ロフト付き は、おもしろい - 2010/05

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4506)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2010年5月
           
         

新着エントリ
ブログ小説「妖精の休日」その97 (4/24)
ブログ小説「妖精の休日」その96 (4/23)
ブログ小説「妖精の休日」その95 (4/22)
杉原土地のロフト付アパートは天井が高いから友達も驚きます (4/20)
ブログ小説「妖精の休日」その94 (4/20)
ブログ小説「妖精の休日」その93 (4/19)
ブログ小説「妖精の休日」その92 (4/17)
ブログ小説「妖精の休日」その91 (4/16)
ブログ小説「妖精の休日」その90まで (4/15)
ブログ小説「妖精の休日」その89 (4/14)
人はなぜ応援する その2 (4/12)
ブログ小説「妖精の休日」その88 (4/12)
ブログ小説「妖精の休日」その87 (4/11)
○○牛乳のパッケージが4分の1ガロンのパッケージになってしまった。 (4/11)
ブログ小説「妖精の休日」その86 (4/10)
なぜ人は応援する (4/9)
ブログ小説「妖精の休日」その85 (4/9)
ブログ小説「妖精の休日」その84 (4/7)
ブログ小説「妖精の休日」その83 (4/5)
月遅れの桃の節句 (4/4)
ブログ小説「妖精の休日」その82 (4/3)
ブログ小説「妖精の休日」その81 (4/2)
ブログ小説「妖精の休日」その80まで (3/31)
ブログ小説「妖精の休日」その79 (3/28)
ブログ小説「妖精の休日」その78 (3/27)
ブログ小説「妖精の休日」その77 (3/24)
カカト落としも音楽? (3/23)
ブログ小説「妖精の休日」その76 (3/22)
ブログ小説「妖精の休日」その75 (3/21)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (115)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (22)


アクセスカウンタ
今日:2,560
昨日:6,088
累計:9,312,334


RSS/Powered by 「のブログ

2010年05月31日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その21

見かけのカロリーと
本当のカロリーは
異なります。

カロリーを計る
ボンブメーターでの測定値は
消化吸収を加味していないので
本当のカロリーは
必ず低い値です。 

消化吸収が悪いものなら
どんなにとっても
平気です。

ご飯を
焼くと
パリパリになって
いかにも消化吸収が
悪そうです。

難消化性デンプンというが
増えているように思います。

そこで
このイカ焼き器を
インターネットで
注文しました。

直ぐに送ってきて
イカ焼き
いやご飯焼き開始です。

ご飯を薄くのせて
ふたつの鉄板の中に挟みます。

ガスコンロに掛けて
焼き始めると
こうばしい香りが
でてきます。

焼き加減によって
パリパリの
歯が立たない程の
せんべいのようなものから
柔らかい「ナン」のような
ものまでできました。

あまり堅いのは
歯が立たないし
歯を折っても仕方がないので
やめました。

柔らかいのは
野菜を巻いて食べたりすると
美味しいのですが
本来の目的ではないので
これもやめました。

「やっぱり
中庸が良いよね、

堅くもなく
柔らかくもない
この堅さが
たまらない。

少し塩味にしたり
醤油味にしたり
唐辛子をふったり
蛍子は
これだけを食べても良いと思いました。

それだけではありません。

これを食べると
おなかがすかないのです。
ご飯の代わりに食べておけば
その次まで
間食が
まったく不要です。

蛍子は
このイカ焼き器を得て
ダイエットが
大きく前進しました。

2010年05月30日(Sun)▲ページの先頭へ
左手人指し指を やけど してしまいました。

今日溶接をしていたんですが
左手の革手袋が破れていて
やけどをしてしまいました。

熱かったです。
皮膚が白くなってしまいました。

左手が使えないと
不便ですよね。

ブラインドタッチもできないし、
お茶碗も持てない
何という不便でしょう。

逆に言えば
健康は
すごく便利なんでしょうね。
そんなことに気がついいた今日でした。

片手で
入力するのが
たいへんなので
このあたりで終わりにします。


ロフトダイエット その20

益雄は
lofteenが
秋に会ってくれると言うことを聞いて
嬉しくなってしまいました。

他の鉄道模型オタクからも
応援の
声が
どんどんやってきたのです。

そんな噂を
ネットで見ながら
蛍子は焦りました。

「痩せるってたいへんだよね
どうすればいいの

体重だけ量るダイエットは
やったし
リンゴや
バナナなんかひとつだけ食べる
やり方は
直ぐに飽きてしまうし、
ジョギングやスイミングは
疲れるじゃないの

だめだよね

やっぱりカロリーの制限が良いのよね。

ダイエットって
食事制限のことでしょう。
運動でダイエットなんておかしいよね。

そんなことどうでも良いか

痩せなきゃいけないんだ。

やっぱり食べないのが一番よね
じゃ少し食事を減らしましょう。

そうよね
私は
間食が多いんだわ」と言って
左手のお菓子を
恨めしく見ました。

「明日からダイエットしましょう。

ダメダメ
明日からと言ってたら
いつまでも始まらないよね。
やっぱり今日から始めよう。

このお菓子は
仕舞っておきましょう。

、、、
、、、、、、、
、、、、、、、、


でも手持ちぶさたよね
そうだ
鉄道模型でもやってみようかしら
鉄道オタクって
模型屋さんで見たけど
太った人いないよね。

隣の人も
太っていないよね

鉄道ダイエットでもしようかしら
ダイエットの使い方間違っているよね
でも鉄道模型を見ることによって
食事が制限ができたら
鉄道ダイエットも良いかもしれないよね」と思いながら
ひとつしかない
模型をしげしげと
見て
走っている雄志を
思い浮かべていました。

もうここまで来ると
蛍子は
鉄道オタクになっていました。
蛍子のダイエットは
最初は間食を摂らないだけでしたが
それでも大分効果がありました。

以前のように退屈な
生活でしたら
口が寂しくて
ついつい間食をしてしまうのですが
今は退屈でないので
出来たのかもしれません。

でもそんな努力も
あるところで
底になってしまいます。

そのために
別の方法を考えなければならない時に
偶然新聞に出ていた
難消化性デンプンを見つけました。
その名の通り消化しにくいデンプンですので
「これは使える」とおもいました。

「食べても太らないじゃないの」
と思ったのです。

難消化性デンプンは
炊いたご飯を冷やし
また暖め
冷やすことを
繰り返すと
その度に増えるそうです。

一度ご飯を炊いて
暖めて食べる習慣のある
蛍子にはもってこいの
方法でした。

この記事を見てから
蛍子は
炊き立てのご飯はやめ
冷ご飯を暖めて食べることにしました。

外食もやめて
お弁当を持っていくことにしたのです。

こんな風にすると
体重はまたゆっくりと
減っていきました。

それと
お腹がすかないように
なったのです。
腹持ちがいいというのか
お腹がすきません。

間食なんかほしくならないのです。

こんなことを続けていたある日のこと
某放送局が
イカ焼き器で
ご飯を直ぐに
せんべい状態にできると放送しているのを
聞きました。

「これは使える」と思いました。

2010年05月29日(Sat)▲ページの先頭へ
特にどうでもいいお話 4題

今日はどうでもいい話を
4題



今日は東京出張です。
東京は久しぶりです。
前回は毎日のように病気のお見舞いで
上京したものです。

今回は
仕事上のことで
別に急ぎのこともなく
ゆっくりと行こうと思います。

ゆっくりと言いながら
朝6時の始発ののぞみですので
4時11分に起床しました。

でもいつもなら
4時ごろから
起床する6時半ごろまでは
ベッドの中で
まぶたを閉じながら
ごろごろしているだけなんですけど
、、、。

私の睡眠ははなはだ
他の方と比べると変わっております。

私は寝入りは極めてよろしいらしく
子供の話によると
床に就いたと思うと
直ぐ高いびきで寝ているそうです。

しかし
何もなかったら
二時間おきに目が覚めます。
その度に
トイレに立ちます。

直ぐに寝入れるときもあれば
寝付けないときもあります。
子供の時からです。
確か中学生のころでしたでしょうか。
眠られない日が続いた時
私は発見したのです。

夜の時間が早く過ぎることに気が付いてのです。
昼間起きている時には
時間はそんなに早く過ぎない。
熱心に何かしていると
時間の経つのが早いと人は言いますが
私にはそうは思いません。

でも寝ているときは
時間の経つのが早い
起きていると思っていても
本当は寝ているのではないでしょうか。

きっとそうなんでしょう。
そうでないと
床に入っている
半分位しかねていないと
昼間眠たくて仕方がないですものね。

皆様そう思いませんか。
___________________

新幹線の
乗務員の方は
いつもスクワット

検札で
車内を回られる
車掌さん
は大変ですよね

乗車券の拝見と言って
回るのですが
こちらが座っているためでしょうか。
頭を下げるのではなく
腰を下げておられていました。

それってスクワットですよね
足腰が強くなりそうです。

足は細い方だったのに
長年していると
きっと、、、
いや、
老後も元気でしょうね。

いらぬおせっかい申し訳ございません。


____________________
八高線は単線

八王子と群馬の高崎を結ぶJR八高線に乗ってみました。

「てっちゃん」でないので
詳しくはわかりませんが、
単線です。
八王子や高崎は繁華な都会です。
それを結ぶ地域も都会です。

そんなところを繋いでる鉄路が
単線とは
どんな理由なのでしょうか。
何かあったのかもしれませんね。

それはともかく
単線ですので
本数が少ない
待ち合わせの時間が必要な
欠点があるみたいです。

そういえば
私の近くの
福知山線も単線でした。
汽車に揺られて
トンネルが来ると
慌てて窓を閉めた思い出があります。

___________________

中央線は真っ直ぐ

皆様に本の鉄道の線路で
真っ直ぐな路線は
中央線って
習いませんでしたか。

今から40年位前
小学校で
そんな話を聞いたことがあります。
その中央線に
機会があって
乗ってみました。

ホームから線路を見ると
ズーと真っ直ぐでした。
遠く向こうのほうの
電車が
揺らいでいました。
「やっぱり真っ直ぐ」と思った次第です。

武蔵野台地はは平坦で障害物がないので出来たのかもしれません。

ただそれだけなんですけど
すみません。

___________________

2010年05月28日(Fri)▲ページの先頭へ
昭和30年代初めの頃 自転車その5

母のおかげで
自転車に乗れるようになった
私は
運動が嫌いなはずなのに
自転車に乗るのは好きで
学校から帰ってきたら
自転車で
庭を走っていました。

昔は
「読み書きそろばん」が
できることが
社会人としての
必須条件でした。

今なら
「読み書きパソコン」でしょうが
当時は
そろばんは
大成するための
最低条件です。

私を
一人前にすることが
夢であった母は
小学校3年になった時
私を
「そろばん塾」に通わします。

当時のそろばん塾は
盛況で
級毎にクラス分けされており
10級から始まります。

そろばん塾までは
子供の足で
20分くらい要しました。
それで
自転車で行くことになります。

10級は
まだ明るいうちに終わるのですが
級が上がるに従い
遅くなります。

最後には
2級までになりましたので
夏でも真っ暗です。

月が出ていると
明るいですが
新月は
真っ暗
今のように街灯がない時代ですから
本当に真っ暗です。

自転車の
発電機の電灯だけが頼りに
暗い夜道を
自転車で
猛スピードで
帰りました。

本当に怖かったので
早く帰ったのです。

でもいつも向かい風で
しんどかったです。

このごろは
夜道と言っても明るいですけど
真っ暗な夜道
怖いですか?


昭和30年代初めの頃 自転車 その4

自転車をどのようにして頂いてきたかは
私は母に聞いたことがないので
わかりません。

しかし
母の野菜の行商は
苦難の連続だと
私に話していました。

私もリヤカーに乗って
行ったこともあるように思いますが
記憶はありません。

家で採れた野菜を積んで
売りに行くのですが
この行商はたいへんです。

できた農作物が
一級品なら
胸を張っていくのですが
酸っぱいイチゴを
売らなければならないときなんかは
甘いとは言えないし
そうかといって
「酸っぱいですよ」と言っては
売れません。

こんなイチゴを
売り歩く日は
なかなか売れません。

日も高くなり
暑くなってくると
もう
イチゴは
傷んで
売り物にはなりません。

そんな行商を
していた母です。

母の期待を受けて
自転車に乗ります。

補助輪が片側しかありませんので
少し傾けながら
庭を
ぐるぐる回っていたのです。

何年ぐらい
補助輪で
庭を回っていたかわかりませんが
ついに私は自転車に乗れるようになったのです。

母は
「乗れて良かったね」と言ってくれました。

2010年05月27日(Thu)▲ページの先頭へ
昭和30年代初めの頃 自転車 その3

貧しい生活をしていた私に
自転車を
用立てることに成功した母は
満足でした。

さてどのように
手に入れたかというと
もらってきたのです。

当時我が家は
農家ですので
食べるものには困っていませんでした。

しかし現金はありません。
自転車を買うためには
現金が必要ですの
買うことができなかったのは
当然です。

母は
川向こうの
『住宅』と呼ばれるホワイトカラーの住む
地域に
我が家の農産物を
リヤカーに積んで
行商に出かけて行っていたのです。

母は
どのような人とも
迎合することのできる人で
よく可愛がられていたのです。

そんな人たちから
私のおもちゃをもらってきていたのですが
小さい自転車も不要になったので
もらってきたのです。

それはたいそう古く
小さい自転車でした。
補助輪も
もらってきてくれて
兄が
それに付けてくれました。

ロフトダイエット その19

益雄は
lofteenが
秋に会っていると言うことを聞いて
嬉しくなってしまいました。

他の鉄道模型オタクからも
応援の
声が
どんどんやってきたのです。

そんな噂を
ネットで見ながら
蛍子は焦りました。

「痩せるってたいへんだよね
どうすればいいの

体重だけ量るダイエットは
やったし
リンゴや
バナナなんかひとつだけ食べる
やり方は
直ぐに飽きてしまうし、
ジョギングやスイミングは
疲れるじゃないの

だめだよね

やっぱりカロリーの制限が良いのよね。

ダイエットって
食事制限のことでしょう。
運動でダイエットなんておかしいよね。

そんなことどうでも良いか

痩せなきゃいけないんだ。

やっぱり食べないのが一番よね
じゃ少し食事を減らしましょう。

そうよね
私は
間食が多いんだわ」と言って
左手のお菓子を
恨めしく見ました。

「明日からダイエットしましょう。

ダメダメ
明日からと言ってたら
いつまでも始まらないよね。
やっぱり今日から始めよう。

このお菓子は
仕舞っておきましょう。

、、、
、、、、、、、
、、、、、、、、


でも手持ちぶさたよね
そうだ
鉄道模型でもやってみようかしら
鉄道オタクって
模型屋さんで見たけど
太った人いないよね。

隣の人も
太っていないよね

鉄道ダイエットでもしようかしら
ダイエットの使い方間違っているよね
でも鉄道模型を見ることによって
食事が制限ができたら
鉄道ダイエットも良いかもしれないよね」と思いながら
ひとつしかない
模型をしげしげと
見て
走っている雄志を
思い浮かべていました。

もうここまで来ると
蛍子は
鉄道オタクになっていました。

2010年05月26日(Wed)▲ページの先頭へ
昭和30年代初めの頃 自転車 その2

祖父が真新しい自転車を
母のために買ってきた日に
母は
乗らないと言ったので
祖父は
潰してしまうのです。

それも木っ端みじんに

大正時代の
終わり頃ですから
自転車自体は
相当高価なものでした。

それを
潰してしまうのです。

それ以後
母は
自転車に乗ることは
ありませんでした。

晩年「自転車に乗れたらいいのに」
と私によく言っていました。

そんなことが
子供の時にあった母は
運動神経の鈍い
私が生まれて
だんだんと大きくなったとき
自転車に乗れるようにしなければならないと
考えたのです。

私が
たぶん小学校2年生くらいになったとき
子供用の自転車を
手に入れることに成功したのです。

ロフトダイエット その18

蛍子は
下に降りてきて
いつもの行事を済まして 
ロフトに上りました。

いつものように
お菓子を左手に持ちながら
パソコンのスイッチを入れて
お気に入りに入れてある
lofteenのホームへ
行きました。

「あるある
○○○さんが
やっているみたいだわ

何々
『今度会って欲しい』って
『余っている鉄道模型の
レールを持ってくる』って
一度会ってみたい気がするけど
ネットの人と会うということは
ちょっとやばいよね。

変なおじさんだったらどうしましょう。
隣のようなお兄さんなら
良いけど

鉄道オタクには
悪い人はいないけど
○○○さんは、
いい人とは限らないよね

あっ
そうだ
私嘘ついていたんだ
年は若いとか
痩せているとか
書いたような気がするし
家族と一緒に暮らしているとか
ネイルアーティストだとか
言っていたよね。

全部嘘じゃん

困ったなー
一度会ってみたいけど
会ったらすべて嘘だとわかってしまう。

会うべきか会わざるべきか
それが問題だ
なんちゃって


どうしようかな
でも
歳は言っていないんだから
今の歳でも良いよね

家族で一緒に住んでいることになっているけど
ひとり暮らし始めたことにすれば済むことよね。
ネイルアーティストも
転職したことにすれば良いんだ
お店が潰れたとか言ったらいいんだ。

なーんだ
簡単じゃないの

まてよ
可愛い子ぶって
痩せているとか書いたよね

ちょっとそれは
違うかも
それは決定的な違いよね
期待はずれじゃないの

うーん

あっ
そうだ

痩せればいいじゃん

そうしてみるか

それでは
『○○○さん
私も会ってみたいけど-
今はだめなの
仕事がね
たいへんなの
お店が
ちょっと今たいへんだし
ひとり暮らしを始めようと思うので
忙しいの
秋頃になったら
会ってみたいなー

だって夏に会ったら
夏だけになりそうだし-』
えい
これでどうだ。」
と
秋に会う約束をしてしまったのです。

蛍子は
秋までの
何とか痩せなければならない羽目になってしまいました。


2010年05月25日(Tue)▲ページの先頭へ
昭和30年代初めの頃 自転車

皆様自転車乗ることができますか。
もちろん乗れますよね。

自転車が乗れると
便利ですよね。

運動神経の鈍い私も
自転車に乗ることができます。
でも乗れるようになったのは
私の母の
相当な援助があったのです。

私の母は
大正5年 1916年生まれです。
大正デモクラシーの時代で
自転車に乗ることが
流行していたそうです。
私の母の父親
つまり私のおじいさんは
母が自転車を乗れるようにと
まず自転車を買ってきて
母に乗るようにすすめたそうです。

母は大人になると背が
6尺(180cm)もあるのですが
自転車を買ってきたときは
背は低く
体を動かすことが
苦手な
子供だったのです。

短気な祖父は
母に
自転車に乗るように
勧めたのですが
母は
怖くて乗れなかったのです。

祖父が怒れば怒る程
母の体は硬くなって
体の自由がききません。

最後まで乗れなかったのです。

自転車に乗らない母を見て
祖父は
思いも掛けない行動にでます。


明日に続く



ロフトダイエット その17

連休が明けると
益雄は
代休になって
休みが続きます。

反対に蛍子は
休みなしです。
カレンダー通りの休みです。

益雄は
休みの日は
鉄道模型を見ているか
鉄道を見るために外出するか
の毎日でした。

ロフトで
一日中
鉄道模型を見ていたときもありました。

5月の中頃でしたので
ちょうど良い季候で
ロフトの天窓を
開けて
夕日が差し込んでいました。

益雄が
夕日に照らされた
鉄道模型を
じっくりと眺めていたとき
隣の蛍子が
会社から帰ってきました。

蛍子は
いつものことをする前に
ロフトの天窓を開けるために
ロフトに上がってきました。

天窓を開けると
隣の音が聞こえてきました。

蛍子は
「あ
いつもの
音が聞こえてきている

鉄道を動かしているんだ。
好きだよね。

他にすることないのかしら
例えばネットをするとか

関係ないわよね

あっ
なんか言っている」
と思いながら
おもわず
耳を澄まして
聞いてしまいました。

「何々
お隣
なんかしゃべっている
何を
ぶつぶつ
言っているの?
一人で住んでいるはずなのに
寂しいのかしら

んー
『紗江子』
と言っているよね。
紗江子って誰

あー
そうだそうだ
そんなことどうでも良いわ」
と
隣のつぶやきを
聞き耳を立てたことに
反省してしまいました。

2010年05月24日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その16


益雄と蛍子のネットでの話は
止め処もなく続きました。

蛍子の話は
多分に嘘が入っていましたが、
益雄はそれを信じていました。

蛍子は
身の上話は
嘘になってしまうので
模型の話をするために
雑誌の中の
列車について
聞いてみました。

そうすると
益雄は一気に知っていることを
話しはじめたのです。

益雄だけでなく
他の鉄道オタクの面々も
同時に話しはじめて
蛍子は
またネット界の女王になってしまいました。

退屈とは縁遠くなってしまって
話に夢中になりました。

そんな楽しい時間も
夜と共に終わってしまいます。

こうして
1週間に二度三度
インターネットを通じて
話し合う
蛍子と益雄でした。

まさか隣同士とは全く考えていなかったのですが、、、

そんな二人が住んでいる
ロフトにも
春が終わって
初夏になってきました。

益雄は
相手のlofteenが
どんな人か
勝手に
想像していました。

益雄の頭の中では
lofteenは
「名前は紗江子
年齢は19歳
4人家族で
父母と兄
東京に住んでいて
新宿のネイルサロンに働いている」
と言うことに
なっていました。

なぜ名前が
紗江子かなんては
益雄自体わかりませんでした。
何となくそう思ったのです。

益雄は
仕事の関係上
5月の連休は
まったく休みがありませんでした。

その間
蛍子は
長い連休
暇で暇で仕方がありませんでした。


2010年05月23日(Sun)▲ページの先頭へ
今日は日曜日カフェでも

皆様日曜日の朝は
何をなさいますか。

私は
いつもと変わらぬ
シジミのおつゆと
ご飯ですが
愛娘が
カフェで
モーニングと言うことで
ついていきました。


行ったカフェは
郊外型喫茶店で
繁盛していました。

コーヒーの味はともかく
カフェの商売について
考えてしまいました。

建物は
特徴あるもので
天井が高く
猪名川の河畔にあって
立派です。

やっぱり
心理学を商売に利用しているように見えました。

朝早くから
働いている人は
よく働き
休みなしです。

お給料はどのくらいだろうとか
残業手当は付くのだろうとか
はたまた
派遣社員かどうかまで
考えてしまいました。

器を立派にするためには
きっとしわ寄せが
こんな所に来るのではないかと
思わず想像してしまいました。


豆を多量に使った濃いコーヒーが
苦かったので
残してしまいました。

皆様
働くのはたいへんですよね

2010年05月22日(Sat)▲ページの先頭へ
事業仕分けは何を基準にしているの

今話題の事業仕分け
たいへんですよね。

でも何を基準にしているのでしょうか。

公務員の天下りなんかを問題にしているように見えます。

でもそんな問題は
明らかに公費の無駄使いで
立法府の議員がする程のことでもないと思います。

立法府の国民から信任を受けた議員なら
今の状況将来の状況をよく考え
今やるべきことを
取捨選択することだと思います。

今の財政は
火の車です。
こんな火の車の時に何が必要か
考え直すべきだと思います。

将来にわたっても
富をもとらさないと考えられるようなものは
切って捨てなければなりません。

金星探査機やニュートリノの観察装置なども必要ないように思います。
また観光でも行けるような南極観測隊も必要ないと思います。
同じく言えば
もうすぐ観光で行くことができる
宇宙開発も
考え直した方が
良いのではないでしょうか。

国が破綻したとき
ニュートリノについて新しい発見があったと
聞かされて
どのようになるでしょうか。

今それを続けることを漫然と決めている
立法府の人たちは
事後の歴史の法廷に
立てますでしょうか。

誠に恐れ入りますが
今年一年で
100兆円の借金が増加するそうなんで
一刻も早く決断願います。

先端技術に勤めている方は
有能な方なので
きっと他の部門でも
成功すると思います。

よろしくご決断を

差し出がましく申し訳ございません。

口蹄疫はたいへんですよね その2

宮崎の口蹄疫
たいへんですよね。

人間の経済的利益のために
失う動物の命
この矛盾は
常に人間が生きていくすべての場面で
生じます。

外国では
捕鯨について
感情的に
なっています。

そんなとき
「牛食はどうなの?」と言ってしまった私ですが
口蹄疫の問題が生じると
どう言い訳をしたらいいのでしょう。

きっと宗教的には
「ありがたく命を頂く」と
いって解決するのでしょうが
今回の殺処分は
食用にはしません。

この大きな問題を解決するのは
全頭ワクチン接種しかないのではないでしょうか。

その際の経済的損失は
等しく我が国民が負担しなければならないでしょう。


口蹄疫を
宮崎だけで
封じ込めるのは
無理だと思います。
風に運ばれるウイルスの性質を考えれば
隣国中国から
黄砂とともにやってくるのではないでしょうか。

それに
日本の野生の鹿やイノシシに
うつったら
全頭殺処分なんか
到底できないのでは
ないでしょうか。

すみません。
酪農や食品業とは
全くの無縁の私が
差し出がましくいってすみません。

皆様はどのようにお考えですか。



金星探査機は必要なんですか

ニュースで
金星探査機の打ち上げに成功したそうです。

たいそうな税金を使って
なんか役に立つのですか。

金星と言えば
ビーナスですよね。

ビーナスの
大気の下の様子を
探って
何を知ろうとするのですか。

こんな事業こそ
仕分けすべきではないですか。

賛成する人だけが出す
資金で
してほしいと思います。

こんなものに借金してまで
出費して
「歴史の法廷」立つ勇気はあるのですか。


すみません。
差し出がましいことを
言ってしまって
でも
でも
皆様どのようにお考えですか。

2010年05月21日(Fri)▲ページの先頭へ
口蹄疫はたいへんですよね

困ったことですね。

口蹄疫は
ウイルスでなる
偶蹄目の動物の病気だそうです。
人間にはうつらないそうです。

牛にとっては
あまり死亡率が高くなく
ワクチンでほとんど発病しないそうです。

以下は
中国出身の牧民の家族から聞いた話ですが
間違っているかもしれません。

中国では
毎年
羊に
口蹄疫のワクチンをするそうです。

それで発病を抑えているそうです。
しかしワクチンをすると
口蹄疫に罹患しているのか
単に免疫があるのかの見分けが付かないため
口蹄疫を
嫌う所には
輸出できなくなるそうです。

でも
殺処分ってかわいそうではないでしょうか。
手塩に掛けて育てた家畜を
自らの手で全頭殺さなければならない心情は
察しに余るものです。

PTSDになっても不思議ではありません。

日本も
全頭殺処分ではなく
ワクチン接種にすれば
良いのではないでしょうか。

皆様そうお思いになりませんか。

誰でもわかる昭和30年代クイズ 自転車 その3

背の低い子供が
大人の自転車に乗るとき
三角乗りをすると
言いました。

今の自転車なら
そんな乗り方をせずとも
乗れるのですが
当時は
フレームが
邪魔になって
子供はペダルに足が届かなかったのです。

それでは
三角乗りとはどんな乗り方でしょう。

1.片方の足をフレームの中から
  無効のペダルに乗るやり方
2.後ろの荷台に座って乗るやり方
3.前のハンドルの方に乗るやり方































正解はもちろん
1.片方の足をフレームの中から
  無効のペダルに乗るやり方
です。

ちょっと曲芸乗りのようにも見えますが
そんな乗り方だったんです。
乗っている方見かけたこともあります。
アニメーション「ト○ロ」の中でも
乗っていましたよね。

私はそんな乗り方はできません。

私は
中学生まで
もらってきた
小さな自転車を
乗っていました。
背がクラスで一番の
私がそんな自転車に乗っていたので
滑稽でしたでしょうね。

皆様
三角乗りをしましたか。

2010年05月20日(Thu)▲ページの先頭へ
誰でもわかる昭和30年代クイズ 自転車その2

自転車のフレームは
昔は三角上に組んであるので
乗るときは
左足をペダルに乗せ
右足で地面を蹴って
早くなったら
素早く足を
後ろから回します。

男の方は問題がありませんが
女性の方は
当時はスカートですので
それはちょっと困ります。
前から回すのですが
これが大変です。
そのために女性は
自転車にあまり乗らなかったように思います。

子供の場合は
どうだったかというと
さて問題です。

大人用の自転車を
子供が乗るときは
どのような名前の乗り方でしょうか。

1.三角乗り
2.四角乗り
3.のりのり



























正解は
1.三角乗りです。

皆様ご存じないでしょうか。
何分昔は
子供だからといって
子供用の自転車なんかかってもら得る人は
少なかったですから
そんな特異な乗り方を
しなければならなかったのでしょう。


幸い私は
三角乗りはしませんでした。
大人用の自転車をのるには
相当の運動神経が必要ですので
私には無理だと見抜いた
母親が
本当に古い中古の自転車を
住宅からもらってきてくれたのです。

その自転車に
片方だけ補助輪を付けて
庭を走ったものです。
50年も前の話です。

皆様は
如何でしたでしょうか。

2010年05月19日(Wed)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その15

ロフトダイエット その15
益雄:
ネイルアーティスト
かっこいいよね
爪に色を塗るんでしょう。
奥が深そうですね。

どちらのお店?

(店を聞いてきたので
少し慌てましたが、、、)


蛍子:
それは
ヒ ミ ツ
またの機会にねー

どんな仕事でも同じだけど
ネイルアートも
気を使うのよー

何たって
爪の先には人間が付いているから、、、

(この言葉は
友達の受け売りです。

蛍子の本当の仕事は
人相手ではなく
数字やパソコン相手だったんですが、、)

益雄:
そうですよね
人相手の仕事は
大変ですよね。
気を使っているばっかしだし、、、


蛍子:
○○○さんは
どんなものを営業されているんですかー

益雄:
うちの会社は
何でも扱っています。
一応飛行機からトイレットペーパーまでと言っていますが、、
私は
飛行機やトイレットペーパーは扱ったことないです。

模型の飛行機や
新聞紙は扱ったことがありますが、、、


蛍子:
大きな会社なんですね

益雄:
会社は大きいと思いますが、、
私は
そんなに大きくはありません。
lofteenさんはどんな方ですか

蛍子:
私は小柄です。
風に吹かれたら
飛びそうなー
そこまでは
軽くないですが、、

先日の春の嵐のときは
飛ばされそうでした。

(また嘘をついてしまいました。
蛍子は
実際は
背は低かったですが
痩せてはいませんでした。)


益雄:
lofteenさんは小柄な可愛い人なんですね。
そんな人が
鉄道模型を
見ているなんて
魅力的です。

憧れてしまいます。

蛍子:
そんなー
私なんて、、

益雄:
ところで
鉄道模型を
走らせる
レール余っていますが
送りましょうか。

(ほい来たぞ
欲しいけど
送ってもらったら
住所がばれてしまうじゃないの
嘘で固めた
私が
ばれてしまうじゃないの
やっぱりもらわないほうがいいよね)

蛍子:
ありがとうございます。
でも
遠慮しておきます。
知らない人に
もらったら
ママに叱られてしまいますから、、、

(ママのせいにしてみましょう。
すみませんお母さん。)


2010年05月18日(Tue)▲ページの先頭へ
誰でもわかる昭和30年代クイズ 自転車

朝の連続テレビ小説「○○○の女房」で
主人公が乗っている自転車は
昔の自転車ではありません。

昔の自転車と
決定的に違うところがあるのですが

今の自転車と
昔の自転車どこが違うでしょう
1.乗るところが違う
2.自転車のフレームが違う
3.タイヤが違う

































正解は
2フレームが違うです。

どんな風に違うかというと
昔の自転車のフレームは
菱形だったんですが
今の自転車は
乗りにくいと言うことで
前の上の棒(乗るところとハンドルの軸をつなぐ棒が
少し下にあるのです。

アニメーション「ト○ロ」で
さつきが乗っている自転車が
昔の自転車で
子供が乗るときには
ある乗り方をするのです。

足が届かないので
そんな乗り方をするのです。

ロフトダイエット その14

ロフトダイエット その15
土曜日まで
蛍子は
パソコンを
つけませんでした。

さして
用事はなかったけど
蛍子は退屈ではありませんでした。

以前は
退屈のしのぎに
テレビを見ながら
ポテトチップやせんべい・ドーナッツなどを食べていましたが
今は
模型の雑誌を見て
買ってきた一両だけの模型を見て
お菓子を本の少しだけ食べていました。

食べているのは同じですが
量は少なく
気分は
180度違っていました。

「鉄道模型って
そんなに面白いのかしら
奥が深いのはわかるけど
これが面白いとは
わからないよねー」と
考えながら
蛍子は
鉄道模型に
自分がはまっていっているのを
認めてはいませんでした。

隣の部屋から夜遅くなって
聞こえてくる
シャーという鉄道模型の音も
何かしら
懐かしく思ってしまっていました。


自分では認めていませんでしたが
待ちに待った
土曜日が来ました。

蛍子と益雄は
示しあわしたかのように
土曜日の夕方
パソコンをつけました。

そしてお互いにまず相手を探しました。

新しいものがないとわかると
それぞれ
ツイートしてみました。

蛍子:
鉄道模型って
奥が深いですね
先日模型店で走るところを見ました。
吸い込まれそうになってしまいました。
私のロフトにもあんなの欲しいよー

益雄:
今日は土曜日
早く帰ってきたので
ロフトの鉄道模型を
触っています。
皆様も御一緒に!!!

その書き込みを同時に見て
フォローします。

蛍子:
私も今日は早く帰ってきました。
一台しか鉄道模型がないロフトにいます。
うらやましー
なんちゃってーー

益雄:
模型店に行ったんですか
私も暇さえあれば行っています。
軍資金が続きませんの
何も買わないことが多いですが。


二人は別々に書くので
話しがふたつになっていました。

益雄:
lofteenさん
以前
働き始めたと言っていましたが
どんな仕事ですか。
私は営業職ですが。

蛍子は
「仕事は?」と聞かれて
単純な事務職とは
答えられませんでした。
「どんな仕事にしようかな

アーティストがいいよね

どんなアーティストがいいかな。
私にも出来そうな仕事と言えば

そうだ
これで行こう
『仕事は
ネイルアーティストだよ

細かい仕事で
神経を使ってしまう仕事です。』
えぃ

友達が
やってるから
内情もわかるし
鉄道模型マニアが
ネイルアートのことを
知らないだろうし」と
蛍子はまた嘘をついてしまいました。


2010年05月17日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その13

ロフトダイエット その13
中年男性ばかりで
紅一点の蛍子でしたが
みんなには全く注目されていませんでした。

「私って魅力ないのかしら
誰も私を見てくれないわ

あー
ダメダメ
こんな所で
目立ってどうするのよ

それにしても
私を無視するよね
『私は
ネット界の女王よ』と
叫びたい気分だわ

模型の走る音って
軽い音ね
新幹線なんか
ゴーと重い音で
通り過ぎるのに
シャー
としか音が出ないのね。

でもこの音聞いた覚えがあるわ

そうだ
隣の部屋から聞こえてくるんだ
だから隣の人が
この店に来ているのか

鉄道模型ファンでも
相当な者なのかもしれないな

隣の部屋もロフトがあるから
きっとロフトには
こんなジオラマがあって
毎晩毎晩
走らせているから
あんな音が隣からするのね。

初めて知ったわ

でもこんなことがわかっても
役立たないよね」
と考えつつ
店を出ました。

そのあと
益雄は
今日は見るだけで
お店を出たのです。

そしてお店を出る時に
初めて
隣の部屋の女性が
店に来ていることに気が付いたのです。

「隣の人も
鉄道ファンなんだ
珍しいよね
あんなに若い女性が
こんなディープな世界に
興味があるなんて、、、

こんな裏通りの店
誰も知らないよ、、、

でも
10代の
lofteenさんも
鉄道ファンだから
そんなこともあるかもしれないかな

一度声を掛けてみようかな、、
でも
なんて掛けたらいいのかしら、、、

『鉄道模型好きですか
今度
私の部屋で
鉄道模型走らせません?』なんて
声をかけたら
変だし

なにか
前フリがないといけないよね。」などと考えつつ
家に着きました。

明るいうちに帰宅するのは
珍しいので
久しぶりに掃除
洗濯をすることにしました。

ガーガー と
掃除機や洗濯機が
音を立てました

蛍子は
いつもは隣が
静かなのに
今日は
音が聞こえてくるので
「おー
隣の人がいるみたいね
いつも遅いのに
今日は早いんだ

鉄道模型の音じゃない音が
聞こえてくるのは
久しぶりじゃない。

私も掃除でもしましょう。」と
思いました。

蛍子は
ネットを
その日はつけずに
買ってきていた
鉄道模型の
雑誌を
もう一度見てみました。

「おー
鉄道模型は
奥が深いよね。

これは はまる人がいるかもしれないよね。

隣の人みたいに

この電車は
こうなんだ。

ふーん
私も
一度走らしてみたいな
でも買ってきた
あれだけでは
無理みたい

お金も大分かかるみたいじゃないの

レールも馬鹿にならないお値段ね。

中古でもいいんでしょう。
どなたか下さらないかしら、、、
そうだ
ネットで
ツイートしてみましょうか。
あつかましいよね。
ダメよ
ダメよ
でも欲しいし
お金も大変だから

従順な少女は
そんなことおねだりしないよねー」
そんなことを考えて
その日は
終わりました。

一方
益雄は
パソコンを早速つけて
lofteenを探しましたが
新しい書き込みはありません。

「lofteenさんは
寝てしまったのかな

それとも
母親に
禁止されたのかもしれない

鉄道模型をしていたら
おかしいもんね
用事もあるだろうし

明日にでも」
と少しだけがっかりして
模型を走らせていました。

2010年05月16日(Sun)▲ページの先頭へ
せん○くん、まん○くん、ロフトくん

平安遷都千三百年祭やってますよね。

わたしが
小学校で
平安京ができたのは
710年と習ったときは
東京オリンピックの年ですので
1964年今から46年も前のことです。

その時は
何もわかりませんでしたが
1300年祭に
私が生きているとは
驚きの限りです。

それはそうとして
せん○くん有名ですよね。
まん○くんはどうしたんでしょうね。

うちのキャラクター
ロフトくんは
46年経ったら
有名になっているでしょうか。

ロフトくんもよろしく。
ロフトぼうや もよろしく

ロフトダイエット その12

ロフトダイエット その12
その日は退屈とは
縁遠く
時間を過ごしました。

買った兵糧も
ほとんど手をつけませんでした。

もう十分にしたので
『わたしー
もう寝る時間だから
早く寝ないと
ママにー
怒られるシー

皆様お休みなさい』
と書いて
やっと終わりにしました。

やれやれと思いながら
ログアウトして
ぼんやりとパソコンを眺めていると

○○○の人が
ツイートしていました。
『lofteenさん
仲間に伝えておいたら
みんな君の事を
褒めていたよ。

もう寝たみたいだから
明日またね
いや明日は
ちょっと無理かな
土曜日でないと無理かも
お休みなさい』

「今頃帰って来るんだから
遅いよね
でも寝たことになっているのに
土曜日なの

そうなんだ。
土曜日まで
待ち遠しいな。」
と考えつつ
隣のかすかな
ジーと言う音が
なんだかわからず
寝てしまいました。

あまりに有名になってしまった
蛍子は
満足感だけが残りました。

「『ママにー
叱られるから
早く寝よう』
なんて
どこからそんな言葉が出てくるのか
不思議な感じもしました。

そんな言葉を書くと
なんだか
お母さんが恋しくなってしまいました。

それまでは
お母さんには
正月に会ったけど
別にホームシックになることもなく
過ごしていたのです。

家に電話を掛けられる時間でもないので
布団に入って
寝てしまいました。

次の日の帰り
模型屋さんに
寄り道しました。

何か当てがあるわけでもありませんでしたが、
ネットで有名になった
蛍子も
何か知識を高めておかないと
いけないかな
と考えてのことです。

蛍子は
ぼんやりの店の中を見回しながら
店を回っていました。
いつものように
商品を見ると言うより
人を見ていたのですが
何気に見ていると
部屋の隣の人
(益雄ですが
当時は蛍子は
隣の人とは知っていましたが
名前までは知りませんでした。)が
熱心に模型を見ているのです。

益雄は
商談が
相手の都合で
いきなりキャンセルになって
もう何ヶ月ぶりの
定刻の終業だったのです。

「あっ
隣の人ね

鉄道模型ファンだったんだ。
えー
熱心みたいだわ
そんなに好きなんだ。

きっと昨日私に
フォローしてきた人のひとりに違いないわ。
でも名前がわからないから
誰かわからないけど。

声を掛けるのもなんだし、、、

でもちょっとイケメンね。
私のタイプだわ

あんな人が退屈しのぎに
話しかけてきてくれていたら
いいのにね

でもそんな人じゃないでしょうね。

だって
この店の大方の人は
中年のおじ様ばかりじゃないの、、、

私のタイプじゃないし、、、、

あー
あっ
何で私ってこうなの
鉄道模型屋さんに
ナンパしに来たわけでもないのに
、、、、、

模型を見るのよね」
そんなことを考えて
見ていると

奥のほうに
模型を走らせるところがありました。

街や森の中に
線路や駅が作られていて
かなり
本格的です。


2010年05月15日(Sat)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その11

ロフトダイエット その10
翌日蛍子は
少し早起きして
パソコンをつけてみました。
ちょっと期待していたのです。

「おー
おーお

なかなかやるじゃないの
私の買ったあれって
そんなにいいものなの

一番安かったのに

わからない世界よね
わたし
『不思議の国のアリス』
になった気分だわ

そんないいものではないか。」
とひとりで考えて
自分で突っ込んでいました。

その日は
会社は
なんとなく
退屈ではなくて
楽しい気持ちでした。

「これは何で?」と
自分でもわからず
定時に帰って
コンビニでお菓子を
たらふく買って帰り
お決まりの家の行事を済ませて
ロフトにお菓子を持って上がりました。

「兵糧は持ったし
、、、
兵糧って
私はおっさんか
、、、
じゃパソコンつけてみましょう

えっ
え
フォローの数が
25もある
何なのこれ

えー
『君はもう鉄道模型おたくだ』
『僕達の仲間に入ってくれてありがとう』
『今度の日曜日会合があります』
『君の初めて買ったものは
私が最後に買いたいと思っていたもの
それを最初に買うとは
君は生まれながらに玄人か』
、、、、、、、、
、、、
こんなのばかりじゃないの
私そんなつもりないのに
『おたく』になっていしまって
、、、、
これってどうすればいいのよ
こんなことになるとはわからなかったわ
、、、、
、、
いちおう
『皆様のお仲間になれて
たいへん嬉しいわ
えへ、、
何もわからないから
また教えてくださいね。』
これでいいか
よし

でも問題よね
いきなり有名人だもの
どうすればいいのよ

日曜日にお誘いもあるみたいだけど
『荒手のナンパ』?
こんなの行ったら危険よね

退屈しのぎにはいいけど
どうなんだろうな

もともとのあの人○○○は
どうなの
、、、、
、、、、、、、
何も書いていないんじゃないの

まだ帰ってきていないのかしら
早く帰るって書いてあったのに

あっ
また別の人から来ているわ

『教えてあげる』って
えー
あの買った模型の
詳しい説明を
何度にも分けて
ツイートしないで、、、

、、、

返事は書いておかないと
いけないわよね
私は
従順な
少女と言うことになっているのだから
、、、
『詳しい説明ありがとうございます。
勉強になりました。
また教えてください。』
これでいいかな
エイー

あっ
また着ている
前の説明の
訂正がきてるー

そんな訂正なんかいいよ
どうせわからないんだから、、、
そんなに詳しく説明されても

忙しいわ
これって
炎上と言うのかしら
違うよね。
賞賛なんだから
違うよね。」
蛍子は息つく暇もなく
忙しくパソコンに向かっていました。

2010年05月13日(Thu)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その10

ロフトダイエット その10
翌日
蛍子は会社帰り
悩みました。

鉄道模型のことです。
買ったことにして
書いてみるか
それとも
もうスルーしてしまうか。
さもなくば
鉄道模型を実際買ってみるか。

三者択一です。
「買うべきか
買わざるべきか
それが問題だ」
等と
考えつつ
足は模型店に行っていました。

いつもの会社帰りの道から
少しはなれたところに
あることが前からわかっていたのです。

店に入ると
いかさも「おたく」的な
人々がショーケースを見入っています。

蛍子は
鉄道模型より
人間のほうを観察してしまいました。

「きっと
ツイッターの相手も
こんな風な人たちよね。
会社で見かける
ビジネスマンと言うような人は少ないよね。
私のタイプではないわ。

あ違った、
別に彼氏を探しに来たのではないわ。
鉄道模型を探しに着たんだから、、、

どれがいいかな
どれも同じように見えるけど
わっ
値段高そー
こんな出費しなければならないの
何のためかしら
わからなくなったわ
一番安いのにしましょう

どれがいいかな
あっ
これいいじゃない
1500円じゃないの
大きいし
走るのかしら、、
でも走っても
レールがないんだから無理よね

一応これにしておきましょう。

すみませんこれ下さい。」
と蛍子は言って
安くて見栄えの良いものを買った
つもりでした。


家に帰って
いつもの行事を済ませて
ロフトに上がり
パソコンを起動しました。

そしてログインしてみました。

「こんな出費をしたんだから
居なかったら
怒ってやる。

、、
、、、、、、
、、、
『わたしー
鉄道模型の
○○△○□◇を買ったの
なかなかいいみたい
はまりそうだわ。
この車輪がいいのよね』
、、
どこが良いのかわからないから
一応車輪ということにしておきました。
車輪のどこと聞かれたら
一応答えも考えていました。


、、、、、
、、、、、、、、
、、、、、、
まだなの
帰ってないのかしら
これじゃいつもの退屈じゃないの
、、、、
、、
、、、、、
あっ
もう11時だわ
今日は無理みたい
もう寝よう。

『今日は
模型屋さんに行って
少し疲れたので
寝ます。
お休みなさい。』

これでどうだー」
と言って
ロフトの電気を消して
蛍子は寝てしまいました。

電気が消えたころ
隣の益雄は
帰ってきました。

お風呂に入ってそれから
鉄道模型を見るために
ロフトに上がってきました。

鉄道模型を見る前に
パソコンをつけました。
益雄としては
鉄道模型より
パソコンに触るのは
初めてのことです。

それも急いでつけたという感じです
「おー
lofteenさんは
買ってきているぞ
えっ
初めて買うのに
そんなマニアックなものを買ったの
初めて買うものとしては
奥が深いぞ
「車輪が良い」って
えっ
あの良さがわかるんだ
相当な
人物かもしれないぞ。
ひょっとして
前からやっていたんじゃないのか。

寝てしまったのか。
もっと早く帰れたらいいのに
会社のパソコンでやったら
やばいよね。

仕方がないな
書き込んでおこう
『lofteenさん
残業で遅くなってしまって
ごめんなさい。

それにしても
lofteenさんを見直しました。
そんなマニアックなものを買って
そのよさがわかるんだから

もうlofteenさんは
鉄道模型マニアとして十分だよ
明日は早く帰れるかもしれないから
楽しみにしています。』
これでいいぞ

仲間にも
言ってみよう。

メールしておこう
明日は
みんなで
話してみよう」
と考えながら
鉄道模型を
動かしてみました。

蛍子の部屋にも
かすかに
益雄の部屋から
模型が走る音が
聞こえてきましたが
蛍子は寝ていて
わかりませんでした。

2010年05月12日(Wed)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その9

ロフトダイエット その8
益雄がシャーと言う
小さな音を立てて
模型を動かしていた時間には
蛍子は退屈が過ぎたのか
寝てしまっていました。

益雄は
鉄道模型を見ていると目が冴えてきて
疲れているにもかかわらず
眠れません。

それで
ツイッターでもしてみるかと思いました。
昨日の続きとまでは考えませんでしたが
期待をして
見てみましたが
新たなフォローもなく
lofteenのツイートもなく
少しがっかりしましたが
インターネットの世界なら
こんなものと考えて
独り言ならぬ
「つぶやき」をして
寝てしまいました。

『昨日は休日出勤の上残業
今日も残業
さすがに疲れました。
でも大好きな鉄道模型を見ていると
疲れが休まります。
御一緒に鉄道模型を
してみませんか?』


その益雄の「つぶやき」を
蛍子が見たのは
翌日の退屈な晩でした。

「ほー
休日出勤だったんだ。
忙しそうよね。
私のように退屈なのもどうかと思うけど
忙しいのも
困りものよね。」と
何か安心したように
つぶやいてしまいました。

そのまま
フォローするのも
どうかと思うので

蛍子:
お仕事ご苦労様
雑誌買ってきて
読んでみました。
あまりよくわからないけど
面白そうだと思います。

また教えてくださいね。
えへ、、、

(心とは正反対のことを
と書き込むと
直ぐに)

益雄:
lofteenさん
そうでしょう
そうでしょう
鉄道模型は
面白いんだから
どんなに仕事がつらくても
これさえあれば
乗り越えられるかも

蛍子:
わたしー
がんばってー
みたいとー
思います。
明日模型屋さんに行ってみます。

益雄:
それはいい
最初は
自分が最も気に入ったものを買うんだよ
いつまでも思い出に残るから
僕なんか
小学校2年の時に買ってもらったものを
まだ走らしているもの
楽しいから
その時の思い出が走って行くようです。

(「好きなものを買え」って
そりゃ当たり前な
助言
「あんたは嫌いなものも今は
買っているのか」と
思わず突っ込んでしまいそうになりながら)

蛍子:
そうですよね
好きなものがいいですよね
私の思い出になるものを
選んでみます。
ご忠告ありがとうございます。

益雄:
残念だ
lofteenさんが
買いに行くところについていけなくて
近くだったらいいのに

蛍子:
私も残念ですわ
きっと遠いんでしょうね。

(外交辞令のつもりで
言ったものです。
「本当に買いに行くわけないだろう」
とおもいました。

そんな話も明日の
仕事のことを考えて

益雄:
明日の仕事速いから
今日はもう寝ます
お休みなさい。
明日買ったものを教えてください。


蛍子:
ハイ、わかりました。
おやすみなさい。

2010年05月11日(Tue)▲ページの先頭へ
ロフトダイエット その7

ロフトダイエット その7
月曜日からの仕事は
いつものように
何もないものです。

問題が出るわけでもなく
スムーズにいくわけでもない
そんな仕事で
一日を費やし
家に帰ってきました。

蛍子の仕事は
残業がないので
定刻にに帰ってきて
夕飯の支度をして
それからいただき
後片付けをして
洗濯機を回し
少し掃除をして
ゆっくりお風呂に入って
出てきても
まだ8時半です。

そこから
退屈な時間が
また始まるのですが
今日は買ってきた
雑誌を見る時間がありました。

鉄道模型の雑誌です。
新しい模型はこんなのが出たとか
列車のここは
こんな風になっているとか
この列車とこの列車は
ここが違うとか
マニアックそのもので
蛍子は
特に興味をそそるものではありませんでした。


「何が面白いのかしら」と考えつつ
ツイッターを見ることにしました。

ログインして
見てみました。

何もありませんでした。

「やっぱりそうよね」
とひとりで
納得して
パソコンを切ってい仕舞いました。

隣の
益雄は
日曜日夕方から出勤して
得意先を回って
家に帰ったのは
11時を超えていました。
翌日は
外回りの連続です。

謝ったり
お世辞を言ったり
難しいデータを
調べたり
気を使うことばかりで
その日も残業で
同じく家に帰るのは
11時になってしまいました。

食事は済ましてきていましたので
お風呂に入って
ロフトへ上がり
鉄道模型を
動かしたりしました。

隣の蛍子は
夜の12時ごろになると
何やら
シャーというかすかな音が
しているのがわかりました。

その時はわからないのですが
これは益雄が鉄道模型を動かす時の音だったんです。

1 2    全45件