ロフト付き は、おもしろい - 2009/05

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4579)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2009年5月
         
           

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その5 (6/27)
フェイスブックの「いいね」で性格がわかるそうです。 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その4 (6/26)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その3 (6/25)
性懲りもなくまたオフ会をしようと思います。告知1回目 (6/24)
65歳になってしまった。 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その2 (6/24)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その1 (6/23)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」あらすじ (6/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」今までのあらすじ (6/21)
日が当たらないお部屋 (6/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編 (6/20)
私のyoutubeが少し変 (6/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」全話 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」終わってしまいました。 (6/19)
ブログ小説「妖精の休日」全話 (6/18)
ブログ小説「妖精の休日」その137 (6/16)
「少しだけ食べて長生きしようとしているのですか」 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その136 (6/15)
ブログ小説「妖精の休日」その135 (6/14)
ブログ小説「妖精の休日」その134 (6/13)
ブログ小説「妖精の休日」その133 (6/12)
ブログ小説「妖精の休日」その132 (6/11)
ブログ小説「妖精の休日」その131 (6/10)
時間はゆっくり流れる方が (6/10)
ブログ小説「妖精の休日」その130 (6/8)
ブログ小説「妖精の休日」その129 (6/7)
ブログ小説「妖精の休日」その128 (6/5)
ブログ小説「妖精の休日」その127 (6/4)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (188)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (31)


アクセスカウンタ
今日:2,064
昨日:9,274
累計:9,703,159


RSS/Powered by 「のブログ

2009年05月31日(Sun)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 15話

敬子がいつものように出社すると
ゴミが片付けられており
周りが綺麗になっているので
「十詩子うまくいったんだ」
と思いました。

ゴミ置き場から
帰ってきた
十詩子は
敬子に
さんざん冷やかされました。

敬子:
うまくいったのね
何食べたのよ
手はつないだの?

十詩子:
そんなー
そんなことありません。
食べたのはパンよ

敬子:
パンなの
そんなんじゃ雰囲気良くないんじゃない
それだけなの
他にないの

十詩子:
喫茶店にも行ったよ
男の人と喫茶店に行ったの初めてよ

敬子:
それは良かったわね

十詩子:
悟さんたら
私のお部屋は
ロフトだというのよ
ロフトって知ってる?

敬子:
ロフトって何よ

十詩子:
ロフトというのは
屋根裏部屋と言うことなの
私の部屋ロフトなのよ
もし悟さんが来たらどうしよう
何もないお部屋なのよ
敬子どうすればいいの

敬子:
どうでもしたらわ

そう言いながら
十詩子はルンルンで
その週を過ごしました。

2009年05月29日(Fri)▲ページの先頭へ
チャンネルを回す?ひねる?って何?

チャンネルは
今はどうするの?

過去に戻ってしまう
ショートショートの
「過去に戻ってしまったわ」の主人公真由子は
30年前
チューナー工場で勤めていたことになっています。

チューナーは
周波数を合わせる機器ですが
真由子の勤めていた工場は
テレビ用のロータリーチューナーを作っていました。

実は私の家の近くに
その工場があったので
撰んだのですが
今は
その場所には
マンションが建っています。

若い皆様には
テレビのチャンネルを合わせる所が
回転式になっていたなんて
ご存じないと思います。


今はリモコンですが
当時は
テレビの大体右肩付近に
回転できるように
羽の付いたチャンネルがあります。

このチャンネルの向こうには
長い胴のような物があり
その上に点々と
接点があります。

胴の接点が当たるように
筒状の物に
ポッチが出ています。

チャンネルを回すと
ポッチと点々が
繋がって
望みのチャンネルが映るという仕掛けです。

今は電子式で
そんな接点などないのですが
このロータリーチューナーには接点があります。
テレビが段々古くなると
この接点がうまく繋がらなくなってしまいます。

私の家では
チャンネルを回す所に
箱なんかで
調節して
合わしたりしたり
あるいは
後ろのふたを外して
ロータリーチューナーの接点を
磨いたりしたもんです。

それで高いテレビになると
金メッキをしていて
接点が劣化しないようにした
高級なロータリーチューナーも出ていました。


「チャンネルを回す」なんて言う言葉はもう使わないですよね。

2009年05月28日(Thu)▲ページの先頭へ
大過なく過ごすのは大変かも

繰り返す失敗を
もう一例

私の母は
お風呂に入るとき
熱があるかどうか
体温計で測ります。

何分
92歳になりましたので
皮膚は薄く
その上皮下脂肪など殆どありません。
体温が直接皮膚に伝わります。

電子体温計の中には
予測式体温計という物があります。
感熱部の温度上昇を見て
最終の平衡温を予測する物です。
即ち
温度上昇が急であると
体温は高いと予想します。

母の温度を
この予測式体温計で測ると
高めに出ます。
もちろんながく計って
実温度にすれば正確ですが
そんなことをするなら
水銀体温計で計ればいいことです。

それで
母の体温を
水銀の体温計で
毎晩計っているのです。

でも
一昨日
と昨日計ると
すごい高熱でした。

40度
と42度あるんです。
びっくりしてもう一度計ると
平熱です。

体温計でも落として
高くなっているのだと
思っていましたが
そうではなかった。

原因は
パソコンだったのです。
体温計を
パソコンのそばに置いていたのです。

パソコンは
熱くなって
体温計の温度を
上げていたのです。

水銀の体温計は
パソコンの温度を測っていたのです。

ちょっとした失敗ですね。

皆様もご注意下さい。
でも皆様はこんな失敗しませんよね。

2009年05月27日(Wed)▲ページの先頭へ
大過なく過ごすのは大変かも

大きな過ちなく生活するのは
私にとって難しい問題です。

もっと小さな過ちは私様な者には
多くあるかもしれません。

過ちはともかくとして
失敗はもっと多くあります。

例えばこんな失敗

「近頃
印刷物の色が
ちょっと変でした。
愛娘に相談すると
黄色のインクが
足らないんじゃないの
と言われました。

それで
プリンターを開けて
黄色のインクを見ました。
取ってみると
インクは充分入っていました。

でもインクの出口を見ると
何と
何と
包装用の
フィルムの切れ端が
付いていました。
これが
インクの流れを止めて
色を変にしていたのです。

それに気付かず
相当数の紙を無駄にしてしまいました。」

こんな失敗をする人は
少ないでしょうね。



2009年05月26日(Tue)▲ページの先頭へ
過去に戻ってしまったわ? 第2話

鏡を見ていた
真由子は
一瞬くらっとしら
次の瞬間
チューナー工場の
ラインにいました。

真由子が
1979年5月23日には
チューナー工場で働いていたのです。
チューナーとは
ロータリーチューナーと言って
30年経った今では
現にそんな物を見ないし
そんな言葉を知らないと思います。
まして作っている工場は
とっくの昔になくなってしまっています。

そんな工場の組立ラインに
突然舞い戻った真由子は
何だかわからなくなってしまいました。

他の人は
すべて30年前に体も記憶も戻ってしまっていますので
特に驚くこともなく
当時と同じように仕事をこなしていました。
しかし
真由子は
体は戻っていましたが
記憶が戻っていない真由子だけが
突然の変化に
戸惑うというか
青天の霹靂というか
訳がわからぬ出来事でした。

もっと驚いたのは
すぐ横に
冴子がいたのです。
冴子を見た真由子は
つばを飲み込み
冴子に
「冴子!
冴子じゃないの?」
と大声で叫びました。
冴子をはじめ
工員のみんなは
真由子の方を不思議な目で見ました。

冴子は
「何大声出しているの?
ベルトコンベア流れてるのに
早くしないとダメじゃないの。」と答えました。

そう言う冴子に
「そうよね
手を動かさなくちゃいけないわね。
どんな風にするの?」
と答えました。

「何言ってんの
職長!
交代要員を」
と大声で言いました。
すぐに交代の工員さんがやってきて
真由子と交代しました。

真由子は
なぜかわからないけど
仕事をしなくてはならないと
交代要員の手元を見ました。

昔やってたことだし
要領の良い真由子は
すぐに思い出して
代わってすることになりました。

何か何だかわからない内に
真由子は
心も
30年前の工場に戻っていました。


2009年05月25日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 14話

十詩子と悟は
自転車で
国鉄尼崎駅に向かって走り始めました。

来たときと同じ道順ですが
途中で
もうすぐ駅というところで
十詩子は止まって
「私の家はあそこなの。
一番上の屋根裏部屋よ」と
悟に指を指しながら言いました。

悟は
「あー
屋根裏部屋?
なかなか良いよね。
ロフトだよね。」
と答えました。

十詩子:
ロフトって

悟:
ロフトというのは
屋根裏部屋のことだよ
天井が
斜めになっているだろう
斜めって英語で
ロフトと言うんだ
だから
屋根裏部屋をロフトって言うんだ。

十詩子
そうか私ロフトに住んでいるんだ
何か良いよね

と笑いながら答え
国鉄駅まで行きました。

そこで
悟は
「またね
次の日曜に
試験場で会おうね。
今日は楽しかったよ。
じゃーね」と別れを言いました。

十詩子は
軽く会釈で答え
手を軽く振りました。

悟は地下道で東海道線向こう側に行ってしまいました。

それから
市場によって
お魚と
明日の味噌汁の具の豆腐を
買いました。

お部屋に帰って
「これが私のロフトよね。
そう見ると何だかおしゃれなお部屋よね。
でも殺風景なお部屋よね
おしゃれとはほど遠いような気がするわ。

そうだわ
もっと綺麗にしなくっちゃ
もし悟さんがお部屋に来ることになったら
こんな部屋だったら
幻滅してしまう。
よーし
綺麗にしましょ」
と心の中で言って
魚を炊いて
そのお汁で
野菜を煮ました。

2009年05月23日(Sat)▲ページの先頭へ
マスクをしていないと肩身が狭いかな?その3

そのマスクですが
鼻の周りをピッたっと
皮膚に沿わさないと効果がないと
言われています。

マスクの鼻が当たる所には
特殊な物が入っています。

このブログでは
毎度おなじみ
私の愛娘は
この入っている物は
昔は針金だったけど
今は
プラスチックだというのです。

私はそんなものあるのかどうか見ました。
確かにプラスチックなのに
形を保持できるのです。

ハイテクなんですよね。

過去に戻ってしまったわ? 第1話

この話は
すべてフィックションです。

真由子は、
「歳をとってしまったわ。
若いときの張りがあったのに
たるんでしまったわ。

そうだシワ取りでもしましょうか。
でもそんなお金ないな
でも今がやっぱり幸せなのかも知れないわ」
と鏡を見ながら
ひとりごとを言ってしまいました。

真由子は57歳
駅の中のキオスクに勤めているのですが
同僚の中に
新型インフルエンザが発症した者がいて
自宅待機になって
今日は久しぶりに家にいたのです。

真由子は今は
ひとり暮らしです。

朝ご飯を食べて
ゆっくりしていたのです。


その時と同時刻
地球の裏側の
この物語と全く関係ない人物がいました。
この人物は30年前のある時の出来事が
今の不幸の始まりです。
それをかわいそうに思った
天地創造主の神様は
時間を一気に30年さかのぼらして
救ってやろうと思ったのです。

神様は
そんなことを
よくやっているのですが
30年もさかのぼるのは
120年ぶりです。

神様は
30年前のデータ通りに今のこの世界を
作り直すのです。
そのために神様は35ナノ秒かかってしまいました。
それだけでは
記憶がある動植物には不都合を生じますので
同じように30年前の記憶に置き換えます。
しかしこれが神様にとっても意外と大変なんです。
神様によれば
記憶の型は23種類あって21番目の型には
253種類の亜種がそしてその121番目の亜種に
またまた1054の分類があるのです。
これらを違う手順で30年前の記憶に戻すのです。
これをすべて戻すのに
神様としてはすごく時間がかかって
124ナノ秒もかかってしまって
神様は大変疲れてしまいました。

神様が過去に戻すのに要した
159ナノ秒が過ぎて
全世界は
30年前に帰ってしまいました。
1979年の5月の23日になったのです。
全世界の人は
何もなかったように
30年前を受け入れ
同じように時間を過ごしていきました。

そんな中
真由子だけは違っていたのです。
真由子は神様の記憶の分類で
21番目の型で121番目の亜種で
1054番目だったのです。
記憶の型は7S25P型だったのです。
この型の生物は世界には3個体しかいませんでした。
ひとつは犬でもうひとつはウサギで
そして残りは真由子だったのです。
神様は7S25P型の記憶が
特別な型で
全く違う方法で記憶を戻さなければならなかったことを
すっかり忘れていたのです。

そんな理由で
真由子だけが
30年間の記憶を持って
30年前の世界に戻ってしまいました。

2009年05月22日(Fri)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 13話

喫茶店の窓際の
座ったふたりは
コーヒーを頼みました。

十詩子は
心の中で
「しめしめ
これで良いのだわ」
と考えていました。

ふたりは隣同士に座って
簿記の問題を
あーでもない
こーでもない
と議論しながら
解いていきました。

一杯のコーヒーと水は
すぐになくなってしまいましたが
そんなことも気にせず
居座っていました。

3時にもなると
なくなったコーヒーカップ
前にしていると
居づらくなって
何か頼まないといけないかと
十詩子は思いました。

十詩子:
三時だから
何かおやつ食べません。
ケーキなんかお好きでありませんか。
甘い物は苦手ですか。

悟:
それは良いね
甘い物は僕は大好きです。

十詩子:
無理してません?
お酒の方が好きじゃないんですか。

悟:
無理はしていません。
僕は甘い物好きなんです。
お酒は飲みませんし
食べるのは
甘い物しか
ケーキなんか良いですよね

十詩子:
そー
それは良かった
ねえ
ケーキ頼みませんか

悟:
それは良いですよね

ふたりは
店員を呼んで
ケーキを頼みました。

美味しそうな
ケーキが
前に並びました。
ふたりは
食べ始めました。

特に悟は
美味しそうに食べました。
それを見た十詩子は
満足でした。

食べ終わってから
水を飲んで
またそれから
数時間
ねばって
勉強しました。

夕日が
窓から差し込みはじめた頃
誰から言うともなく
この辺りで終わりにしようと言うことになりました。

悟は伝票を
さっと取って
会計を済ました。

十詩子は
「やった-
やっぱり
悟はいい人だわ
敬子にも言えるわ」と
心の中で
叫んで
顔は
赤くなってしまいました。


2009年05月20日(Wed)▲ページの先頭へ
マスクをしていないと肩身が狭いかな?その2

マスクのネタで申し訳ございません。

兵庫県下では
ご承知のように
インフルエンザの流行の兆しがあります。

それでマスクを皆様されていますが
今日自動車に乗っていましたら
前から
ちょっと
暴走族風のオートバイに乗った
ヤンキーのお兄様が現れました。

その後ろの席に座っていた
強面のお兄様が
マスクをしておられました。

花粉症でもあるのでしょうか
それとも
インフルエンザを
前の席の人にうつすのを
防いでいるのでしょうか。

真相はわかりませんが
今時は
マスクをすることは
賢明な行為です。

皆様も
マスクを
着用して下さい。

夢はよく見ますか

皆様は
夜夢をよく見ますか

私は
よく見ます
それもありありとです。
よく出てくる場面は
勉強したり
走ったり
仕事をしたりの場面です。

例えば
こんな夢です。

「園田の駅前で
仕事をしています。
その後バスに乗って
山の上に行きます
坂を登っていきます。

その後大きな大学の講堂のようなところで
講義を受けます。
講義は冗長
私をはじめ他の学生は
床に寝てしまいます。

昼が来て
昼食と言うことになって
バスに乗って
食堂に行くのですが
私は乗り遅れてしまいます。

園田まで歩いて帰るには
遠すぎると
思っている」と
目が覚めて
夢は終わります。

こんなに長い
ありありとした夢ですが
この夢の
バスに乗って
坂を登ると言う所は
現実に
何度も経験したことのように思うのです。

皆様
夢に見たことが
現実に起こったことありませんか。

私は良くあるように思います。

そこで
ここに
大きな仮説を
提言します。

「私たちが過ごしているこの世界には
神と呼ばれる大きな力を持った者が存在して
時間さえあやつることができる。
そして何度も時間を
さかのぼらしていた。

でも神の力で
それを気づかれないようにしている。」
と言うことです。

しかし
全世界には
60億人の人がいます。
神が全知全能でも
そのすべての記憶を
都合良くすることはできないと思います。

うまくできない人は
さかのぼった時間を
感じることができるのではないでしょうか。

さかのぼった時間を
一人だけが
記憶できたら
自分は
過去にさかのぼれたと
思うに違いありません。

次回の
ショートショートは
こんな話です。

いつものように
構想1分
なんの準備もなく
物語は始まります。

2009年05月19日(Tue)▲ページの先頭へ
マスクをしていないと肩身が狭いかな?

今日
ロフトを見学するためにお客様がおいでになりました。
園田駅でお待ちしておりましたが
現在の兵庫県下の状況では
マスクをしていないと
ダメかなと考えて
マスクをしていました。

待っていて
乗降客を見ていると
8割方
マスクをされていました。

若い方ほど着用率が高かったように見えました。
ごく一部の人ではありますが
ヤンキーのお兄様もされていました。

皆様
お出かけの時には
マスクをご着用下さい。



東男と京女の恋 22話

いろんなリゾットを
しっかり食べたふたりは
「少し体のいいことをした」と
思いました。

武は
最初会ったときに
デート2回目で
結婚を前提に
付き合うかどうか
由美が言っていたことが
気になっていました。

でも
小心者の
武には
そんなことは聞けませんでした。

武の見かけからは
とても小心者とは
思えなかったのですが
そんな風体が
良いときも
悪いときもありました。

でも話は
続きます。

下手なだじゃれなんかも言っていました。
例えば

放送を聞いていて
「ほーそー」と言ったとか

インフルエンザの関係で
マスクがよく売れるので
マスクが
益々売れたとか
言って
受けを狙っていました。

由美も
そんな武が
可愛いそうになってしまいました。

由美:
武さん
そんなに
がんばらなくて良いよ
もっと
力を抜いたら
別に話題がなくても
良いんじゃないの
沈黙で
それはそれで楽しいんじゃない

武:
でも
沈黙は
良くないんじゃありませんか
僕は心配なんです。
おもしろくない男だと思われたらどうしようかと

由美:
話題が多かったからと言って
いい人とは限らないんじゃない
寡黙なのも格好いいかも

武:
寡黙な人が
由美さんは好きなんですか
僕おしゃべりですよね
僕落第ですね

由美:
僕 落第ってなんですか

武:
今日は
由美さんと付き合うかどうか
決まる日じゃないんですか。
僕ドキドキなの

由美:
そんなこと
私言ったの
覚えていないわ
本当に私言ったの

武:
へー
忘れてしまったの
最初に言ったじゃないの
覚えていないの
僕がんばっているのに

由美:
がんばっていたの
知らなかった
ちょっと悪かったかな

武:
別に悪くないけど
僕の
結果を教えて頂ければ
良いんです

由美:
もちろん
どうしようかな
うーん
、
、
、

武:
じらさないデー

由美:
別にじらしていないけど
そんなこと私に言わせるの
私の気持ちわからないの

武:
えー
そー
じゃ良いんですね。

由美は軽くうなずきまし

そしてふたりは
笑いはじめ
そうして大きく笑ってしまいました。

ふたりの今後はどの様になるのでしょう

このお話は
新幹線の場面を除き
フィックションです。

でもリゾット屋さんは
実際にありますので
できれば行ってみて下さい。
ひょっとしたら
しっかり者の由美と
少しひょうきんな武に
会えるか知れません

確実に言えることは
リゾット屋さんは美味しいと言うことです。

このお話は終わりです。

2009年05月18日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 12話

十詩子は何も言えず
パン屋で菓子パンを買う羽目になってしまいました。

内心
「レストランで昼食じゃないの
パンは好きだけど
パンとレストランは
違うでしょう」と思いつつ
仕方がないので
好きなパンを撰びました。

悟は
自分の分だけお金を払って
しまったのを見て
「あー
敬子が言っていた
事態になってしまった。
どうしようかな。
見込みはもうないのかなー」
と思いながら
十詩子は自分の分を
払いました。

ふたりは自分のパンを持って
パン屋を出ました。

阪神尼崎駅前の公園のベンチに座りました。
気候が良かったので
気持ちは良かったですが
十詩子の心は
少し気が滅入って
しまいました。

悟は
簿記のことや
大学のことや
いろんな事を話しました。
でも
十詩子はそんなことより
レストランの事が
気になっていました。

食べ終わって
悟は
「図書館は
話が
できないので
もっと他の場所はないかな」と
十詩子に聞きました。

十詩子:
そうね
図書館では
ちょっとふたりで勉強する意味ないですよね。

悟:
そうだ
喫茶店に行かない?
喫茶店なら
コーヒー一杯で
相当粘れると思うし

十詩子:
それはいい考えね

当時は
喫茶店のが段々と増えていく時期で
時間があれば
喫茶店に行くという
習慣ができつつある時期でした。

ふたりは
国道沿いの
雰囲気の良い
喫茶店の
窓側の席に座りました。

2009年05月16日(Sat)▲ページの先頭へ
マスクは効果があるんですか。

困った事に
新型インフルエンザが
国内に侵入したようです。

手洗い・マスクの着用を
呼びかけています。

確かに効果があるようですし
それ以外には
予防手段は
外出しないことしかありませんので
手洗い・マスクを
皆様励行しましょう。

でも
マスクって
なぜ効果があるのでしょうか。
新型インフルエンザのウイルスは
ナノメーターの単位です。

しかしマスクの隙間は
きっと
マイクロメーターくらいだと思います。
たぶん
網戸の網は
蚊を通さないけど
黄砂のようなものは通ってしまうと言うことです。

しかしマスクの効果は
疫学的に証明されていますので
何が有効なのでしょうか。

皆様
人混みの中では
手洗い・マスクを
励行しましょう。

2009年05月15日(Fri)▲ページの先頭へ
法律は難しい

裁判の結果に
首をかしげたくなることが多いですが
皆様は
次のような事柄はどうでしょうか。

本日判決がでた
福岡飲酒交通事故事件で
一審判決を破棄して
懲役20年の判決が出ました。

弁護側が主張していた
11秒間脇見をしていたと言う主張が
検察の証明により
退けられたためです。

即ち
飲酒のために酩酊と
脇見の不注意を
秤に掛けると
脇見による不注意は軽く
飲酒のための酩酊は
罪が深いと言うことです。
法律にそう書いてある以上
そうなんでしょうが
皆様どの様にお考えですか。

11秒にわたって
脇見をする不注意は
不注意なんでしょうか。

一方飲酒の酩酊は良くないことと
断罪されました。
私もこれについては
同感です。

法律に書いてあるから
こんな不合理なんですから
法律を改正すれば如何でしょうか。
私が言うことではありませんが、、、

東男と京女の恋 21話

東京に坂が多い理由を
由美に聞きました。

由美:
まだ知りたいんですか。
調べなかったんですか。

武:
どんな風に調べてもわからないの
どう調べればいいの?

由美:
そうねどう調べればいいのでしょうね
私もわからないわ

武:
だったら直接教えてくれてもいいんじゃないんですか

由美:
それを教えたら
あなたのためにならないわ
それにそんなことを知っても
なんの役にも立たないんじゃない

武:
そうかな
私のために
言わないの
それはありがとうございます。
また困った事があれば
言ってみます。

由美:
武さんて
ものわかりがいいこと
困った事があれば
私にお尋ねになって
なーんて

武:
由美さんて
なんか大きな力を持っているんですね。
海よりも大きく
山よりも高いような力を
感じますね

由美:
それって
母の愛でしょう
私はあなたの母なの

武:
いやー
そうじゃなくて
なんか大きな力を感じるということで
由美さんに引かれます。

由美:
私のことそんな風に思っていらっしゃるの
私は力のない
京女よ
か弱い女なの
私を後ろ盾になるような
力の強い男性を望んでいるの

武:
ハードル高いね
僕そんなに強くないし
優しさなら負けないんだけど
優しさって
強さじゃない

由美:
優しさは強さ
そうかもしれないし
そうでないかも知れないないよね

そんなことを話しながら
リゾットを食べ終わりました。

2009年05月14日(Thu)▲ページの先頭へ
クロス貼りは慎重に

クロス貼りの仕事は
少し怖いです。

クロスを重ね切りする
ナイフは
超薄刃で
よく切れるし
地ベラなんか
とがっているので
ちょっと怖いです。

今日は
クロス貼りの仕事をしていたんですが
左側の下げ袋に
地ベラを入れていたのですが
その入れ方が不完全だったのか
脚立から下りるときに
何かに触れたのかわかりませんが
地ベラが
落ちてしまいました。
地ベラ 写真
私の足の上に
尖った方が
当たってしまったのです。

痛かったです。

皆様
ご注意下さいませ。


ロフトで勉強しましょ 11話

十詩子と悟は
自転車で駅前を南に向かいます。
警察署の横を過ぎて
道が細くなって
まっすぐ行くと
国道2号線に出ました。

当時の国道は
真ん中に路面電車が通っており
荷車も
国道を通っていました。

国道に出て
右に曲がりちょっと行くと
左側にできたばかりの
立派な文化センターがあります。

文化センターの向こう側の
庄下川との間の地道を入っていくと
大きな空き地があって
その向こうに
2階建ての
図書館があります。

前の自転車置き場に
自転車を止めて
鍵を掛け
2階に上がりました。
2階には自習室があって
満員に近くたくさんの人が
いました。

ふたりは
真ん中の
ふたつ空いている席
隣同士に座りました。

入り口に
大きく
「静粛」と書かれていて
静かな学習室です。

ふたりは
目くばせはするものの
話は出来ませんでした。

昼の
12時近くになると
座っている人が
立って
出ていきました。
昼ご飯にでも
行くのでしょうか。

十詩子は
悟を見て
悟も
十詩子を見て
目で合図して
同時に学習室を
出ていきました。

悟は
「お昼はどうする。
パンでも食べる?」
と聞きました。

十詩子は
レストランで
一緒に食事をしたかったんですが
「えっえ
そうしましょうか」と答えてしまいました。

2009年05月12日(Tue)▲ページの先頭へ
東男と京女の恋 20話

武は
色々と悩んでいましたが
その日はやってきました。

仕方がないので
会ってから考えようと言うことで
いつもの待ち合わせ場所に向かいました。

いつもと言っても2回目だから
いつもではにのですが
いつもなったらいいなと思いました。
それにハチ公は
よくよく見れば
愛らしいし
実家で飼っていた
犬に似ていてハチ公好きだったのです。

1時間の前にも行って
待っていました。
暇だったので
ハチ公を触ってみました。
冷たかったです。

そんなことをして
時間が経って
約束の10分前に
由美が来ました。

由美:
武さん待った?
ごめんねいつも遅くて
武さん早く来たんでしょう
時間通り来てくれればいいのに

武:
そんなことないよ
今来たばかりだよ
ところで
今日はどこ行こうか
全く思い浮かばないんだ
映画でも行く
映画がえいがな
って
どうかな

由美:
そんなこと考えていたんだ
武さんと結婚したら
そんなことばかり聞くのかな

武:
えっ
そんなこともう言わないよ

由美:
良いのよ
笑いがある人生は良いもの
ストレスがない人生は
最高の人生だから

武:
そうだよね
笑いは大切ですよね

由美:
笑いは大切かも知れないけど
上質の笑いが必要よね
ところで
どこへ連れて行ってくれるつもりなの
私の希望は
聞いてくれるの
映画はちょっと困ります

武:
映画はなぜダメなの

由美:
映画は
暗い所でしょう
何か雰囲気悪いんじゃない
それに頭が痛くなるの

武:
そうだよね
僕もそうなんだ

由美:
前と同じ場所で良いんじゃない
美味しかったし
雰囲気も良いし
ダイエットに良いよ
ダイエットする気はないけど

武:
僕も好きなんだ
じゃ行こうか

ふたりは
前と同じ場所に行きました。
席について
前とはちょっと違うものを
注文しました。

武:
前の答え
教えてくれる

由美:
前の答えって

武:
東京には坂が多い理由

由美:
まだそれが
気になるの

などと話して
まだまだ続きます。

2009年05月11日(Mon)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 10話

その時の十詩子の
いでたちは
白に大きめの赤の水玉模様の
ワンピースに
赤のハイヒールです。
髪の毛は
もちろん染めていなくて
黒い髪を
お下げにしていました。
白いハンドバッグが
とっても清楚な感じで
悟は
昼間の日光の下で見た十詩子に
少し心を奪われました。

かたや悟は
当時の大学生がそうであるように
白のワイシャツに
薄いベージュの
ブレザーを着ていました。
開襟で
髪がぼさぼさのところが
十詩子には
頼もしく思いました。

ふたりは待合室で
改めて
自己紹介になりました。

悟:
僕は悟と言うんだ。
○○大学の2年生なんだ
大学に行っているんだが
経理の勉強もしたくて
専門学校にも行っています。
畑違いだから
少し難しいよ

十詩子:
そうなんですか
私は十詩子
今年の春
豊岡から出てきました。
この近くの工場の経理課に勤めています。
社命で専門学校に行っています。
簿記の試験に通ると
資格手当が付いて
給料が少し増えるの
がんばっています。
実家に少しでも
仕送りがしたいので、、

悟:
十詩子さんは親孝行なんですね
僕なんか親のすねばかりかじっていて
十詩子さんには
頭が上がらないなー

十詩子:
別に私が学費を出しているんじゃないので
私に言わなくてもいいと思いますよ。
あなたも
勉強にがんばってるんじゃないんですか。

悟:
そう言われると
恐縮しますよ
勉強はがんばっていやっているつもりだけど
あまり成果が上がらなくて
私の母が
後悔しないように
がんばるように
と言われているし

十詩子:
後悔しないようにって言われたの
私と同じですね
親の考える事は
同じね

悟:
当面の課題をクリアするために
がんばりましょう。

十詩子:
そうですね
じゃ
中央図書館に行きましょう。
本を借りに
前行ったことあるの

悟:
僕も行ったことあるよ

と言って
ふたりは
駅舎から出て
自転車で
駅の前の道を
まっすぐ南に向かいました。

2009年05月09日(Sat)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 9話

課長が
「十詩子さん
今日は何だか綺麗だよ」
などと言った事は
今なら
セクハラだと言われそうです。
でも当時は
当たり前で
十詩子は
「なぜわかるんだろう」
などと考えて
少し赤くなりました。

それをしっかり見ていた課長は
「やっぱり
明日はデートだな」
と言い当ててしまいました。

十詩子は
課長が
言い当てたのを
びっくりしました。

それを聞いていた
敬子も
「課長はやっぱり課長だけのことはあるな」
と思ってしまいました。

そんなうきうきした一日も
終わって
デートの日が来ました。
十詩子は
朝早く起きて
用を済ませて
念入りに
化粧をはじめました。

前の日に
薬局で
化粧の仕方を聞いて
買ってきていたのです。
店先では
うまくできたのに
その日の朝は
うまくいかないので
付けたり消したり
試行錯誤の連続です。

あまりにも厚化粧ではいけないし
そうかといって
薄化粧では
少し心配だし
どうして良いかわからなくなりましたが
時間が来たので
十詩子らしく
薄化粧で出かけました。

待ち合わせ場所は
国鉄の尼崎駅です。
当時の尼崎駅は
木造の小さな駅舎で
戦争で燃えてしまったので
急ごしらえで作った
駅舎が
まだあったのです。

相当早く
ついてしまった十詩子は
悟を待ちました。

待ち合わせの時間が
ちょうど来たとき
計ったように
十詩子が
駅の待合室にやってきました。

十詩子は
笑顔で「お早うございます」と言いました。

悟もはにかみながら
「おはよう」と返事をしました。

ふたりは
待合室の
木の作り付けの椅子の座りました。

2009年05月08日(Fri)▲ページの先頭へ
ロフトとロフトの階段の見学会 その1

見学会のお知らせ

ロフトとロフトの階段の見学会

期間:5月16日より5月24日まで
場所:兵庫県尼崎市東園田町
   阪急園田駅徒歩5分です。
時間:朝8時頃より夜9時頃まで
備考:前もってお電話下さい。
   06-6491-6339

缶コーヒーとケーキ付きです。

皆様も一度階段を上って下さい。。
来られてもアンケート等などお願いしません。


写真は前の見学会の時の写真です。
まだお部屋ができていませんので前の写真を使っています。
詳しくはロフトの階段とロフトの見学会から
お願いします。

東男と京女の恋 19話

次ぎに会う約束をして
ふたりは別れました。

武は
まだ
由美と付き合うチャンスはあると考えていました。
そこで
次のデートは
どこにしようか悩みました。

リゾット屋さんが
好評だったので
その流れで
何か良い所はないか
本屋で立ち読みして
探してみましたが
そんなに良い所はありません。

映画や野球とか考えてみましたが
ゆっくりと話なんか出来ないし
もう
武は困ってしまいました。

それで
武は
由美に聞いてみることにしました。
メールで
「由美さん
今度のデート
どこが良いかな
やっぱり食事系かな
それとも
娯楽系かな」
と出しました。

そうすると
まもなく
返信がありました。
「デートと言えばデートだけど
そんなに大げさに考えなくても
私どこでも良いよ。
そうだ
健康的だし
前と同じリゾット屋さんでも良いよ
もしあなたがよろしければ、

他に何か良い所があればそれでも良いよ。
あまり高くない所が良いよ」
そんな答えが返ってきて
武はほっとしました。

「本当に
由美さんはいい人だ。
絶対に由美さんと
結婚してみせるぞ!!
でもどうやって
どうやって
やればいいのかな

いくら考えても
思い浮かばない
どうやってやればいいのかな
これって相談にのってもらえる所
ないのかな
僕の友人にはいないよね
やっぱり友達はよく撰んでおくべきたった。

そう言っても
今さら」

こんな堂々めくりの
考えばかりで
良い考えは出てきませんでした。

著者のお願い
出来れば
武が行える
方法を
ご教示下さい。
右メールよりお願いします。

2009年05月07日(Thu)▲ページの先頭へ
クロス貼り 天井面に貼るとき

天井面にクロス貼りをするとき
壁面より
大変です。

上に向かって貼るので
位置を決めて
片方から貼っても
めくれてきてしまうので
大変です。
位置決めを何度もやっていると
段々つかなくなってきて
その上クロス同士が
くっついてしまって
どうしようもなくなってしまいます。

ではどの様にしてクロスを貼ればいいでしょうか。


1.まずクロスを撰びます。
クロスは柄物でなく
少々位置決めが悪くても
問題がないもの

2.糊を多い目に付けます。
糊は硬い目を覆い目に付けます。
向かい糊も良いかも知れません。
(向かい糊とは
貼り付けられる面
即ち天井面に糊を付けておくこと)


3.クロスは長い目に切ります。
うまく貼れなくても
足らなくなるのを防ぎます。

4.ふたりで貼る
落ちないように
もうひとりの助手に持ってもらう。

5.T字型の補助具を使う。
T字型の補助具とは木でT字型に作ります。
Tの字の縦に当たる木は天井高さより
少し高い目に
Tの字横はクロスの幅より
少し長い目に
作ります。

貼り面の中央に辺りに
そのT字型の補助具でクロスの真ん中を留めて
床から突っ張ります。

それから片方を
位置決めして
貼り付けます。
こうすると
落ちてこなくて
ゆっくりとでき
ひとりでできます。

私が使うのは無地のクロスを
大きめに切って
ひとりで貼ります。

一回女房殿に
手伝ってもらいましたが
うまく貼れなくて
けんかになってしまって
柄物のクロスは
T字型の補助具で貼ります。

仲の良い皆様は
ふたりで貼って下さい。
くれぐれも
仲良く貼って下さいね。

2009年05月06日(Wed)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 8話

翌日会社にいつもより
早く行ってしまいました。
守衛室で鍵をもらって
経理課の部屋の鍵を開け
いつものように掃除をはじめました。

灰皿を掃除して
ゴミ箱のゴミを
捨てに行こうとすると
敬子がいつものように出社してきました。

「十詩子早いんじゃない。
それになんか嬉しそうだね。
そうだよね。
嬉しいはずだよね」と言われてしまいました。

十詩子は少し赤くなって
早足で
少し離れた
焼却場まで
行きました。

帰ってくると
敬子はお茶を入れていました。

「敬子さんちょっとお茶早いんじゃないんですか」
と十詩子が尋ねると、
「これは私たちの分よ
聞かせてよ
今度のデートは
どんな風にするの
本当に図書館に行くの?
そんな所じゃ
話も出来ないんじゃないの」
と答えました。

ふたりは
湯沸かし室の端に置いてある
古びた椅子に座って
話し始めました。

十詩子:
図書館に決まってるじゃないの
それ以外にどこに行くというの


敬子:
そーなの
何かつまんないの
でも食事何かするんでしょ
ふたりで
何食べるつもりなの
図書館なら
どこの食堂かな

十詩子:
そうね
朝会うのだから
昼ご飯は食べるのかな
わからないなー
こんな時はどうすればいいの
敬子さん教えて

敬子:
そうね
やっぱりこざっぱりした所が良いよね
中央商店街は少しね
やっぱり尼センデパートかな

十詩子:
ちょっとお高くない

敬子:
何言っているの
おごってもらうのよ
女性はいつもおごってもらわないと
いけないのよ
割り勘をする男なんかに
惚れたらダメよ

十詩子:
えー
そうなの
もし彼がそうだったら
どうしよう
やっぱり安い方が
良いよね
その危険性がなくて

敬子:
何言っているの
そんな事じゃダメじゃない

と言っていた所
部屋の方に
課長が来たような音がしたので
話は終わって
すぐに
お茶を入れて
持って行きました。

課長は席につくなり
熱いお茶が出てきたので
「おー
ありがとう。
十詩子さん
今日は何か良いこと合ったの
今日は綺麗だよ」
と言われてしまいました。


2009年05月05日(Tue)▲ページの先頭へ
東男と京女の恋 18話

リゾットを食べ終わった後も
ふたりの話は
続きます。

武:ところで
由美さんは
理想の人はどんな人なの

由美:
そうね
私の主人は
ちょっとお金持ちで
持ち家で
貯金は1000万円くらい有って
正社員で働いていて
その上優しくて
たくましくて
泳ぎが出来て
高い所も平気で
背が高くて

あまりないけどそのくらいかな。


武:
へー
そんなに多いの
クリア出来ないよ

由美:
あっ
一番大切な事を忘れたわ
やっぱり賢くないといけないよね。
私の父が言っていたわ
”貧乏は一代だけど愚は末代”よ

武:
それはそうだけど
大変ね
すべてをクリアするのは難しい-
まず貯金は1000万円もないし
家も持っていなし
頭はそれほど明晰ではないし
十人並みかな
背もそれほど高くないし
泳ぎもとくいではないし

そうだ
高い所は平気くらいかな


由美:
それでは
ちょっと無理ね
あきらめて頂かなくては、、、、

なーんちゃって
嘘だよ
そんなハードル高くしたら
私一生結婚出来ないよ-
でも賢い事は必要ですよね。


武:
へー
えー
まだハードル高いな
賢いというのはどの程度なの
例えば一流大学出でないといけないの


由美:
それは
他の事情によるよね
一概には言えないよね


武:
そうですよね
そう言うことは
感情の問題だから
昔から
あばたもえくぼ
と言うくらいだから
好きになったら
なんだって良いんですよね

由美:
それは極論じゃない
やっぱり
ある程度のラインはあるんじゃない
そのラインに達していない人とは
お付き合いしないわ

武:
単刀直入に言うけど
僕はどうなの
ラインに達しているの??

由美:
どうしようかなー
はっきりわからないわ
一度くらい有った程度で
第一武さんが
どの程度の頭脳レベルかわからないし

武:
そうですよね
じゃ次ぎも会ってね

由美:
どうしようかなー

会ってみようかな



あまりにもながく
リゾット屋さんいたので
店員さんににらまれてしまいました。

こんな話をして
次ぎに会うことを約束して
別れました。

お部屋のどこにでも設置できる手すり その5

お部屋のどこにでも付けられる
手すりがあったら便利ですが
便利の裏には
不便があるものです。

手すりがあると
ジャマで
介護が出来ないのでは
と考えの方がおられると思います。
でも大丈夫なんです。

大丈夫です。
茶色線の介護者は
通れます。

2009年05月04日(Mon)▲ページの先頭へ
クロスの切り方

クロスの切り方

前述のように隅を
木べらで擦りつけ
地ベラを合わして
ナイフで切断するのですが、
隅部分の隅 
写真の部分は
擦りつけられません。 余分なクロスを 前もって取っておかないと 地ベラでクロスを傷つけてしまいます。 ではどのくらい角を 取ればいいかと言うことが問題です。 後述のクロスの理論編の切り方にもあるように 押さえて角になる所より 4mm程度外側で切って下さい。
クロスの切り方

2009年05月03日(Sun)▲ページの先頭へ
ロフトで勉強しましょ 7話

十詩子は
後ろを向いて
「ありがとう」と言って
目薬を受け取りました。

それから先生の講義が続いて
ふたりにとっては
長い授業が終わりました。

敬子と十詩子
そして悟は
席を立ちました。

敬子が
十詩子に
「目薬のお礼言ったら」
と言いました。

そう言われて
十詩子は
悟に目を合わせて
「ありがとう」ともう一度言いました。

悟は
「そんなに言うほどでも、、、
ところで
もうすぐ試験ですよね」

十詩子は黙って下を見ていました。

敬子は
十詩子の手を引っ張って
何とか言うように
目で合図しました。

十詩子は
「そうですね。
今度一緒に勉強しない。」
と小さな声で答えました。

悟は
「そうだね。
それも良いね」
と話しながら
エレベーターの方に
歩いていきました。

狭いガタンガタンと大きな音をたてながら
下りるエレベーターに他の学生と
黙って乗りました。

夜で暗くなった駅までの道も
黙って歩いていきました。
地下鉄で梅田まで
それから国鉄で
尼崎まで
3人で帰りました。

十詩子は知っていましたが
悟はこの時初めて
前のふたりの女性は
同じ駅から来ているのだと
いうことを初めて知りました。

尼崎駅では
3人の帰り道は違います。
悟は地下道を通って北側に
十詩子は南の警察署の裏手に
敬子は
東の支所の近くでした。

別れ際に敬子が
「十詩子一緒に勉強したら
今度の日曜日なんか良いんじゃないの
図書館にでも行ったら」といいました。

十詩子は
また顔を真っ赤にして
「一緒にどうですか」
と小声で言いました。

悟も
耳が熱くなるのを感じながら
「それはいいですね」
と答えて
日曜日に会う時間と待ち合わせの時間を決めました。

1 2    全33件