は
やっぱり
こんなこと言っても
ダメだと思いました。

順子:
そうね
そうよね


順子は
この時に
やっぱり
野村に
すべてを打ち明けた方が
よかったのではないかと
おもったのですが
披露宴のこの席で
話すことではできないと思いました。

この場は
黙認するしかないと
考えました。

順子の両親も
出てきた料理を
たらふく
食べていました。

結婚式自体は
おきまりで
過ぎて
みんなの祝福されて
終わりました。

披露宴が終わって
みんなに見送られて
ふたりで
タクシーに乗って
大阪空港に向かいました。

新婚旅行で
沖縄に行くことになります。

でも前の世界では
少し困った新婚旅行だったのですが、、、
32
前の世界で
新婚旅行は
楽しめませんでした。

今の世界でも
残念ですが
野村は
披露宴の料理を食べてしまったのです。

沖縄について
飛行場を下りて
空港に迎えに来ていた
観光タクシーに乗り込みました。

順子は
前の世界の運転手さんと同じでした。

名物の
おもしろい
運転手さんでした。

その日は
ホテルに
直行しました。

ホテルに着くと
お風呂に入って
レストランで
夕食です。

豪華な料理で
順子は食べきれないくらいでしたが
食べてしまいました。

野村も食事は残さない主義の通り
全部食べてしまいました。

前の世界では
食べた後
激しい腹痛に襲われることになっていたのです。
順子は心配でした。

やっぱり話した方が良いのか
この先のことも考えると
話した方が良いのかと考えたのです。

実は
野村は
10年後に
癌でなくなってしまうのです。
私が前の世界の話をすると
野村が
きっと将来のことを
聞いてくると思います。

その時に
「あなたは
10年後に亡くなります。」なんて
言えないですよね。

でも言わないと
これから来る
災難を
うまくよけて
生きていけるだろうか。

ホテルの
レストランで
食事を終わって
窓からの夜景を
見ながら
そんなことを
順子は
思っていました。

そんな時に
野村:
順子さん何を考えているの
今日は無口だね
疲れたの

順子:
あー
あっ
ちょっと疲れたみたい。
ところで野村さんは
どうなの

野村:
ぼくは大丈夫だよ
元気はつらつ
とまではいかないけど
問題はないです。


と話ながら
ホテルの自分の
お部屋に
戻っていきました。

ホテルの窓から
夜景は
とても綺麗で
ロマンティックな
夜の始まりでした。
33
新婚初夜の
始まりなんです。
野村も期待したかも知れません。

そして
順子も
もちろん
期待していました。

体はもちろん初めてですが
記憶は
20年ぶりです。

でも順子の期待は
実際は
大きな不安でした。

そしてその不安は
現実のものとなります。

順子は
もう一度
お風呂に入ってから
寝ようと
お風呂に行きました。

順子は
すぐにお風呂を上がって
野村にも勧めました。

野村は
フンと言いながら
少し疲れた様子を見せました。

野村:
ちょっと寒気がするんだ。
今日はやめておくよ

順子:
どうしたの
体悪いの

野村:
もう寝るよ
熱が上がって来るみたい。
いや
トイレに行ってからにしよう
おなかが差し込んでくる。
痛い

順子:
あー
大丈夫?

順子は
前の世界と
全く同じでした。

食中毒になるなんて
偶然によるものが多いのではないの
食中毒菌が
食品に付くことは
偶然なのに
前の世界と全く同じに進行していると言うことに
ある意味ホッとしました。

と言うのも
野村と順子は
ふたりの子供が生まれてくるのですが
同じ子供が生まれてくる確率は
殆どないと考えていたのですが
これで行くと
同じ子供が生まれてくるに違いないと思いました。

そのためにも
この世界を
乱さないことが
大切だと思いました。
34
トイレから出てくると
野村はぐったりしていました。

野村を
お布団の中に入れて
寒いというので
自分の布団も
掛けて
介護しました。

2時間ぐらい
野村はウトウトして
目が覚めると
もう一度トイレに行って
今度は暑い暑いと
言いました。

順子は
ホテルのフロントで
氷枕を借りてきて
野村の頭の下に置きました。

それから
野村は
ウトウトしたり
トイレに行ったり
朝までしていました。

順子は
全く眠らず
介護して
一夜を明かしました。

そんな長い夜に
ズーと考えていたのです。

今の世界が
前の世界と
変わらないようにしないと
いけないと思いました。

でも
冴子が
この世界では
生きていることは
前の世界とは
全く違う事です。

この変化が
大きく今の世界を
変えないか
心配でした。

冴子とあまり会わない方が良いのでは
でも冴子は
林さんと結婚するし
林さんは
新居の近くに住むことになっているし
やっぱり
冴子と
会わない事なんて出来ないと
思い悩んでいました。

こんな事を考えて
野村を
介護していたのです。
35
翌日
野村は
まだ熱がありました。

朝食は
特別に
おかゆをお願いしました。

おかゆと
梅干しでした。

同じホテルに
3泊の予定になっていたので
9時までお部屋で寝て
それから
観光タクシーで
近くの病院に行きました。

先生のご診断は
食中毒と言うことで
お薬を飲んで
水分取って
ゆっくり休むように
と言うことでした。

その日の予定は
すべてキャンセルして
眺めの良いホテルの
窓際で
野村は
一日寝ていました。

もちろん
順子は
介護のために
同じお部屋にいました。

野村と
順子は
ボーとしながら
沖縄の
景色を
飽きるまで眺める機会を
得たのです。

順子は
ちょっと笑ってしまいました。

「前の世界と
こんな所まで
同じなんだ。」
と心の中でつぶやいてしまいました。

窓から見える形式が
前の世界と
全く同じだったんです。

ほらあの自転車の少年
きっと転ぶよ
と思ったら
転ぶのです。

犬が猫を
追いかけるところまで
同じだったので
不思議でした。

順子は
前の世界に
本当にいたのか
それとも前の世界は
夢の中の出来事だったのか
わからなくなりました。

そんなことを考えつつ
ちょっと
気分が良くなった野村と
クイズでもしようと言うことにしました。

窓から見る景色を
互いに予想する物です。

次にくる車は何色だとか
自転車は前かご付きだとか
たわいもないことを
当てるのです。

順子は
前の世界で見ているのですが
そんな細かいことまで覚えていないので
野村との勝負は
五分五分の引き分けでした。
36
新婚旅行で
そんなやりとりをするとは
興のないことです。

そんな一日も過ぎて
翌日は
少し良くなりました。

観光タクシーの運転手が
やってきて
予定を聞いてきました。

野村はちょっと考えて
「順子さんには悪いけど
今日もホテルで
ゆっくりと
していたい
良いかな」と
言いました。

順子はもちろん賛成して
ホテルで
変わらない景色を
見て
一日中
順子と
野村は話していました。

順子は
話の話題は
豊富ですので
話は弾みました。

あとになって
あまり話しすぎるのは
よくないかと
思ったのですが
57歳のおばさんの
経験と知識を持つ
順子が
黙ってられないのは
当たり前です。

そんな新婚旅行の
旅も最終日になりました。

最終日は
予定通り
午前中まで観光して
決められた所で
昼食をとって
午後の飛行機で
大阪に帰ってきました。

無事に帰ってきて
良かったと思いました。

空港から
順子と野村の両親に
無事に帰ってきた
報告をしました。

現地で
病気だったことは
この時は言いませんでした。

新しい新居まで
タクシーで帰っていました。

新しいお部屋は
会社の近くで
3階建ての2階部分
日が良く当たる南向きです。

お部屋に着くと
順子は
夕食の用意を始めました。
野村に
何が食べたいか
聞いてみたけど
「何でも良いよ」の一言でした。

「そうよね
前の世界でも
いつもこうなのよね。
何が食べたいか
言ってくれればいいのに、
でもそれが
良いのよね」と
少し心の中で微笑んでしまいました。
37
順子は
夕食に
魚の煮付けと
そのだし汁を使って
野菜の煮物を作りました。

前の世界の経験が
今の世界に役に立つので
手早く
美味しく
順子は
食事の用意を
することができました。

野村は何でも
「美味しい美味しい
順子さんは
料理本当に上手だよね
どこで習ったの」
と言って
食べてくれますが
その中でも
美味しそうに食べる
メニューでした。

味は
超薄めで
普通なら
醤油や塩を
足すくらいの量です。

こぎれいな
皿に盛りつけ
野村に出しました。


野村は
喜んで
いつも食べる役ですので
「頂きます」
と言って
綺麗に平らげました。

順子は
これが幸せというのよね
と思いました。

でも前の世界では
野村が美味しいと言って
何でも食べるので
どんどん作って
食べてもらったら
段々
野村が太って
肥満体になったので
今度の世界では
注意して
量を作らないといけないと考えていました。


食事をして
お茶を飲みながら
少し話をして
お風呂に入って
野村は寝ました。

順子も後片付けをして
お風呂に入って
お風呂を掃除して
それから
寝化粧をして
お布団に入りました。

野村は
もう寝入っていて
朝まで何もなかったので
順子は
もうがっかりです。

でも前の世界でも
こうだったと
思い出しました。
38
順子と
野村の結婚生活は
最初は障害がありましたが
それ以降は
順風満帆で
けんかというものも
せずに
何ヶ月が過ぎました。

前世界では
すこしケンカをしたのですが
今の世界では
そんな状況を作らないように
していました。

ふたりとも働いているので
仕事の分担とか
そんなことで
もめないように
順子は
気を配っていました。

家事や仕事の要領がよくなったので
時間の余裕が
できたのも幸いでした。

秋になると
冴子が
結婚すると言うことで
結婚式に出ました。

冴子達の
新居は
前の世界の
前田の家とは
違って
だいぶ離れたところになりました。
前の世界の
前田の家は
小さかったので
二人には狭かったのです。

前の世界と
だいぶ違ってきたと
順子は
思いました。

でも
その他には
大きな差もなく
2年が過ぎ
順子に
長女が
生まれました。

順子は
喜びました。

もちろん
野村も喜びましたが
順子の喜びは
異常なほどで
子供の可愛がり方
異常なほどでした。


順子は
一つ目の
関門は
クリアーしたと思いました。

乳児の時の
突然の夜泣きにも
動ずることはなく
また
幼児の突然の発熱で始まる
突発性発疹も
全く動じませんでした。

野村は
順子を頼もしく思いましたが
不審に思いました。

何人もの
子供を育てたようなその余裕は
どこから来るのか
思いました。

野村は
冗談に
「順子って
隠し子がるんじゃないの
何でそんなに
育児上手なの
一人目じゃないでしょう?」
言ってみました。

順子は
一瞬ドキッとして
「そうかも知れないね
何人もいたりして」
と答えました。
39
余裕の子育てで
本当に楽しく
野村とも
けんかもすることもなく
時間は過ぎいきました。

前の世界では
子供の世話で
すこしイライラして
野村とケンカしたことがあったのに
今の世界では
余裕の子育てで
仲良く過ごせて
良かったと思いました。

5年の月日が過ぎ
二人目の
女の子も生まれ
ました。

前の世界の
子供と同じ遺伝子を持った
赤ちゃんかどうかはわかりませんが
顔も似ているように思いました。

二人目が生まれると
順子は仕事を辞めます。
本当は辞めなくても
余裕で続けられたけど
前の世界では
辞めることになっているので
チューナーの会社を辞めたのです。

順子には
段々と大きくなってくる
心配がありました。

それは
前にも言ったことがあるともいますが
前の世界では
野村は
胃がんで
結婚十年目に
亡くなってしまうのです。


前の世界の
今なら
胃がんと
ピロリ菌との因果関係が
わかってきて
胃がんの予防や
PET検診などで
早期治療が出来たのですが
この当時は
癌検診と言えば
バリウムを飲んで
胃造影か
胃カメラを飲んで
早期発見する方法が
普通でした。

野村の
手術の時に
わかった事は
野村の胃がんは
胃がんの好発部位の
前庭部ではなく
側壁にあって
バリウムの造影で
わかりにくいところにあったので
発見が遅れたのです。

前の世界では
手遅れになって
抗がん剤の
苦しい治療の末
亡くなってしまうのです。

今度の世界では
絶対に
手遅れだけは避けようと思いました。

40
前の世界で
野村が
亡くなる時期が近づいてくると
順子は
野村に
健康診断に行くように
何度も
強く言います。

野村は会社員ですから
会社で健康診断しているので
特に必要ないと
野村は言うのです。

野村の言うのも
「もっともだ」と
順子は思いました。

順子は
普通に勧めても
健康診断を
受けないし
そうなると
癌になって
手遅れになるかも知れない
と心配しました。

やっぱり真実を
言わないと
手遅れになってしまうと
考えました。

それで
今日言おうか
明日言おうか
と悩んで
いました。

しかし
もうちょっと
健康診断の方を
勧めてみました。
胃カメラを
勧めたのです。

テレビで
胃カメラで
診察する場面があって
それを
うまく利用して
順子は勧めました。

順子:
胃カメラ
大事じゃないの
野村さんもやってみたら

野村:
そうかな
まだぼく若いし
大丈夫じゃないの
順子さん

順子:
そんなことないでしょ
テレビの中でも
若くして
癌になっているじゃないの

野村:
それは
ドラマでしょう

順子:
私心配なの
もし野村さんに
何かあったら
どうしたらいいの
安心させて欲しいの

野村:
順子さんは
子供の病気なんか
全く心配しないのに
ぼくの
胃は心配なんだね
なんかあるの

順子:
いやな予感がするの
お願いだから
胃カメラをお願いします。

野村:
じゃ
君が心配しないように
受けてみるよ

順子は
真実を言わなくていいと思いました。
41
野村は
健康診断で
胃カメラを
使うことになりました。

前日から絶食して
病院で診てもらいました。
胃カメラはちょっと苦しかったけど
野村は
順子の心配がなくなって
安心するためには良いと
考えていました。

「癌なんてなっていないよ」と
考えていたのです。

順子と下の子供も
付き添ってきていました。

一週間心配そうに
結果を待っていた順子の元に
手紙が病院から来ました。

宛名は
野村になっていましたが
事前に封を開けても良いと言うことに
なっていたので
封を
恐る恐る
開けてみました。

結果は
「異常なし」でした。

順子は安心と
心配が
交錯しました。

「野村はもう
癌にならないのだろうか
それとも
あまりにも早期なんで
発見されないのだろうか。」
と考えました。

この結果は
すぐに野村に
電話で伝えました。

野村は
「だから杞憂と言ったんだ」
と笑いながら
言っていました。

野村も
ホッとしたんでしょう。

順子は
一安心ですが
この先どの様にすればいいのか
考えました。

次女の
ウソをつくときに
鼻を触るクセが
前のの世界とそっくりなので
野村が
胃がんにならないとは
到底思えませんでした。

手遅れにならないためには
六ヶ月おきに
胃カメラをすれば
良いのですが
そんな頻繁に
野村はしてくれないだろうし
どうすればいいのか
やっぱり話す方が良いのか
考えあぐねていました。
42
日にちが過ぎて
六ヶ月は
あっという間に来てしまいました。

その前から
順子は野村に
健康診断健康診断と言っていました。

野村は
優しい人だったけど
野村にとっては
順子は異常にうつていました。

順子は
健康診断の話になると
不機嫌になる理由は良くわかっていましたが
野村の病気のことを考えると
言うしかありません。

でも
野村が順子の言うことを聞いて
健康診断に行って
胃カメラを使う気配は
ありません。

順子は
野村が
手遅れになって
前の世界と同じように
死んでしまっては
取り返しが付かないので
何とかしなければいけないと
悩んでいました。

これを何とかするには
真実を告げるしかないと
考えに至りました。

順子は
野村がゆったりして
機嫌が良い
日曜日の午後
話をすることにしました。

その日は
暑い日でした。

順子:
話があるんだけど
私の話を
驚かないで
聞いて欲しいの

野村:
何を改まって
何の話だ

順子:
あなたには信じられないと思うけど
私ね
どこから話して良いか
そうね
今から6年前のこと
私は
57歳だったの

野村:
何で今から6年前なのに
57歳なの????????

順子:
私も良くわからないんだけど
57歳であったのは
事実なの
その時は西暦2009年なの

野村:
何のことか全くわからない

順子:
何度も言うけど
私にはわからないんだけど
今から24年後の
2009年の5月だったの。
その日は
私はインフルエンザで
職場がお休みになって
家で休んでいたら
突然頭がくらっとしたと思ったら
チューナーの会社にいたんです。

その日の朝は
57歳の体だったのに
突然からだが27歳になって
チューナーの会社にもどってしまったのです。

それがどういう理由か
わからないけど

野村:
本当かい
未来から
さかのぼって帰ってきたと言うことになるけど
そんなこと
起こるの

順子:
何故帰れたのか
わからないけど
私の友達の冴子は
前の世界
私が57歳まで暮らした世界では
帰った年の
8月に交通事故で死んでしまうの。
でも私は
それがわかっていたから
その交通事故が起こる日に
冴子を
有馬温泉に連れて行って
今の世界では
交通事故に遭わなかったの。
だから
冴子は今も幸せに暮らしているのよ。

野村:
そうなの
私はわからないなー
順子さん
これはなんかの
実験なの
どっきりカメラなの

順子:
信じて
本当にそうなのよ

野村:
信じたいんだけど
あまりにも話が
普通じゃないので
信じられないな

順子は
困ったしまいました。
簡単に信じてもらえる話ではないと
思っていましたが
どうして良いか
すぐにはわかりませんでした。
この話は続きます
43
順子は
未来から
戻ってきたことを
立証しなければならなくなりました。

そうしないと
野村は
順子の言葉を
信じないのです。

信じないと
野村は手遅れになって
胃がんで死んでしまう
と言うことになるのです。

未来から帰ってきたことを
証明するには
どうすればいいか
すぐにはわかりませんでした。

順子は
しばらくの間
考えました。

野村は
ゆっくりと
新聞を読んで
順子の
話に付き合っていました。


しばらく経って
順子は
未来に起こったことを
言い当てれば
野村を信じさせることができることに
気がつきました。

何かないか
考えました。

「あっ」
と気がつきました。
「上の子供が
幼稚園に行った年
そうだ
長女の友達の
お兄ちゃんが
ディ○ニーラ○ド
に行った帰り
飛行機事故で
なくなってしまうという
痛ましいことが起こったわ」
そうだこれを話せばいいのだと考えました。

順子:
私が
未来から戻ってきたと言う証拠に
もうすぐ飛行機事故が起こることを
予言するわ

野村:
それは物騒な話だね
いつ起きるの
もし本当に起こるなら
止める方法あるんじゃないかな
どんな事故なの

順子:
今年の8月の下旬に
羽田発の飛行機が
事故にあって
山の上に墜落するの
墜落現場が
なかなか見つからないものだから
大変なの
やっと見つけると
生存者が数人助かるの
原因は
確か
加圧壁の修理が間違っていたために
耐えきれず尾翼がなくなって
操縦不能になったのよ。

野村:
それは正確には
何日の
何便かな

順子:
ごめんなさい
それは忘れてしまったわ
ダメな私ね
ごめんなさい
そうだわ
有名な歌手も乗っていて
亡くなるのよ

野村:
大変な話だね
でも
正確な便名がわからないと
防ぎようがないな
本当に起こるの

順子:
たぶん
同じだったら
起こるわ
未然に防げたらいいのにね

野村:
それで
順子の話が本当だとして
なんで
そんなことを話すの

順子:
そうよね
それはね
あのね

順子は
野村が
癌で死んでしまうことを
言わなければならなくなりました。

野村との会話は続きます。


作中
日航飛行機事故を題材に使っております。
亡くなられた方のご冥福をお祈りしております。
44
野村は
順子が
「未来から帰ってきた」
と言う話を
はじめは
もちろん信用していませんでした。

そんな話を
する理由は
何なのか
不思議でした。

野村:
順子さん
今日は4月1日でもないし
何故そんなことを
私に話すの
信用しないでもないが
そんな突拍子もないことを

その問いに
順子は
「それはそうだ」と
思いましたが
話して良いものかどうか
少し躊躇しました。
でも
話さないと
いけないことなので
話すことにしました。

順子:
それはね
びっくりしないでね。
まだ手遅れになっていないから
心配しないでね
絶対だよ
今なら
大丈夫だから

野村:
わかったから
続きを
話して

順子:
前の世界では
野村さんは
今から
4年後の
夏に
胃がんで死んでしまうの
まだ4年も先の話だから
今なら
大丈夫だから

野村は
悪い冗談だと思いながらも
順子が
そんな嘘を
つくわけがないと思いもあって
一瞬ドキッとしました。

野村:
そうなの
その話は
本当なの

順子:
こんな事嘘を言わないわ
今から3年後の
秋口に
胃が痛いというので
病院に行ったら
すぐに
胃カメラの検査をして
それから
その3日後に
手術を受けるの

手術後に
摘出した胃を
前にして
医師が
「胃がんは
胃の裏まで達していて
近くの
リンパ節にも
転移しているの
一応胃を全摘
それから胃周りを
郭清して終わったけど
医師は
私に手遅れだ」と
私に説明したの

順子は
そのことを思い出し
涙目になっていました。

それを見た野村は
順子の話は
本当だと
思いました。

45
野村は
順子の話を聞いて
一瞬ドキッとして
体が
熱くなりました。

癌の告知を
直球できても困る
と言うように思いました。

でもよく考えると
野村は癌ではなく
将来癌になると言う
予言だから
癌の告知ではないのでは
とも考えました。

野村の頭の中では
癌=4年後に死亡
と言う図式ができて
もう何が何だかわからなくなってしまいました。

野村が
黙って
下を向いたままでいると
順子が
「大丈夫!
今なら大丈夫だから
心配なんかする必要ないの」
と優しく告げました。

野村は
「順子は大丈夫だと言うけど
その根拠は何なの
僕は
4年後に死ぬんだろ
死ぬときなんかわからない方が良いよ」
と少し甲高い声で
言いました。

順子は
自信ありげに
「大丈夫
私は未来から戻ってきたのよ。
あなたの胃がんが手遅れだと
聞いたとき色々と
調べたの
そうしたら
野村さんの
癌は胃のレントゲンでは
見つけにくいところにあるけど
胃カメラなら
早く見つかって
手遅れにならないだろうと
お医者様は
言ってくれたの

それを聞いたときは
そんなこと今さら聞いても
その時は仕方がなかったけど
30年も経って
役に立ったの

早く見付ければいいの

野村さん
きっと助かるから
大丈夫」
と言ったので
野村も
ほんの少しだけ安心しました。
46
野村は
順子の
助言に従い
胃カメラを
飲みました。

その結果は
大丈夫でした。

その結果が出た直後
例の事故が起きて
多数の人が亡くなりました。

野村にとっては
順子の予言通りの結果で
野村は
その真実に
背筋が寒くなりました。

順子にとっては
予言でもなくて
単に記憶だったのですが
野村に信じられて
嬉しくなりました。

野村は
次に起こる
事故を聞いてきました。

飛行機事故は
たまたま
近所の子供が
乗っていたから覚えていたもので
順子は
そんなことを
いちいち
覚えていません。

それを伝えると
野村はがっかりしていました。

でも野村は
前の世界で
結婚した
順子が
またこの世界でも
自分との結婚を
選んでくれたことに
本当に喜んでいました。

それで
ふたりの結婚生活は
とても
仲良くて
幸せそのものでした。

順子の友達の冴子も
うらやむほどの
仲の良さでした。

しかし癌の恐怖は
段々と大きくなってきました。
6ヶ月おきに
胃カメラを使って
お医者様が
不審に思われてしまいました。

そうして
4回目に
胃カメラを使ったとき
癌の診断が下りました。
47
癌とわかって
順子と野村は
ホッとしました。

医師の説明では
ごく初期で
手術が充分に間に合うと
言っていました。

安心しました。

順子が言うには
前の世界では
約1年後に
わかって
手遅れになると言うことでした。

1週間後
野村は手術をします。
手術後の説明でも
摘出した胃の一部を
見ながら
裏まで癌がないと言うことでした。

しかし麻酔が覚めて
ICUで面会した野村は
「痛い
痛い
こんな痛いなら
死んだ方がまし
、、、」
と野村は悲痛な声で
言っていました。

順子は
可哀想だったけど
順子は
「残念でしたね
あなたは
死ねません。
生きるしかありませんよ
何年も何十年も
私と一緒に
生きるのよ」と
笑いながら
答えました。

野村も
笑おうとしたのですが
お腹に響いて
痛いので
笑いを
かみ殺していました。

3日後に
ICUから出て
6人部屋に変わると
看護婦さんが
早くトイレに行って
運動するように
野村に言ったので
これも痛い思いをしながら
トイレに行っていました。

つらい入院も
1週間後には
痛くなくなりました。
そして
2週間後に
退院の運びとなります。
2週間分の抗がん剤を受け取り
家に帰ります。

安全を見込んで
胃を全摘してしまったので
たくさんを一気に食べられないの
ちょっとずつ食べていました。

それと
麺類は
詰まって
うまくおなかの中に入らないので
うどんやラーメンは
順子は作らないようにしていました。

前の
経験がありますので
食事を
順子は
バッチシ作れました。
48
野村は
病気のために
少し休んだのち
会社に出社します、

会社では
前と変わりなく仕事も出来て
完全復帰しました。

前の世界でも
手術後3ヶ月は
何の症状も無く
働けて
仕事が出来ました。

順子は
心配でした。
三ヵ月後
おなかが痛くなり
何も食べられなくなって
ついには
1年後なくなってしまうのです。

でも
今の世界では
大丈夫と思ったのですが
心配でした。

順子の心配とは裏腹にというか
幸運にも
3ヵ月後との
検査も異常がありませんでした。

そうして
待ちに待ったと言うか
来ててほしくないと言うか
その時がやってきました。

その時とは
前の世界で
野村が亡くなったときです。

気にしてはいけないと思って
野村には
詳しい日時を
告げなかったので
その日は
順子だけが
知っていたのです。

その日の
その時間を
一緒に暮らすために
順子は
その日は
平日でしたが
休んでくれるように
お願いして
家族4人で
家で過ごすことにしました。
49
前の世界で
亡くなる日を
家族4人で過ごすことになります。

野村は
なぜ今日
休んでほしいと
順子が言うのか
わかりませんでした。

手術後
定期検査以外は
休んでいなかった
野村にとっては
予定の無いこの休みを
ゆっくり過ごすつもりでした。

長女と次女が
小学校と幼稚園から帰ってきて
4人がそろいました。

子供たちは
家に帰ると
父親が居るので
とってもうれしく思いました。

こんな風に
夕方まですごしました。

野村は
夕ご飯を
作ることになります。

4人で作れる
カレーを作りました。

ワイワイ言いながら
楽しく作って
テーブルに並べました。

順子は
涙が出るくらい
最高のおいしいカレーでした。

食べ終わって
丸いケーキが
テーブルに出されました。

長女が
「今日は誰の誕生日なの
お母さんじゃによね
お父さんの誕生日?」
と聞いてきました。

順子は
「今日は誰の誕生日でもないけど
今日は
お父さんの
新しい誕生日なのよ」と答えました。

野村は驚いて
「今日がなぜ新しい誕生日なの」
と聞きました。

順子は
やさしく
「今日は
前世界では
お父さんが
亡くなる日なの
今日から
前の世界では
子供と3人で
暮らしていくのよ

寂しい世界なのよ
今日は
新しい世界の始まり
今までは
筋書きがあった世界だけど
未来は文字通り
未知の世界なの

よろしくね
お父さん」
と話して
頭を下げました。

長女は
「前の世界って何
お父さんが亡くなるって何
何なの??」と
尋ねました。
50
家族全員で臨んだ
ちょっと変わった記念日を
無事終了しました。

終わった後
順子は
野村に
言いました。

順子:
無事に今日一日が終わって
大変うらしいわ

前の世界では
野村さんが亡くなって
子供ふたりを抱えて
苦労したのよ

あなたのご両親や
私の親にも頼って
何とかなったけど
それに前田さんにも
お世話になったの
前田さんはね
駅売りのパートを
私に紹介してくれたの

前の世界では
11月から
私はキオスクのパートを始めるのよ。

あなたが居るから
そんな仕事をする必要が無いことは
分かるけどね
勤めないと
いけないと思うの

野村:
何故なの

野村はすこし不思議でした。

51
少し小声になって
順子は
「子供には内緒よ
絶対に言ったらだめよ。

あのね
ふたりの子供の
結婚相手は
私が
お店で働いている時に
来ていたお客さんなの

子供が遊びに来ていてね
偶然知り合って
結婚することになるの

それからね」
といって
話を
順子は
止めました。

その先
20年のことは
自分は
経験済みですが
そんなことを
野村に話すのは
よくないと
思ったのです。

未来は
未知だから
「生きていけるの」と
改めて
思いました。

先が分かっている
未来なんて
経験してみて
分かったのです。

それに
こんどの
今の世界は
前の世界と違って
野村が生きている
世界だしと
おもいました。

でも
やっぱり
私は
前田さんの
紹介で
駅の売店に絶対勤めなければならないと
おもいました。

この幸せを
長続きさせるために
52
野村が
娘の結婚相手のことを
あれこれ聞いてきましたが
「それは
秘密にしておきましょう。

それに前の世界とは
全く違うし
私は
凄く幸せだし

きっと
前の世界と
違うかも知れないし」と
答えました。

「でも
前の世界のことを
考えて
やはり
私は
勤めに行きたいの

今の幸せが
怖いのよ」と
付け加えて
共稼ぎを
了承してもらいました。

同じように
前田さんの
紹介で
駅の売店で
勤めはじめました。

前の世界では
お金に汲々として
売店の仕事をして
帰ってから
子供の世話をして
家事をして
休みもなく動いていました。

そんなに働いても
子供ことを
相談する相手もなく
すごしていました。

この世界では
どんなに忙しくても
優しい野村がいるし
家事も
手伝ってくれるので
安心でした。

売店の勤務も
嫌なお客もいるので
前の世界では
すこし嫌でしたが
同じように嫌な客が来ても
うまくこなせるようになりました。

うまくこなせると
「やった-」と
思わず
心で叫んでしまいました。

同じ
状況でも
幸不幸は
気の持ちようかと
思いました。


53
子供の
参観日でも
前の世界では
日曜日でも
勤務があって
行ってやれなかったのですが
今度は
夫婦
ふたりですから
どちらかが
行くことができました。

運動会や
音楽会なんかは
夫婦揃って
行ったのです。

前の世界とは
大きな違いです。

こんな違いを生じると
順子が経験した
前の世界と
同じことが
起きないのではないかと
思いました。

しかし
順子が
覚えている限り
野村がいること以外
前の世界と同じです。

ふたりの娘の友達や
成績
先生
なども全く一緒です。

中学校生になって
部活をして
軟式テニスをしますが
ダブルスで
県大会の
準決勝で惜敗するところも
同じなのです。

冴子が生きていて
前田と結婚して
野村も生きている
この世界でも
前の世界と
同じ結果になるということです。

なにか
超自然的な力が
働いていて
前の世界と
同じようになる様に
仕組まれているのではないかと
順子は
思うようになりました。

54
どんなことがあっても
前の世界と
同じようになるのなら
順子は
良かったと
思うようにしました。

一応
ふたりの娘は
幸せに結婚もでき
孫も生まれて
順子は
幸せだと
思うのです。

いや一応ではなく
絶対に幸せだと
思うのです。

だから
前の世界と
同じように事柄が進んで
同じ幸せの結果になることが
保証されているなら
これに勝る
幸せはないと
確信しました。

だからといって
売店を辞めて
悠々自適に
主婦業を
する気にもなりません。

やっぱり
順子の
性格では
がんばるしかありません。

そんな感情を
野村に話すこともなく
時間は過ぎていきました。

日々が過ぎ
時代は
バブルの崩壊
金融機関の破綻
そして
不景気がやってきます。

野村の勤めている会社も
例外ではありません。

本業の
テレビチューナーが
機械式から
電子式に変わり
売り上げは
なくなってしまいました。



55
野村の会社は
大幅に
人員整理をすることになります。

チューナー工場も
閉鎖転売です。

研究所勤めの
野村も
人員整理の対象となって
辞めることになりました。

当時始まっていた
リストラの嵐が
野村と
順子を襲います。

前の世界では
こんな不景気になる前に
売店に勤めはじめていて
不景気だと言うことは知っていたし
チューナー工場が
なくなっていたことも
知っていました。

でも
その時は
実感がわかなかったのですが
野村が失業して
ショックでした。

野村が
人員整理・リストラになったのを
この世界で
始めて経験したのです

当時から使い始めてた
リストラと言う言葉が
順子とっては
全く意味不明でした。

そこで
野村に聞きました。

野村は
几帳面に
リストラの語源から
綴り・意味
そして背景まで
聞かせてくれました。

大変なことなのに
詳しく教えてもらって
何か幸せという”きぶん”になって
しまっていました。



56
実際の再就職は
かなり大変でした。

時は超氷河期と言われた時代です。

野村は
35歳を過ぎていましたし
これといった
役に立つ資格も持っていなかったのです。

チューナー工場の
研究職でしたから
その方面では
相当な技術と
知識があったのですが
それは
過去のものでした。

就職活動は
失業保険が
切れる頃まで続きます。

その頃になると
野村は
すっかり
主夫になっていました。

家のことを
問題なく
こなしたのは
野村の才覚でしょう。

経済的には
几帳面な野村の蓄えと
失業保険で
問題なく
すごしていました。

順子の収入など
アテにはしていなかったのですが
野村は
順子に
気兼ねに思っていました。

順子もそれは
分かっていて
そんな思いをさせないように
心がけていました。

そんな微妙な
時期も
順子には
前の世界と比べると
楽しく思いました。

子供も
父親が家いて
嬉しそうだったのです。






57
野村が
ずーと家にいて
楽しくすごしていた
順子でした。

でも
野村は
大学の教授の
世話で
化粧品会社の
研究員として
再就職を果たしたのです。

化粧品は
当時新しく出てきた
ナノ化技術によって
飛躍的に
伸びようとしていたのです。

電気技術を持っている
野村が
活躍する場所が
新しくできました。

化粧品会社は
9時から5時まで
勤務時間が
かなり正確で
30分の通勤時間が
要りますので
家を
8時に出て
5時半には
帰ってくる
決まった
日々が続くのです。

野村は
家では
会社の仕事を
持ち帰って
案を練っていたようですが
順子には
難しくてわかりませんでした。

順子は
超氷河期の
この時代にも
良い会社に勤められて
良かった
幸せと
思いました。




58
子供たちは
お昼間
家にいないし
食事後も
何か考えていて
子供たちと遊ばないので
不平に
思っていました。

順子は
主婦業も
しなくてはいけないので
忙しくなりましたが
その忙しさが
幸せに
感じていました。

そんな時間も
過ぎていき
子供は
大きくなって
来ます。

子供に世話がかからなくなって
順子は
仕事を
少し増やしていくのです。

前の世界でも
していたので
そうしたのです。

長女が
高校を出て
OLとして勤めはじめました。

毎日
順子の
勤めている
売店の前を
通ることになります。

前の世界でも
あったことが
今の世界でも
同じように起こってしまいます。

それは
長女の
結婚へと
繋がっていきます。

59
売店の仕事は
画一的です。

毎日
同じ客が
同じ時間に
同じものを買っていきます。

そして
できるだけ早く
計算して
お金を頂戴して
商品を渡して
仕事を終えないといけません。

要は
パッパと
行うのです。

そんな仕事を
手早くこなしていると
いろんな人が
たくさん来ています。

若い人もいるし
年寄りもいるし
女の子も
男の人も
いました。

順子は
笑顔で
応対するように
心がけていました。

笑顔で応対すると
笑顔で答えてくれる人も多く
それが
仕事の
励みになりました。

順子は
前の世界で
大変ななか
そんな風な
考えに至ったのです。

それで
今の世界でも
笑顔を心がけていました。

もちろん
野村や子供たちにも
笑顔で接していましたが
他の人も接していたのです。

野村は
売店の前を通ると
順子が
活き活きと
笑顔で
仕事をしているの
よくみていました。





60
売店の
お客さんの中には
朝から
話をして
行く人もいました。

その中に
朝必ず
牛乳を飲んで
電車に乗っていく
高校生がいました。

毎朝決まった時間に
月曜から
土曜日まで
同じように
牛乳を
買って
その場で
一気飲みして
電車に飛び乗って
行くのです。

はじめは
順子は
「ありがとうございます。」だけの
言葉でしたが
段々と
社交辞令から
いろんな話へと
変わっていきました。

その男の子の名前も
聞いていました。

海老沢君で
近く
有名進学校に
通っていて
朝食の代わりに
牛乳を
飲んでいくのだそうです。

順子は
気の良い
高校生と
思っていました。

そんな話をする
お客は
他にもいましたが
一番若いのは
海老沢君でした。

順子は
美人ではなかったけど
誰からも好かれるような
可愛い性格だったのです。




2016年09月10日(Sat)▲ページの先頭へ
ブログ小説「突然30年前に戻った順子の場合」その59

売店の仕事は
画一的です。

毎日
同じ客が
同じ時間に
同じものを買っていきます。

そして
できるだけ早く
計算して
お金を頂戴して
商品を渡して
仕事を終えないといけません。

要は
パッパと
行うのです。

そんな仕事を
手早くこなしていると
いろんな人が
たくさん来ています。

若い人もいるし
年寄りもいるし
女の子も
男の人も
いました。

順子は
笑顔で
応対するように
心がけていました。

笑顔で応対すると
笑顔で答えてくれる人も多く
それが
仕事の
励みになりました。

順子は
前の世界で
大変ななか
そんな風な
考えに至ったのです。

それで
今の世界でも
笑顔を心がけていました。

もちろん
野村や子供たちにも
笑顔で接していましたが
他の人も接していたのです。

野村は
売店の前を通ると
順子が
活き活きと
笑顔で
仕事をしているの
よくみていました。






プロのブロガーは、月商3000万円の人もいるらしい

私が
ブログを始めて
たぶん
10年くらい経っています。

おかげさまで
800万ページビューも
頂きましたが
だからといって
このブログで
私が
直接
お金を稼いだと言うことは
全くありません。

皆様の
貴重な時間と
私の
怠惰な時間を
消費したに過ぎません。

世の中には
プロのブロガーという方がおられて
月商3000万円も
稼いでいるかたも
いらっしゃるようです。

尊敬します。

だからといって
応援はしませんが
凄いですよね。

本当に
私は
怠惰な時間を
すごしたと
思いますが
人間には
怠惰な時間も
必要だと
言い訳がましく
言わせてもらいます。

ごめんなさい。






1 2    全41件