ロフト付き は、おもしろい - 2011/11

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4572)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2011年11月
   
     

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (07:04)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)
ブログ小説「妖精の休日」その126 (6/2)
「厭戦(えんせん)」と言う言葉を知らないのでしょうか。 (6/1)
ブログ小説「妖精の休日」その125 (5/31)
ブログ小説「妖精の休日」その124 (5/30)
「そうですね」乱発 そうなの? (5/30)
ブログ小説「妖精の休日」その123 (5/29)
ブログ小説「妖精の休日」その122 (5/28)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (181)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (24)


アクセスカウンタ
今日:5,195
昨日:6,253
累計:9,669,677


RSS/Powered by 「のブログ

2011年11月30日(Wed)▲ページの先頭へ
二股ソケットが、、、

読者の皆様は
お若い方が多いかと思いますので
二股ソケットを
知らない方が多いと存じます。

知らない方は
誠に申し訳ございませんが
インターネットで調べてから
お読みください。

お手間をお掛け致しまして
申し訳ございません。

さてその二股ソケットですが
家の倉庫を
捜し物があって
探している時に
偶然見付けたんです。

今もホームセンターに売っていますから
それほど珍しい物でもありませんが
かなり古い物を見付けたんです。

私の子供の時のことを
思い出してしまいました。

私の家は
おもちゃを買うお金がなかったので
近くの家で不要になった物を
もらってきたり
あり合わせの物で
私は子供の時に遊んでいました。

その中に
二股ソケット
正式には
ト型二股ソケット
がありました。

どんな風に遊ぶかというと
これを
拳銃にして遊ぶのです。

子供の手には
ちょうど良い大きさで
握るところもあって
子供には
立派な拳銃とうつったのでしょうね。

そんな物を持って
口で
「バンバン」といって
遊んだ記憶がありました。

今も幸せですが
あの
二股ソケットをもって
遊んだ頃も
良かったと
思います。

ありがとうございます。
きっと私の幸せを
作ってくれた人が
いるのでしょうね。
ありがとうございます。


2011年11月29日(Tue)▲ページの先頭へ
日が暮れるのが早くなったような

秋ですよね。

日暮れが早くなって
何か物悲しい感じがします。

そう感じるのは
私だけでしょうか。

以前は
秋は
暑くもないし
寒くもないし
その上花粉症もないし
一番好きな季節だったんですが
何か
郷愁を感じる
秋は
今年は嫌いです。

でも
寒い冬は
もっと気が沈みこみそうで
嫌な予感がします。


皆様は
秋は好きですか。

紅葉が綺麗で
行楽の季節
一般的には
皆様好まれる季節ですよね。


でも



2011年11月27日(Sun)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主がドラッカーを読んだら その12

皆様は
決断と実行の方々だと
おもいます。

しかし
私は優柔不断
もちろん
実行もしません。

でも
ドラッカーは
あえて
実行しない決断も
大事だと説いています。

実行しないこと
決断しないことによって
事態を
悪化させず
好転させることもあり得ると
説いているのです。

組織の中では
何もしないと
無能だと
評価されるのが怖くて
間違った決断をすることも
あるそうです。


そうですよね。
あえて決断しないことは
良いことなんですよね。

そんなことを考えると
優柔不断で
不言不実行
の私は
きっとドラッカーに
褒められると
思います。

そんなことないですよね。
すみません。





2011年11月24日(Thu)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その10

今日は当地では
北風が吹いて
風冷えします。

皆様は
寒さにお強いですか。

私は
寒いのはいやです。
もちろん暑いのも
いやです。

単なるわがままですが
寒さに
耐える方法を
母は教えてくれました。

それは
厚着をすることです。

人間は生きている限り
熱を産生します。
その熱を
絶対に逃がさなければ
暖かくなるのは
当然です。

母は
冬には
たくさん着込むように
私に言いました。

暖かくなるまで
服を着ればいいのです。

母の教えに従い
私は
冬になると
厚着です。

いや冬になる前から
厚着です。

今日
私は
下は5枚
上も5枚着込んでいます。

暖かいです。

それから
もっと暖かくなる方法があるのです。

母は
その方法を
「順番」と言いました。

順番に上と下を
交互に
お腹と腰に
重ねていく方法です。

下の下着を履いて
その上に上の下着を着て
その上に下の下着を履いて
、、、、、、
と繰り返すのです。

何枚も着ている私は
お腹と腰回りが
即ち
10枚になります。

それも
風を絶対に入らさない
構造になっているのです。

暖かいですよ。

そうそう
数年前
へそだしの
ファッションが
冬場になっても流行っていたことがありましたよね。

あれって
寒かったでしょうね。

私は
寒い時には
暖かい服装
暑い時には
涼しい服装にすることが
母の教えで
省エネにもなるし
一番良い方法だと思います。



2011年11月23日(Wed)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その9

見送りはどのようにしていますか。

一期一会
人生に一度しか会わない人と
どのように会って
どのように分かれるか
それは
人間性が出てしまいます。

母は
何度も会う人でも
一度しか会わない人でも
分かれる時は
見送りのために
家の外に出て
見送ります。

現代のビジネスでは
常識になっているこの見送りの方法を
実践していたように思います。

そればかりではありません。

私が毎朝学校に行く時でも
外まで出て
見送ってくれました。

すぐに帰ってくる
土曜日も同じようです。

お見送りは
良い習慣と思います。

皆様は
どのように
お考えですか。






2011年11月22日(Tue)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その8

母は節約家でした。

自分のものは
殆ど買いませんでした。

白黒テレビも
相当長く見ていましたし
アナログテレビ時代には
14インチのブラウン管テレビを
見ていました。

でも
母は
家の物には節約家でしたが
事業では
積極的です。

農家の時代の時には
早く
耕耘機を買ったり
良い農機具を
買いました。

事業をし始めると
積極的に
投資していきました。

リスクもあったように思います。

母は
「仕事の道具は
成功するためには
良いものを揃える必要がある。」
と私に教えてくれました。

事実積極的な投資で
事業は
成功したのです。


リスクのある事業で
母の度胸は
相当なものだと
感心しました。

皆様は
仕事には
良い道具を
揃えていますか?






2011年11月21日(Mon)▲ページの先頭へ
大阪府と大阪市は合併すべきか否か

大阪府民でもない
私は
第三者的意見で
大阪市長選挙について
考えてみます。

大阪市と
大阪府を
統合しようとする
候補と
それを阻止しようとする
候補が
選挙を争っているようです。

新聞では
統合派が
有利と報道されているようです。

全国の人は
大阪市民以外は
あまりご存じないので
言いますが
電車が
車が
大阪市内にはいると
街は綺麗です。

舗装は
綺麗にできていて
石やタイルで舗装されたところも
大阪市内には多く
建物の立派なことと合わせて
大阪市は
相当お金があるように思います。

一方大阪市以外は
特に南部に行くと
落書きが目立ち
ちょっと
寂れたような
街が続いています。

(このように感じるのは
私の意見ですので
間違っていたら
申し訳ございません。

でも統計で見ても
大阪市と
それ以外の
大阪府の市町村では
差があるようです。)

短絡的に言えば
お金持ちの大阪市と
ちょっとの大阪府が
一緒になると言うことです。

ちょっとの大阪府にとっては
お金持ちの大阪市と一緒になることは
本当に良いことですよね。

でも
大阪市民にとっては
どうなんでしょうね。

広い心で
それ以外の人を
救ってやろうとするのでしょうか。

統合派が
当選しそうなので
きっと
大阪市民は
良い方ばかりで
利己的でなく
ちょっとの大阪府を
救う
相当な篤志家が多いのでしょう。

大阪市民て
よい方ばかりで
良かったです。

できれば
尼崎も
合併して欲しいくらいです。

ちょっとそれは無理でしょうか。







母が教えてくれたこと その7

節約は大事ですよね。

入るを計って 出るを制す

お金の使い方の基本だとともいます。

分相応の
お金は使うのだと
母は教えてくれました。

でも
母が事業に成功して
それなりの収入があるようになっても
母の
消費は
多くはなりませんでした。

前にも言ったように
「死ぬようになってから
ものを買う必要はない」
と
思っていたのでしょうか
母は
自分のものは
殆ど買いませんでした。

下着を含めて
古い服を
着ていました。

鞄も
古いものでした。

節約に節約を重ねていたように
思います。

節約が身に付いていたのかも知れませんね。



2011年11月20日(Sun)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その6

私は病弱でした。

母も病弱でした。

何度も入院した母は
私がお見舞いに行かなかった日の
翌日
私が行くと
私に次のように言いました。

「お見舞いは
病人の顔を見たいから
行くものではない
もっというなら
何か用事があるから
行くものでは絶対にない。

病人が来て欲しいから
行くものであって
病人が来て欲しいと
思うようなら
毎日
行かなければならない。

もちろん来て欲しくないと思われているようなら
行かない方がよいものである。」

そうだと思います。

お見舞いは
病人のために行うものですもの



2011年11月19日(Sat)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その5

母の兄は
聡明で働き者で
やさしい人だと
聞いたことがあります。

でも
先の大戦で
中支(中国の揚子江から黄河までの広大な地域)で
戦死致しました。

母は
兄が生きておれば
苦労は
半減し
母の母は
もっと幸せだっらろうと
言っておりました。

でも
お国のために
戦死したのです。

兵役・義務教育・納税は
国民の3大義務だから
逃れることはできないと
言って
戦地に赴いた
お兄さんと
それを
見送った妹
その兄弟は
当時の日本人なら
殆どの人が持っていた
愛国心だと思います。
(もちろん戦争の是非については
議論のあるところです。)


お兄さんの戦死から
30年近く経って
母が事業に成功して
納税の義務が発生した時
取引先の人たちは
いろんな節税
あるいは脱税ギリギリのことを
言ってくる者がありました。

そんなときは母は、
「少なくない税金を
納められて
幸せです。

先の大戦では
一番大切な
命さえ
納めた人が大勢いるのだから
すべてを持っていかない
税金を納められるのは
幸せだ」と
話していました。

母は
事業のために
経費が要ることも
税金が必要なことも
それは至極当然と
考えていたのです。

そんなとき
きっと
やさしかった
兄のことを
思い出しているのかも知れません。

兄の墓は
西宮市の
戦没者の墓に
2番目の大きさであります。

戦争のために
命を投げ出した人と
今回の地震のために
徴税に応じる人
どちらも
私は偉いと思います。
















2011年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
新しいスーツは買うべきかどうか?

小社の
互い違い階段が
尼崎ものづくりグッドデザイン賞優秀賞を
頂戴することになりました。

今日手紙で
11月25日に
尼崎市長から賞状授与されるそうです。

それを聞いた女房殿は
新しいスーツを
新調した方がよいと
言ってくれました。

今のスーツは
よれよれで
もっと良いものを
と言っていることについては
有り難いともいますが
私は乗り気ではありません。

私は
「棺桶に
片足どころか
両足突っ込んでいる
この身では
必要ない。
死ぬようになって
新しい物など買う必要がない。」と
言っています。

この
言葉
何時も私の母が
言っていました。

60才頃から
良く言っていました。

自分のことは
しまつしていた
母ですので
そんな風に言っていたのか
死期がが近いと思っていたのか
今となってはわかりません。

そんなことを言いながら
95才まで生きました。

でも
私の場合は
そんな幸運は
まずあり得ない様な気がします。

母は
私の時には
あと
10年は生きたいと
言っていましたが
私は
あと1年と
言っているくらいですから
違いは歴然です。


今度の
式には
少し古いスーツで
出ますので
よろしくお願いします。





2011年11月17日(Thu)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その4

母は
実用性の高いことも
教えてくれました。

例えば
右と左です。

たぶん私が
小学校一年生の頃
私に教えてくれました。

私は
母の前に立ち
母が
右と言えば
右を向き
左と言えば
左を向くのです。

はじめは
ゆっくりと
右または左を言ってくれました。

左は
お茶碗を持つ手の側
右は
お箸を持つ手の側
だと教えてくれたのですが
ドジな私は
すぐに反応できず
間が空いてしまったこともありました。

でも
1時間近くやっていると
覚えるものです。

母は
飽きないように
褒めながら
してくれますので
私も
悪のりして
そんな長い時間
飽きずにやっていたのかも知れませんね。

そんな風にして覚えた右左ですが
自分の右左と
相手も右左が
逆になることに気が付くと
何かごっちゃになって
混乱してしまった
記憶があります。

皆様は
如何ですか。






2011年11月16日(Wed)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その3

前回の
トイレットペーパーのかわりに
新聞紙を使っていたのは
くみ取り便所の頃です。

水洗便所になった
昭和40年後のには
ちり紙を使っていたように思います。


昭和47年になると
例のトイレットペーパー騒動が起きるのですが
我が家では
そんなに
あわてませんでした。

買い置きが少しあったことと
なくなれば
新聞紙を使えばいいと
言うことで
全く動じませんでした。

文明になれると
後戻りできないのかも知れませんね。


でも
私の家では
多少の後戻りは
できるみたいだったように思います。

母は
生きていることに
いつも
「ありがたい」と
言っていました。

節約が
身に付いていたのかも知れません。




2011年11月15日(Tue)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その2

私の記憶の中で
一番古い
母が私に教えてくれたことは
「お尻の拭き方」です。

教えてもらわないと
わからないことは
たくさんあるけど
これが
そのひとつであるかどうかについては
分かれるところです。

でも
正しく教えてもらったほうが
良いに越したことはありません。

それも早いうちが
最善です。

母は
私に
小さな箱を用意して
それを
お尻に見立てて
拭き方を教えてくれました。

当時は
チリ紙・トイレットペーパーなどは使いませんでしたので
新聞紙を
4回半分に切って
それで拭きます。

まず新聞紙を
3枚程度取り
両手でもみます。
それを
利き手に持ち
親指とそれ以外の指で
お尻をふき取ります。

このとき重要なのは
親指を体の前側にして
親指を
後ろに移動する様にふき取ります。

ふき取ると同時に
新聞紙をたたみます。

新聞紙を
たたむ様に握った後
お尻に当てると同時に
親指を抜き去り
親指以外の
指が持っているところと
反対側に
親指を当てます。
そして
親指で
お尻をふき取り
そして捨てます。

言葉で書けば簡単ですが
1回目から2回目に
移っていくのが
難しいところです

それを
母は
やってみせて
私にやらせえました。

1時間ぐらい
練習すると
できるようになりました。


それから
重要なことは
二度拭きはしない
前から後ろに向かって
ふき取る
特に女性は
厳守しなければならないと
教えてくれました。

後でわかったことですが
拭き方によって
尿路感染症のリスクは
かなり違うようです。


こんなことを
知らない人はいないと思いますが
人間が
健康で快適に生きていくためには
必要だと思います。

でも
新聞紙は使いませんよね。






































        

2011年11月14日(Mon)▲ページの先頭へ
母が教えてくれたこと その1

私の良き母は
私にとって良き教育者でありました。

私に教え示した事柄を
すべて理解できていれば
私は
博学と言われていたかもしれません。

そのほとんどを
忘れてしまいましたが
未だに忘れない
いくつかの事柄について
お話しさせて頂きたいと思います。

母は
日常生活上のことから
学校で習うような事柄
社会の出来事
医療について
人間関係
歴史
などあらゆるジャンルで
私に教え示してくれました。

身をもって示したものや
教訓として示したもの
ほめて示したもの
怒りを込めて教えてくれたこと
その方法もさまざまです。

そんな
人生の
指針となること
あるいは生活に絶対必要なことがら
社会の常識
などを
あえてこのブログで
皆様に
お話しさせて頂きます。





「強く生きよと 教えてくれた」

有名な演歌「おふくろさん」の
2番の歌詞です。

「強く生きよと 教えてくれた」

私は
強い母の庇護の元
ぬくぬくと生きた関係でしょうか
強い精神力を持ち合わせしておりません。

神戸市役所に勤めているときも
「こんな仕事
もうイヤ」と言って
辞めてしまうほどです。

そんな時
母はどのように
思ったのでしょうか。

自分がいなくなった後の
私の将来を
大きく案じたのに違いありません。

そこで
私に
仕事を作りました。

でも
仕事だけでは
ダメだと
考えていたのでしょう

母は
私に
もっと強く生きるよう
手本を
示す必要がありました。

それが
23ヶ月にわたる
闘病生活だったと
思います。

賢い母なら
きっと
そんな事を
考えていたのでしょう。

私は
強く生きなければならない
大きな運命を
頂いてしまいました。

「お母ちゃんありがとうございました」





2011年11月13日(Sun)▲ページの先頭へ
巨星落つ

私にとって
偉大な指導者
偉大な恩人
そして偉大な母親が
今日昇天致しました。

生前のご厚情に
厚く御礼申し上げます。

母は
大正5年に
裕福な家に生まれたのにもかかわらず
父親の散財のため
数え歳13歳(満年齢で12歳)で
逓信省(今のNTT)に通信書記(電話交換手)として奉職します。

成人した母は6尺(182cm)もある長身ですが
13歳の時はまだ背が低く椅子の上に台を置いて
座って電話交換業務をおこなったそうです。

数年の後
今の和光純薬(武田薬品)に電話交換手として社員待遇で
勤めを変えました。

戦争中は
アメリカ軍の戦闘機からの
機銃掃射の雨の中をくぐり抜け
戦後は
老いた母親と姪と甥をを世話をしながら
食糧難を切り抜けました。

結婚すると
きつい農作業に従事して働き
夫が半身不随になると
その看護・今で言うリハビリ・農業・家事・ふたりの子供の育児をすべて
やってのけます。

50歳になって
不動産業を創業し
大きな財産をこしらえます。

大正・昭和・平成を
一気に駆け抜け
20世紀の変動する荒波を
乗り越えてきた
母は
今日その歴史を
今閉じました。

人生の
終焉に際しても
こんな風に
生きるのだと言わんばかりの
23ヶ月にも上る
闘病生活をしました。

こんな偉大な
母親の子供として
私は生まれたにもかかわらず
その恩に全く報いることもなく
ただただ見守るだけに終始した私は
きっと責められるのが当然と思います。

大恩ある
母に殉じて
死を選ぶのが筋ではないかと思いますが
母が最期に
そのつらい闘病生活で示した
「力強く生きるのだ」を
遺言として
私は
この世界で
もう少し
母の偉業を
継ぎたいと思います。

あと何年・あるいは
何ヶ月かわかりませんが
浄土で会ったときに
すこしは
褒められるように
今後ともがんばっていきたいともいます。

「お母ちゃん
少し待って下さい。
あの世でも
親子でありますように
、、、、、、」

皆様も
温かい目で
私を見守って頂きたく
伏してお願い申し上げます。

         著者敬白









2011年11月12日(Sat)▲ページの先頭へ
「ころっと死にたい」は人間として正しい行いか?

若いときには
そんな事を
話すことはないでしょうが
歳を取っていくと
どのように死にたいかと言うことが
話題になってくると思います。

そしてその結論は
きっと
「ころっと死にたい」
「ぽっくり死にたい」と
言うことになると思います。


もちろん
遠い未来として
話しているから
そんな事をいえるので
今まさに
心筋梗塞に襲われて
手の届くところに
AIDとドクターがいたら
きっと
「助けて」と
叫ぶと思います。

でも
遠い未来であっても
そんな風に思っても良いものかと思います。

人は
ひとりではありません。

支え合って生きていいます。

「ころっと死にたい」と思っている人も
誰かを支えているし
誰かに支えられていると考えた方が良いのではないでしょうか。

そんな中で
「死んでほしくない」
と思っている人が
一人でもいれば
どのような苦労を乗り越えても
生きていかなければならないのではないでしょうか。

皆様は
どのようにお考えですか

でも
「死んでほしくない」と
思ってもらえるような
良い人徳を
積む方が
大事かもしれませんよね。






2011年11月11日(Fri)▲ページの先頭へ
絶対に1の次は2なのか

1の次は2と決まっています。

でも
1の次は
また1で
その次も
1
ずーと
1が続いたら
、、、、

と思うことがあります。

今日は
2011年
11月
11日

1が続きますが
明日は
12日です。

1977年7月7日の時にも
そんなことが
ニュースになったような気がします。

続くのが望みなんでしょうか。

皆様は
どんな風にお思いますか。

「万物は
流転する。」ものでしょうか。


2011年11月10日(Thu)▲ページの先頭へ
「幸せすぎて 怖い」

確かそんな歌があったと思うのですが
検索できません。

私は
あらゆる面で幸せです。

世は無常ですから
最高の幸せの次は
次善の幸せです。

即ち比較ですが
時間が経過すると
ちょっと不幸せになるのです。

だから
怖いのです。

最高の幸せに慣れた私は
2番目の幸せの時
不幸せに感じるのではないかという
心配は
大きくなるばかりです。

皆様
不幸せは
怖いですよね。

それにもまして
最高の幸せは
怖いかもしれません。


どのようにお考えですか。



2011年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
夜が眠れないのは貴重なこと その2

私は
夜眠られません。

と言いながら
たぶんよく寝ているのですが
この
時間が大切な時間です。

起きているとも
寝ているとも
いえないような
そんな時の
発想は
奇想天外です。

もともと
つまらないことばかり
考えている私ですから
もっとひどい
考えが浮かんでしまいます。

夢の中のような
現実な様な
そんな世界です。


そんな世界で生まれたのが
私の
特許/実用新案/意匠登録です。

互い違い階段の
各タイプは
寝ているときに
発想したものです。

寝ているときは
昼間より
頭が冴えるみたいです。

と言うか
夜の方が
少しましになると考えたほうが
良いかもしれませんよね。

10日前ほど
また考えたのですが
これが
わたしは
すばらしい考えだと思うのですが
、、、

夜は大切な時間です。
皆様も考えられたら
いかがですか。






2011年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
夜が眠れないは、貴重なこと

睡眠薬という薬が
存在すると言うことは
きっと
夜が眠れない人がいて
それが苦痛だと言うことでしょう。

私は
物心ついたときから
夜には目が覚めます。

中学生くらいの時まで
それは
苦痛でした。

遠い昔なので
よく覚えたいませんが
そう苦痛以外の何物でも
なかったように
思います。

でも
ある現象に
気が付いたのです。

昔の家には
正時には
その時間の数だけ
30分には
1回鐘が鳴る
柱時計がありました。

即ち
30分ごとに
起きておれば
わかる時計があったのです。

昼夜分かたず
30分ごとに
鳴り響きます。

このなる間隔が
夜の方が
短いと感じるのです。

それに
鐘が鳴ることに
気が付かないこともあるのです。

昔の我が家は
昼もそうですが
夜になればなおさら
静かなところにあります。

おきていて
鐘に気が付かないことなど
あり得ないことなのです。

でも
夜は
時間が過ぎるのが早い
これは
寝ていないように見えて
寝ているのではないかと
思いました。

皆様も
夜眠られないとかんじていたら
それは
事実ではなく
夜寝ているのです。

でも
半分起きているのでしょうね。

だからそんな風に感じるのです。

一度そんな目で
睡眠を見て下さい。

それから
そんな時間が
どんなに貴重なものかについては
次回
、、、、、、、、、




2011年11月07日(Mon)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主がドラッカーを読んでしまったら その11

ドラッカーの理論は
成果を上げるために書かれているそうです。

知能労働者に効果があるそうです。

肉体労働者には
関係がないそうです。

なぜかというと
肉体労働者が
成果を上げる方法は
ひたすら仕事をするとか
残業をするとか
一生懸命仕事を手早くすることだそうです。

偉い学者先生の
ドラッカーが
そんな事を
言わなくても
承知の事実だそうです。

しかし
知能労働者は
時間をながく仕事をしたり
一生懸命仕事をしても
成果が比例して
上がらないのです。

と言うわけで
ドラッカーの理論が必要だそうです。

でも
でもですよ

そんな良い方法
本当にあるの
と言うのが
少しだけ
ドラッカーを
かじった私です。

生半可な知識は
全く役に立たないと言うことは
私も知っています。


2011年11月06日(Sun)▲ページの先頭へ
私は献血できないのが残念です

私の母が病気療養中です。
貴重な献血で
回復しております。

どなた様の献血かについては
私は知るよしもありません。

もしわかることなら
直接お会いして
感謝を伝えたいのです。

でも
きっと献血された方は
そのようなことを
期待される
次元の低い方では
ないと思います。

私よりも
ずっと崇高な
高貴な
理想を持っておられることは
確かです。

私もそれに答えて
献血したいと思いますが
年齢は何とか満足しますが
腫瘍の手術を受けたことと
血小板輸血を受けたことがありますので
献血はできません。

全く申し訳ないとしか
言いようがありません。

献血された方の意志を
推察して
社会に
還元する方法がないか
現在思案中です。

本当にありがとうございました。
御意志必ず
達成するよう
最善の努力を致します。





2011年11月05日(Sat)▲ページの先頭へ
防犯対策 クレセントをもうひとつ

防犯ガラスに加えてクレセントもつけたアパート

入居者のご要望により、窓硝子を、
防犯ガラス(割れないガラス)を、アパートに付けています。(希望者のみ)
その上クレセントをもうひとつ付けています。
ふたつあって安全です。
侵入するのに2倍の時間がかかります。 一カ所でも大変なのに二カ所になるとほとんど不可能です。

防犯クレセント 掛け金具の取り付けディスクサンダーを使って掛け金具の穴を開ける
やすりで調整して掛け金具を差し込み
ネジで止め付ける
防犯のクレセント クレセントの取り付け掛け金具に合わせてクレセント本体を取り付ける
防犯クレセントについて

割れないガラスー防犯ガラスに取り替えました。

入居者のご要望により、窓硝子を、
防犯ガラス(割れないガラス)を、アパートで取り替えました。
弊社使用割れないガラスには、防弾ガラスにも使われている、
ポリカーボネイト板を使用しています。
たたいても割れません。

ガラスが割れるビデオ

防犯ガラスでない普通のガラス板

金づちでたたくと、もちろん割れます。


割れないガラスがたたいても割れないビデオ

防犯ガラスのポリカーボネイト板

防犯ガラス

防犯ガラスのポリカーボイト板は曲がります。金づちで力強くたたくと、
跳ね上がるだけで、割れません。
実験に使ったポリカーボネイト板は、
透明ですが型板ガラス状のものもあります。

javaが禁止されている方は、割れないガラスの映像が映らないことがあります。

防犯ガラスへの取り替え

普通のガラスから防犯ガラスへの取替は簡単です。
扉を取り外してそれからサッシ枠を止めているネジをはずして入っているガラスを取り除きます。
同じ大きさの防犯ガラスを入れます。この時ガラス周りに付いているグレージングチャンネル(グレチャンまたはビードと略します)を防犯ガラスの厚みにあった大きさの新しいものに取り替えます。ここで気をつけなければならないことはビードを引っ張りすぎないことです。引っ張りすぎるとあとで収縮して隙間を生じてしまいます。上部中程より回して 角部分は溝の中の部分を切断して角をつなぐようにして回します。
ビードの縁以外は切断して写真の様に角が見えるようにする。

もとのようにサッシを組み立てて建て込めばできあがりです。写真は左側が上部です。

防犯ガラス(割れないガラス)

2011年11月04日(Fri)▲ページの先頭へ
アスカルはパンは飽きたみたいです。

先日
私が
キスワンで
パンの実験をしました。

そこで
出来上がったパンを
アスカルに
与えていたのですが
最初の内は
喜んで食べていましたが
今日は食べません。

飽きたのでしょうか。

やはり日本だから
ご飯でないと
などと言わないと思うのですが


ところで
パンが主食の国々では
犬も
パン食だったのでしょうか。

何か気になりますよね。

ご存じの方
メールください。
いや
やっぱり
要りません。

すみません。

2011年11月02日(Wed)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主がドラッカーを読んでしまったら その10

著名な経営学者
ドラッカー曰く
「組織全体の能力は
そのトップの能力を
越えない」と

組織の
最大のネックは
トップだそうで
ボトルネック
だそうです。

そうかも知れませんよね。
社員が
いくら
優秀でも
それをうまく発揮できるかどうかは
トップの
力で決まるでしょうし
そう思います。

それに社員が
凡庸だとしても
何しろ数が
いますので
その能力の総和は
トップの能力を
越えていることは確かです。

私の会社に当てはめると
全くその通りだと思います。

もっと言えば
小社の社員は
ひとりひとりが
私の能力を超えていますので
その総和は
トップの能力を遙かに超えているでしょう。

そう言うわけで
私は
あまり従業員
言わないことにしています。

私が言えば
きっと
社員さんの
能力を
そぐことに繋がると
考えているからで
なんでも
任せておいたら
問題なく運ぶみたいです。

極端に言えば
私がいない方が
円滑に運ぶかも知れませんよね。