ロフト付き は、おもしろい - 2008/12

ロフト付き って良いですよね。隠れ家というか何というか。
カテゴリ
ロフト付き は、おもしろい
ロフト付き は、おもしろい/一覧 (4675)


このブログは
読んで頂いているあなたに
書いております。

よろしくです。
杉原正治オン Google+

2008年12月
 
     

新着エントリ
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その85 (9/22)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その84 (9/21)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その83 (9/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その82 (9/20)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その81 (9/19)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その80 (9/18)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その79 (9/17)
右手挙げて 左手挙げて (9/17)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その78 (9/16)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その77 (9/15)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その76 (9/14)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その75 (9/13)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その74 (9/12)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その73 (9/11)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その72 (9/10)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その71 (9/9)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その70 (9/8)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その69 (9/7)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その68 (9/6)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その67 (9/5)
ロビフット (9/4)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その66 (9/4)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その65 (9/3)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その64 (9/2)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その63 (8/31)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その62 (8/30)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その61 (8/29)
ブログ小説「ロフトで勉強しましょ」結婚編その60 (8/28)
「サチのお寺ごはん」 (8/27)

新着トラックバック/コメント

皆様お元気ですか。
『心をダイヤモンドのように
清らかで堅くて光るもの
にしてください。
神様が見ていて
助けてあげるようにと
私たち(妖精)にお命じになります。』
(私のブログ小説よりの一節)

このブログにご意見のある方は

メールください。
ロフトで笑ってすごそう
亡きアスカルも笑っています

ジーッとアスカルを見ていると変わります。

アーカイブ
2005年 (50)
8月 (11)
10月 (4)
11月 (19)
12月 (16)
2006年 (211)
1月 (18)
2月 (6)
3月 (10)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (13)
8月 (12)
9月 (21)
10月 (27)
11月 (15)
12月 (35)
2007年 (301)
1月 (29)
2月 (18)
3月 (21)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (31)
7月 (36)
8月 (28)
9月 (28)
10月 (26)
11月 (14)
12月 (11)
2008年 (265)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (11)
4月 (13)
5月 (14)
6月 (17)
7月 (26)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (42)
11月 (35)
12月 (20)
2009年 (414)
1月 (19)
2月 (27)
3月 (27)
4月 (33)
5月 (33)
6月 (26)
7月 (31)
8月 (33)
9月 (44)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (53)
2010年 (475)
1月 (50)
2月 (48)
3月 (24)
4月 (32)
5月 (45)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (37)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (24)
12月 (36)
2011年 (314)
1月 (36)
2月 (26)
3月 (28)
4月 (24)
5月 (24)
6月 (25)
7月 (27)
8月 (27)
9月 (22)
10月 (22)
11月 (28)
12月 (25)
2012年 (374)
1月 (34)
2月 (31)
3月 (30)
4月 (25)
5月 (34)
6月 (26)
7月 (30)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (42)
11月 (28)
12月 (32)
2013年 (503)
1月 (36)
2月 (33)
3月 (44)
4月 (31)
5月 (33)
6月 (31)
7月 (56)
8月 (54)
9月 (43)
10月 (45)
11月 (43)
12月 (54)
2014年 (573)
1月 (41)
2月 (40)
3月 (52)
4月 (53)
5月 (46)
6月 (49)
7月 (53)
8月 (48)
9月 (47)
10月 (55)
11月 (45)
12月 (44)
2015年 (494)
1月 (51)
2月 (43)
3月 (52)
4月 (47)
5月 (46)
6月 (37)
7月 (36)
8月 (33)
9月 (30)
10月 (36)
11月 (40)
12月 (43)
2016年 (417)
1月 (33)
2月 (10)
3月 (29)
4月 (30)
5月 (41)
6月 (40)
7月 (43)
8月 (40)
9月 (41)
10月 (34)
11月 (37)
12月 (39)
2017年 (284)
1月 (37)
2月 (31)
3月 (25)
4月 (29)
5月 (35)
6月 (34)
7月 (37)
8月 (32)
9月 (24)


アクセスカウンタ
今日:640
昨日:5,445
累計:10,201,745


RSS/Powered by 「のブログ

2008年12月30日(Tue)▲ページの先頭へ
賞味期限はないの???

今日テレビを見ていると
何十年前の
穴子のたれを
使っている寿司屋が
出てきました。

継ぎ足し継ぎ足し
使っているそうで
何十年前からだそうです。

でもそれって
今話題の
賞味期限は大丈夫なのでしょうか。

継ぎ足しをしているのにしろ
相当古い部分があるのじゃないでしょうか。
やっぱりこれって
不穏当ですよね。

そんなことを自慢にしている
お寿司屋さんて
消費者の考えに合わないのではないでしょうか。


でも実際は
塩辛いたれのことですから
実害はないと思います。

しかし
もっと問題があることが
放送されていたのです。

マグロを切る
包丁というか
刀というか
すごい刃物を
研いでいるのですが
その研ぐ時
力あまって
手を擦ってしまうそうです。

研いでいるその人は
「美味しくマグロを切るためには
手の怪我は仕方がない」
と言っていました。
全く自慢のように言っていますが。
上等なマグロですから
きっと生の刺身で食べると思うのに
怪我をした手で
間接的ですが
触って良いのでしょうか。

料理人には
怪我は大敵ではないのでしょうか。
黄色ブドウ球菌なんかよく傷口から
感染すると聞いているのですが、、、、


業界の常識は
大衆の非常識ですよね。

すみません。
我が身を削って
刃物を研いでいる人に
こんな話をして申し訳ございません。

2008年12月29日(Mon)▲ページの先頭へ
眠れる森の、、、

この頃寒いですよね。
起きるのがいやになります。
「このまま寝ていたい。」
と考えていたら
「眠れる森の美女」の話を思い出してしまいました。

私も「ズーと眠れて良いな」
と考えましたが
私だったら
「眠れる森のおっさん」だよね。

でもよく考えてみると
寝ていても
トイレに行きたくなるものです。
づーと寝ていると
ひょっとして
「お寝小するのでは」
等と考えが発展してしまいました。
すみません。

ひょっとして
「眠れる森の美女」は
ちょっと不潔
風呂も入っていないみたいだし。

ごめんなさい。
寝ていると
つまらぬ事を考えてみました。

じゃ起きましょう。

2008年12月26日(Fri)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 マネジメントその9

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

先日
ブログに書きした
「お金持ちの大方は
庶民の消費動向を
科学的に解明し
自分に利益が上がるように
仕組んでいます。」
を説明させて頂きます。

私はマネジメントについて
勉強したことがないので
正確には言えませんが
企業経営は
科学的に研究されています。

例えばたくさんの
ショッピングモールを訪れた方は
吹き抜けが共通してあるのを見うけられたと思います。

科学的に
吹き抜けは
購買意欲を高めることが
きっと実証されているのでしょう。

即ち我々は
必要ないものを
買っているのかもしれません。

他に例を挙げれば
大きな店は品揃えが良くて
良い店だと思っていませんか。
やたら大きな店が出来るのは
この理論を使っているのです。

即ち
大きなお店=大きな資本=お金持ち=儲かる
の方程式が
成り立ってしまうのです。
でも
何度も言いますが
大きな店の利益は
再生産に回らない!

景気回復に寄与する消費者行動をお願いします。

2008年12月24日(Wed)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 やっぱり再生産に回らない!その7

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

先の
ブログで
大企業の商品を買うと
再生産に回らないお金があると
言いましたが
今日報道によると
先頃派遣社員を解雇して問題になった数社が
30兆円ばかし内部留保金があると
言っていました。

解説者は
「経営者はもっと
モラルを持って経営すべきだ。」
と論評していました。
しかし
資本主義社会の
会社の経営者が
経費を節減して
利益を留保するのは
当たり前のことで
批判される事ではないと思います。

では庶民はどのように対処すべきかというと
やっぱり大企業を利用するのではなく
それなりの企業というか経営者を利用すべきです。

でもそれが難しいのですよね。
見分ける方法ありますでしょうか。

2008年12月23日(Tue)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためにはその6

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

政府が
何かしからの政策をするとき
よく経済4団体にお伺いをだすように思います。
やっぱりお金持ちに聞かないと
日本の将来は決めなられないということです。

その他の庶民は
お金がないので
力がありません。
それでは
庶民は経済の好不況の蚊帳の外にあって
万年不況に甘んじなければならないものでしょうか。

私は
庶民の力は
その数で勝負すべきだと考えています。
選挙もそうですが
選挙で選んだからと言って
その人が当選するとは限らないし
なかんずく
選んだ人が
庶民のための政治をするとは
言い難いと思います。

私は選挙も大事ですが
庶民のもうひとつの面
消費者としての
権利を行使すべきだと思っています。

お金持ちの大方は
庶民の消費動向を
科学的に解明し
自分に利益が上がるように
仕組んでいます。

具体的に列挙します。
1.同じ商品なら個人商店で買いましょう。
2.有名人を宣伝に起用している商品は買わないようにしましょう。
3.有名人や大会を応援している企業の商品は買わないようにしましょう。
4.非生産的な商品は買わないようにしましょう。
5.国産品を買いましょう。
6.外国旅行は控えましょう。
  外国旅行や外国製品を愛用する経営書の商品は控えましょう。

不況を脱出したいなら
是非実践してください。

2008年12月21日(Sun)▲ページの先頭へ
大掃除は何時がいい?

今日放送で
年末に大掃除をするのは
温度と湿度が低いこの時期にするのは
不合理だと言っていました。

そうだというと
女房殿は
昔は暑いときに
大掃除をしたと
言いました。

そうですよね。
昔は大掃除は
夏の暑いときだったように記憶します。

その大きな原因は
畳を干さなければならないからです。
みんな夏の暑い日に
畳を干していましたよね。

それから
戦前には
警察官が
大掃除をしたかどうか
検査に来たそうです。

今ならきっと我が家は
怒られてしまいます。
今で良かった。

アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためにはその5

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

サッカーのクラブワールドカップに
ガンバ大阪は念願の
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)と対戦できたけど
敗退してしまいましたね。

でもこの試合のために
もちろんこの試合のためだけではないですが
日本の有数の自動車メーカーで
不況のため大規模の派遣社員を解雇した会社が
スポンサーですよね。

これって
少し矛盾を感じます。
クラブワールドカップに出るような
選手は
とても高収入なのに
何故応援するの????

景気の面から考えても
自動車メーカーのこの出費は
大方が外国に行って
再生産に回らない。
その上
クラブワールドカップは
テレビで見る限りは
観客が少なそうです。
産業波及効果も殆どないようです。

私は景気回復という面だけから
今回のこれを見ると
クラブワールドカップにはお金を出さずに
解雇した派遣社員を
雇用していたら
たとえ
2ヶ月でも良いから
雇用していたら良いのではなかったと思うのですが???

こんなことを言っても
「負け犬の遠吠え」
ですよね。

次回は庶民が
その数を利用して
景気の良くなり方を
当たっているかどうか分かりませんが
述べてみます。

2008年12月20日(Sat)▲ページの先頭へ
ロフトの天窓から大阪を見れば

ロフトの改造工事を今しています。
天窓を付けるために屋根に穴を開け
天窓を取り付けました。

周りから水が漏れないように
水切りを取り付けるために
屋根に上ると
意外と今日は
天気が良くて
大阪が見えました。

それで
200mmの望遠レンズを
女房殿に家から持ってきてもらって
「パチッ」
撮ってみました。




大阪梅田は
今建設ラッシュで
JR大阪駅北側に
新しいデパートを作っています。

またその向かいの
阪急大阪梅田の
阪急百貨店大阪店を
建て替えしています。

園田からでもハッキリ見えます。
数年前の
景気がよい時に建設が始まりましたが
だんだん景気が冷え込んできて
どうするんでしょうか。

東京のデパートは
大阪に出店するのでしょうか。

私ごとき心配する必要はないですね。
すみません。

2008年12月19日(Fri)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためにはその4

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

今日は食べ物について
考えてみます。

皆様朝食は
パンですか
お米ですか
私はパンは食べませんから
ご飯です。

さてお米は
自給率100パーセントの
唯一の食品です。

それに対して
麦は
大方外国産です。

さて朝パンを食べるのをやめて
お米にすると
外国産に変えて
国産に変わります。

先頃麦の値段が上がって
困るとの報道がありましたが、
麦を食べると
一部は外国に送られます。
即ち
再生産に回る金額は
少なくなります。
方や
お米は100パーセント自給ですから
お米を買ったお金は
外国に行くことはありません。
一部を除き農家は
零細業者ですので
蓄えられること無しに
再生産に回ります。

即ちお米を食べることは
食の安全保障以外に
景気回復の起爆剤にもなります。

皆様朝は
ご飯を食べましょう。
パンよりも
安価だと思いますし、、、

もちろん美味しいし
私は好きです。
如何でしょうか。

2008年12月17日(Wed)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためにはその3

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

前回
たこ焼きとCDのお話は
皆様どのように
お感じなったでしょうか。

では少し違った面から考えてみます。

超有名な人が
宣伝している商品を考えてみましょう。
テレビを見ていると
よく見ると思います。
その有名人のファンであろうと
無かろうと
同時に商品を
買ってしまっていると思います。

しかし超有名人のギャラは
相当するので
結果的に
商品の値段に跳ね返ってきます。

結果として
○商品は高くなる。
○超有名人が得たギャラは再生産には回らない。

つまり超有名人が宣伝している商品を買うと
不況になりやすいと類推されます。

皆様が
賢明な消費者なら
そしてこの景気回復を願うなら
超有名人が宣伝している商品の購入は
差し控えた方が
いいと思うのですが
如何なものでしょうか。

2008年12月16日(Tue)▲ページの先頭へ
パソコンが故障したかな

私のパソコンは
相当古い。

今日ついに故障したみたいだ。
で、女房殿曰く
「メーカーに電話して聞いたらわ」
と的確な助言に従い
聞いてみました。

そしたら
コールセンターの女性が
すごい指示を私にして
すぐに故障が直ってしまいました。

何という
奇跡
と言うか
壊れてなかったみたい。

つまらない疑問ですが
コールセンターの
サポーターは
一体どんな人なんだろうと
思ってしまいました。

異国の地に
コールセンターがあると聞いていますが
どこなのでしょうか。
日本語が達者でしたが
あまりに素早いので
何か日本の若者でないように
思ったのです。
もし日本人でなかったら
日本の将来は、、、、

、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、

アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためにはその2

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

どのようにすればこの不景気から抜け出せるでしょうか。

皆様は生産者である一方
消費者でのあります。
私は皆様方が
消費者としての力を発揮すると
この不景気から抜け出せ
その上
貧富差が改善すると
考えています。

さてもう少し
問題点を提起します。

皆様が
あまり有名でないお店で
たこ焼きを買った場合と
超有名な歌手のCDを買った場合を
考えてみましょう。

あまり有名でないたこ焼き店は
個人商店です。
中はふんわり外はカリで美味しい
たこ焼きです。
6個で200円です。
原価は3割以下ですから
粗利は140円くらいでしょうか。
その利益の大半は
たこ焼きを焼く
夫婦のものになります。
しかしそんなに
売り上げがないから
その利益の多くは
食費や住居費
衣服費などに
使い果たしてしまっています。
殆ど残りません。

超有名アーティストのCDは
アルバムで3000円
原価は固定的です。
最初に作るときに
それなりの費用は要りますが
一度作ると
原価は殆どただみたいなもので
粗利は3000円を少し下回るくらいです。

その利益を
販売店(最近は大手インターネット販売店である場合が多い)と
CD制作会社・歌手・作曲者・作詞家等で
分け合います。
超有名なアーティストは
きっと歌唱印税の率は高率です。
どの程度あるのかしれませんが
きっと相当な額です。
もちろん有名なアーティストが
その曲だけと言うこともありませんから
他にもあって
蓄えもあるから
そのお金は
使いません。
蓄えに回ります。

この二つの事例でおわかりのように
前者のお金は
再生産に回ります。
後者のお金は
それで終わりです。

消費者として
景気回復を願うなら
たこ焼きを買うべきです。

2008年12月12日(Fri)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 不景気から抜け出すためには その1

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

テーマがすごいので
皆様見ていただいて
ガッカリされると思います。

しかしほんの少しだけ
真実を含んでいると思いますので
宜しくお願い致します。

前々回は石川選手について
前回はクラブワールドカップについて
述べさせていただきました。

超有名な石川選手や
松井選手
イチロー選手
あるいは
世界的に超有名な
マンチェスター・ユナイテッドの所属選手は
極めてお金持ちです。
数々の賞金や
お給料を
彼らがもらっても
すべて使い果たすことは
まずあり得ないと思います。
きっと蓄えると思います。

それに対して
その日暮らしの
サラリーマンは
その名の通り
その日暮らしですから
お給料をすべて使わざる得ない状況にあります。

お金は世の中を回ると
循環すると
景気が良くなると
言われています。
即ち
同じ額のお金を
超有名な人々がもらう時と
その日暮らしの人がもらう時を
比較すると
明らかに
その日暮らしの人がもらった方が
お金は循環します。

それに加えて
超有名スポーツ選手は
あえて言えば
富を何も作り出していないのではないでしょうか。
私なんかは
人に喜んでもらうために
アパートを作っていますが
スポーツ選手は
サービスと言えばサービスですが
あえて言わせてもらえば
それは富ではない。
石川選手が
優勝したからと言って
何らかの後世に残る
富が生じると言うことは
あり得ません。

好景気は
みんなが作り出すもので
出来るだけ
多くの人に恩恵がある行為が
景気に役に立つと思います。

長々とすみません。
「じゃあどうすればいいのか?」
これについては
次回
ながながと
くどく言わせてもらいます。

太郎物語 第1話

この物語は
波瀾万丈でありません。
特に筋書きもなく
意味もありません。
もちろんギャグもありません。

「じゃ読む価値がない」とおっしゃるでしょう。
そうかもしれないですね。

この物語の主人公は
どこかの首相によく似た名前の
阿蘇太郎です。

その名の通り
熊本の出身です。
阿蘇山が見える
街の雑貨店の
長男として生まれました。
昭和53年生まれです。

両親のおかげで
高校まで何不自由無く大きくなりました。

さて大学に進学するか
家業を継ぐか地元で就職するか
悩みました。

親は
その頃には
家業の雑貨店が赤字になっていたので
親は
「大学に進学して
学歴をつけて
がんばるのがいい」と勧めました。

その忠告に従って
太郎は
大阪の
大阪工業大学に
進学しました。
建築学科でした。
別に建築が好きとか言うのではありませんでしたが
手に職をつけるのが良いというのと
太郎の勉学の力が
その学科だったという偶然でした。

18歳の春に
大阪の大学の
近くの安アパートに
住み始めました。
親の経済状態は分かっていましたから
慎ましやかな生活で
自炊をしていました。
まじめな太郎ですから
学業優秀で
課題をこなしていました。
そのため時間が無くて
アルバイトもできませんでした。

そんな太郎が
人生最大の変換点となる
就職がやってきました。
就職超氷河期と言われいましたが
太郎は自信がありました。
「こんなに勉強したのだから」
と思っていたのです。

しかし
太郎はうまく就職できなかったのです。
第三者的な目で見れば
まじめすぎたのかもしれないし
自信過剰だったのかもしれないし
勉強ばかりして
仕事をしていなかったため
うまく面接ができなかったのかもしれなかった。

それ以上に
時代が超就職氷河期だったためです。

太郎はアルバイトや
制度として出来たばかりの
派遣社員として
働き始めました。

2008年12月10日(Wed)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 クラブワールドカップ

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

報道によると
クラブワールドカップが
行われるそうです。

私の地元
ガンバ大阪も出るそうです。
前評判では
ガンバ大阪が欧州の
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)と
対戦できて
光栄だと
報じていました。
勝つ見込みがないのでしょうか。

勝敗はさておいて
この試合は
世界的な自動車メーカーの
某社がスポンサーだそうです。

話は相前後して
世の中は不景気この上なく
リストラが横行し
「派遣社員」「契約社員」の解雇が進んでします。

先の某社も
少し前に契約社員の
多量解雇を発表していたように思います。

これからは私の
偏見ですので
間違っていたら
前もってお詫びします。

某社が
サッカーの試合を
援助していると言うことは
「契約社員を切り捨ているにもかかわらず
サッカーを応援している。」
クラブワールドカップに出るような
選手は相当なお金持ちですので
もう少し言い方を変えると
「契約社員を切り捨てて
お金持ちのサッカー選手を応援した。」
と言うことになるのではないでしょうか。

もっと くどく 言えば
サッカー選手を応援しているその資金は
きっと契約社員が働いたから
生まれたものかもしれません。

皆様偏見に満ちていて
申し訳ございません。
この件については
メールは不要です。
ご容赦ください。

2008年12月07日(Sun)▲ページの先頭へ
鹿せんべいを犬にやってみると

いつもこのブログによく出てくる
愛娘が
奈良へ行ってきました。

奈良の
鹿に
鹿せんべいを
やってきたそうです。

鹿は
せんべいが好きみたいで
せんべい屋さんから
旅行客が買うと
周りにたかって
ねだるというか
鼻でつんつんするそうです。

だから
愛娘は
鹿が周りにいないところの
せんべい屋さんから
買ったそうです。

慎重にしたのですが
鹿につんつんされて
服に
鹿の鼻水が
付いてしまったのです。

鹿も
花粉だったのでしょうか。

怖いので
あまりやらなかったので
鹿せんべいを持ち帰ってきました。
人用でないので
食べられないので
愛犬アスカルに
食べてもらいました。

でもアスカルは
好きでないみたいです。
少し堅くて
犬は好きでないのかもしれません。
鹿は草食動物
犬は肉食ですから
違いますよね。

「鹿せんべいばかり食べたら
アスカルに角が生えたりして」

2008年12月06日(Sat)▲ページの先頭へ
アスカルの飼い主の屁理屈 石川選手賞金1億円達成

このカテゴリーは、
何の根拠もない事柄を
あたかも理由があるように
私アスカルの飼い主が論述するものです。
たぶんに妄想が含まれますので
真に受けないで下さい。
『決して他言は無用です』
言ったあなたが恥をかきますから、、、

今日はスポーツ選手を
批判しているような記事になっておりますが
決してそんなことはありません。
もし気を悪くされた方がおられるようでしたら
前もってお詫び申し上げます。

ゴルフの石川選手が
賞金1億円を達成したと
新聞が報じておりました。

おめでとうございます。

石川選手は
もちろん腕は一級だし
顔も良いし
格好いいし
性格は良さそうだし
「天は二物を与えず」
と言うことわざは
全く当てはまっていないようです。

その容姿からは
その才能が
にじみ出ているように感じます。

もちろんたゆまぬ
努力の成果であることは
万人の認めるところです。


しかし、
しかし
そんな優秀な人物が
非生産的な
ゴルフに努力するのでしょうか。
化学とか今はやりの
バイオテクノロジーに
専門が向いていたら
世のため人のため
日本のため
いや世界のために
大きな成果を上げるのではないでしょうか。

野球の松井選手や
水泳の北島選手など
優秀な人々が
スポーツの世界に行ったしまった事による
社会的損失は
大きいと想像しております。

「優秀な人たちは
是非生産的な
職業趣味を持って頂きたい」
と優秀でない私は
思うのです。

お願いします。

今から
40年前は
「末は博士か大臣か」と
優秀な人に言いましたが
今は
それ以外になってしまったのが
日本没落の
一因ではないでしょうか。

すみません。

2008年12月04日(Thu)▲ページの先頭へ
ブログ小説「和巳の恋」読んで頂きありがとうございます。

ブログ小説「和巳の恋」を読んで頂いたでしょうか。
読んでないですよね。
やっぱり、、、、

でもごく一部に
読んで頂いた
少数の方がおられると思います。

「資格試験で出会ったふたりが
仲良くなることがあるのかな〜」
と言われる方がおられますが、
緊張のほどけた試験のあと
ひょっとしたら
あるんじゃないかと思います。

それに資格試験を受けようと思っておられる
優秀な人たちですから
私は
結婚相手を見つける
「婚活」には
試験のあとは
ねらい目ではないかなー
などと
全く関係ないですけど
思っております。


前にも言いましたが
和巳と優のモデルとなった
男女は
実際にその試験では
合格しています。

賢い人は良いですよね。
私はあこがれます。


また次回より
何でもない
若者の物語を
書いてみます。
もちろん波瀾万丈でもないし
トリックもないし
単にだらだら続くだけですが
良かったらお読み下さい。

ごめんなさいね
つまらぬ事ばかり書いて」

2008年12月03日(Wed)▲ページの先頭へ
ブログ小説「和巳の恋」第16話

和巳と優は
話し合って
大学を出て行くと
秋と同じように
正解を配っていました。

和巳は
優に
少し笑いながら
「答え合わせしない?」
と言いました。

優は
「それはいい考え
もらってこよう」
答えました。

ふたりは込んでいる
列に並んで
正解が書いたチラシを
受け取りました。

それから秋の時に行った
喫茶店に立ち寄りました。

前と同じ席は
なかったので
手前のふたりがけの席に
並んで座りました。

問題用紙と
鉛筆を取り出し
調べ始めました。
2ページ調べたとき
和巳は間違ったところに
チェックを入れるのですが
間違っていなかったので
全くチェックを入れなかったのです。

優の方を見ると
すべてチェックしているのです。

ふたりは顔を
見合わせて
同時に
「あー」と叫びました。
静かな喫茶店で
突飛な声だったので
みんなの視線が集まりました。

ふたりは
声を飲み込んで
下を向き
笑いをこらえるのが精一杯でした。

それから
ふたりは
心の中でやっぱりそうだったのか
と思いました。
でもそれは声に出さず。
和巳は
「もういいよね」
と声を掛け
優は
「全くだ」
と答えました。

問題集と
チラシと
鉛筆を鞄にしまって
ふたりは
ゆっくりとコーヒーを飲みながら
連休に
奈良に行こうじゃないかと言う話を
しました。

もうふたりは
試験とは関係なく
友達になりました。

ふたりは手をつないで
喫茶店を出て行きました。

(この項終わります。)

2008年12月01日(Mon)▲ページの先頭へ
ブログ小説「和巳の恋」第15話

和巳は
優と一緒に勉強して
優がすごくその名の通り賢いことが
分かっていました。
「しかし先の試験で
優が落ちたなんて信じられない。

何かの間違いかしら、、、
あの時チェックがあんなに多かったもの、

でも
でも
ひょっとしたら
あれって
合った方にチェックしていたのかしら、
多分そうだわ

でも
今更そんなことは聞けないし
それに合格してたら
もう会うこともなかったのだから

これで良かったのだわ

でもこの先どのようにすれば
優と会えるのかしら

やっぱり素直に言うのが
いいのかな
本当にどうしよう」などと
あーだ
こーだと
考えあぐねていました。

そんな悩みがあろうがなかろうが
時間は過ぎて
春の試験の日曜日がやってきます。

表向きは
一度も合格したことのないと言うことで
緊張したような様子をしながら
大学に試験場に
待ち合わせて行きました。

同時に申し込んでも
同じ教室になることはなく
同じ階でした。

ふたりは別れて教室で
秋の時と同じように受験しました。
でも秋の時とは
全く違う余裕でした。

和巳は
80問の問題を
見ただけで
解き方が分かりました。
2時間半の試験時間は要りませんでした。

見直しをしても
2時間弱で
終わってしまいました。

外で待っていた
優と
花壇に腰を掛けて
菓子パンを食べました。
ふたりは
余裕で
試験のことではなく
今度の連休は
どこに行こうかなんて言うことを
話し合っていたのです。

以前は苦手だった
午後の問題も
無難に終わりました。

そして
待ち合わせて
ふたりは帰って行ったのです。